エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

広島瀬戸内新聞TOP

# by hiroseto2004 | 2018-12-31 23:50 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback

ビッグイッシューオンライン編集部より、素晴らしい情報提供があります。

日弁連が生活保護の申請についてのパンフレット「あなたも使える生活保護」をアップしているので、ご紹介いたします。

「実は少ししんどい」あなたへ あなたも使える生活保護(PDF)

パンフレット「あなたも使える生活保護」には、生活保護にまつわる「よくある誤解」についても言及されています。
まずは申請にまつわる誤解。生活保護は、働いている人でも、若者でも、持ち家・車があっても申請ができる制度です。パンフレットにもありますが、「給料が最低生活費以下であれば、足りない分が支給される」ということもあまり知られていません。

# by hiroseto2004 | 2018-12-30 23:34 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback
弊社社主・さとうしゅういちの友人が「片目失明者を障がい認定」に!と活動し、「片目失明者友の会」をつくっておられます。

●ホームページ:NPO片目失明者友の会エンゼルランプ
http://katamenotomo.jimdo.com/

●ツイッター:エンゼルランプちゃん
https://twitter.com/angellamp1

●Facebook:片目失明者友の会
https://www.facebook.com/katameshitumeisyatomonokai


続きはこちらをどうぞ!
# by hiroseto2004 | 2018-12-30 20:06 | 片目失明者友の会 | Trackback(2)
11月・12月の主なニュース・本紙活動報告

2017年9月・10月の主なニュース・本紙活動報告

11月26日(日)

11月25日(土)

11月24日(金)

11月23日(木)

11月22日(水)
ムガベ大統領辞任表明。ジンバブエ。

11月21日(火)
伊藤詩織さんの訴え、捜査の在り方など検証議員連盟超党派で

広島市長もノーベル賞授賞式参加。


11月20日(月)
ロヒンギャ難民、1990年代以来の深刻さ

メルケル連立交渉難航で窮地。

11月19日(日)
飲酒運転の米兵、衝突事故で男性死なせる。





11月18日(土)


11月17日(金)
総理、異例のたった15分の所信表明演説。


広島市長、訪欧から帰国。

11月16日(木)

11月15日(水)
衆院文部科学委員会、内閣府政務官答弁たびたびストップ。

個人消費は減少、GDP統計。


アメリカ下院議員が議会内セクハラ告発。

11月14日(火)
日中が相次ぎ首脳会談。


広島市長がイタリア議会で演説へ。


加計学園獣医学部正式認可。

11月13日(月)
パリテロ二周年。

イラン・イラク国境7.3。450人以上死亡。

トランプ、金正恩と「いつか友人に」

葛飾区議選、都民ファースト惨敗。五人中四人落選。

11月12日(日)

韓国とドイツが、イエメンでの人道的危機に懸念を表明



シリアで有志連合空爆で新たに10人の民間人死亡。

11月11日(土)



11月10日(金)

ユニセフが、イエメン人の子どもの状況について警告「過去数十年間における世界最大の飢餓」


11月9日(木)
アメリカNY市長選挙など共和党敗北。

イラク南部カルバラでシーア派三代目イマム・ホサインの追悼行事。行進に2000万人参加。

サウジアラビア政情不安、アラブで株価が下落。

11月8日(水)
群馬でヘリ墜落、4人死亡。

希望の党代表選、玉木vs大串。民進出身者対決。


11月7日(火)



トランプ大統領、韓国へ移動。

11月6日(月)



11月5日(日)
呉市長選挙告示、4人が立候補。




イラン外務省、アメリカの「イラン・ビンラディン連携」ねつ造を非難


トランプ大統領、横田基地到着
関連記事

トランプ、「リメンバー・パールハーバー」とつぶやく
11月4日(土)
日本シリーズ、ホークス日本一。

11月3日(金)

イラン外相、トランプ・アメリカによる9.11のイランとアルカイダの関係でっち上げに反発


11月2日(木)

三原「組み体操で男子死亡」遺族が学校側を提訴


ベイスターズ5-4ホークス。粘る、2連勝。



11月1日(水)

松井市長、「被爆国の器量を」政府に注文。

ベイスターズ1ー0ホークス。日本シリーズ。

# by hiroseto2004 | 2017-12-31 23:59 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback
# by hiroseto2004 | 2017-11-30 12:00 | 安倍ジャパン | Trackback(1)
会計検査院「値引きの根拠確認できず」 どうされますか?安倍総理ご夫妻!!

会計検査院は、森友学園への国有地売却の8億円の値引きの根拠を確認できなかった、とする報告を国会に対して行いました。

なぜ、根拠のない値引きが行われたのでしょうかね?
安倍総理。そして、昭恵さん。

「わたしも妻も関与していたら、総理はもちろん、議員も辞める」
とおっしゃったことは忘れませんよ。

まさか
「俺は衆院を解散して一度自分自身も議員を辞め、特別国会召集時に一度内閣も総辞職しているからOK」
なんてことは言い出さないでくださいよ。

※ハッキリ言ってしまうと会計検査院も「大甘」だと思いますけどね。文書が破棄されているから調査できない、と言ってしまっては、職務放棄ですよ。それでもその「大甘」の検査院ですら、「根拠を確認できない」と言ったことは重大です。




More
# by hiroseto2004 | 2017-11-22 20:21 | 安倍ジャパン | Trackback
万引きバスケ選手の父親批判のトランプ・・イラク人質事件の時の小泉を後追い

中国で万引きをして逮捕された3人のバスケ選手の解放をトランプ大統領が習近平主席に要請。習近平がそれに応える形でバスケ選手を解放させた。

これについては、「内政干渉」ではないかとも思われ、如何なものか、とも思う。ただ、自国民の安全を守るのは国の行政のトップとしての責務だと言うことで、トランプはそれを果たした、と解釈しても良いと思う。バスケ選手三人は、感謝の意を示したという。

ただ、そのうちの一人の父親が「誰だ? トランプ氏は何のために中国にいたのか。誰もが自分が助けたようにしたいものだ」と言ったのにトランプが反応し、「3選手が中国を離れ、何年もの投獄から救われたのに、父親は私が息子にしたことを認めようとしない。学生を監獄に入れておくべきだった」「万引きは中国では大問題で、5~10年は投獄されるだろう。次の中国訪問のときに彼の息子を解放するべきだった。恩知らずだ!」とツイートしたとか。
あることがフラッシュバックしてきた。

イラク人質事件のとき、小泉純一郎総理(当時)が、「自己責任」という言葉をなげつけ、それを契機に人質へのバッシングが酷くなったことである。

国の行政のトップとしては、自国民の保護は「やって当たり前」である。そのために、国民から税金で給料をもらい、強大な権限を与えられているのである。一々、当事者の家族が何かを言ったからと言って、かみついてどうするのか?
あのときは、アメリカの高官のほうが、自己責任論(日本で叫ばれた)を否定していた。

トランプのせいで、改めてイラク人質事件の時の小泉さんの心ない発言を思い出すと共に、「アメリカは日本の後追いをしているなあ。先進国もぐだぐだになってくると、政治家も幼稚になり、人権面で日本の後を追うのか」と思ってしまった。

# by hiroseto2004 | 2017-11-22 20:12 | 思想・哲学 | Trackback
対応待ったなしですね。
くどいようですが、日本もこれまでミャンマー政府を一貫して支援してきた責任は重いです!



More
# by hiroseto2004 | 2017-11-22 14:38 | 国際情勢 | Trackback
なぜ、反安倍派は「子どもの貧困」解決の御旗を奪われたのか?

安倍晋三総理が衆院選で、広島県の現知事知事選挙で「子どもの貧困」問題を取り上げた。

もちろん、彼らに具体策があるわけでもないし、彼らや彼らを推薦してきた自民党政治こそが貧困の元凶であるのは間違いない。

しかし、「我々」は「錦の御旗」を安倍晋三や広島県の現知事に奪われたのも事実である。

その要因は何か?反省しないといけない。

一つは、左派でも年配者の中には「俺が子どもの頃も貧しかった」という意識からの無理解があると思う。なかには、子どもの貧困なんぞ取り上げるのはとんでもない、という意見すらあったのも事実だ。

だが、戦後しばらくくらいは、みんなが経済的に貧しかった分、気持ち的には楽(というと変かもしれないが)な面もあったのではないか?

また、「昔大変だったからこそ、今の若い者に苦労させてはいかん」という考えにならないのであれば、それは「左翼」などでは決してなく「新自由主義」である。

年配者の皆様も、生まれた時代や周りに恵まれていたことは否めないわけである。

高度成長~バブルという特殊な時代だったのだ。自分たちの恵まれている部分を意識できずに若者を叩くならそれはやはり、「ムラ社会」の弊害から免れていないと言うことでもある。同じようにムラ社会の理屈に囚われているとなると、総理に対抗できない。

# by hiroseto2004 | 2017-11-22 13:57 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback

冷たい雨の小雪

e0094315_11223023.jpg
本日11月22日は小雪(しょうせつ)です。
冷たい雨です。この時期は一雨毎に寒くなるのが特徴です。


# by hiroseto2004 | 2017-11-22 11:21 | 歳時記 | Trackback
全くの正論です。
多くの難民を受け入れている点も頭は下がります。

# by hiroseto2004 | 2017-11-22 11:00 | 国際情勢 | Trackback

11月も下旬

e0094315_16242945.jpg
11月も下旬です!

# by hiroseto2004 | 2017-11-21 16:24 | 歳時記 | Trackback
「不寛容社会」も少子化の原因ではあろう

日本の場合、企業に福祉を丸投げしてきて、家族(福祉)政策が不十分というのは、本紙でも、また多くの学者なども指摘したところである。新自由主義で企業内福祉も頼れるものでなくなったにもかかわらず、子ども個人を対象とした社会福祉は不十分である。

それが先進国でも群を抜いた少子化の背景であるのは間違いないだろう。

しかし、不寛容社会でいろいろとうるさすぎるのも原因ではないのか?

「手伝いもしねえのに、ああしろ、こうしろが多すぎる。」

それも少子化の原因であろう。アメリカの場合は格差は酷いが、ああしろ、こうしろというのは日本と比べればないからなあ。

黒染め強要とか。そういうことが積み重なれば、子どもが減るのもあたりまえではないのか?

さらに悪いことに、なまじ、高度成長時代の成功体験があるから、そこら辺も含めて、変えられないというのはあるとも思う。

# by hiroseto2004 | 2017-11-21 15:18 | 思想・哲学 | Trackback
イラク報告&緊急座談会『紛争現場から考えるー改憲よりもやるべきこと』


 IS(いわゆる「イスラム国」)からのモスル奪還で情勢が改善したかのように見えたイラク。だが、クルド人自治区の独立に向けた住民投票に対し、イラク中央政府は、軍を差し向け、内戦の危機が高まっている。イラク開戦から14年余り、今なお混迷が続く状況を、イベントの前半で現地から帰国した面々が報告。

  後半は、この秋の衆院選で改憲勢力が国会の3分の2を占めたことを受けての緊急座談会。加速する改憲の動きに対し、紛争の現場で取材・活動してきたジャーナリスト、人道支援関係者が、日本と世界の平和のため「改憲よりも、もっとやるべきこと」を提言。日本国憲法の理念をどう実現していくかを模索していく。

【日時】11月23日(祝)13時半~17時
(会場】専修大学神田キャンパス 5号館5階551教室
【出演】志葉玲(ジャーナリスト)、佐藤真紀(日本イラク医療支援ネットワーク)、
     高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)+α(調整中)
【資料代】1000円(カンパ歓迎)
【主催】「11/23 イラク報告&緊急座談会」実行委員会
【協賛】イラク戦争の検証を求めるネットワーク
【お問い合わせ】090-9328-9861(しば)
# by hiroseto2004 | 2017-11-21 15:08 | 国際情勢 | Trackback
亡くなられた方のご冥福を心からお祈りいたします。
いったい、どうなっているのか?!
開いた口がふさがらない事故です。

在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官(中将)は同日、亡くなった男性と遺族に対し「深い遺憾と哀悼の意を表明する」とのコメントを発表した。

 外出時間や飲酒規制を盛り込んだ在沖米軍のリバティー制度では、午前0時から午前5時までの基地外飲酒などを規制しており、上等兵が違反している可能性もある。

 現場は片側3車線の道路で、会社員の男性の軽トラックは同市安里方面に曲がろうとしたところ、第3通行帯を直進してきた上等兵の米軍トラックと衝突した。会社員の男性は胸などを強く打ち、心肺停止の状態で搬送されたが、約1時間半後に死亡が確認された。


# by hiroseto2004 | 2017-11-21 15:00 | 事故・災害・事件 | Trackback