広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)


ヒロシマから世界を変える!ナゴヤに負けるな!庶民革命。政治は市民が作るマツリゴト。誰もが置きざりにされない、持続可能な社会。
by hiroseto2004
検索
カテゴリ
全体
主幹・さとうしゅういちの部屋
憲法
ジェンダー・人権
反貧困ネットワーク広島
ジェンダー・人権(反貧困)
ジェンダー・人権(労働問題)
ジェンダー・人権(裁判)
ジェンダー(すてっぷ裁判)
ジェンダー・人権(DV・性暴力)
女性と政治キャンペーン
反貧困(越冬情報)
参院選2016
女性と政治キャンペーン(過去)
中川圭(中川けい)さんを励ます
生存ユニオン・独立系メーデー
イベント情報
新しい政治をめざして
経済・財政・金融
社会保障
介護・福祉・医療
地方自治
選挙
選挙制度・政治改革
行政改革
国際情勢
反核・平和
イベント情報(行政)
ニュース・雑感
生活
教育
政治一般
農業・食料
環境・街づくり
広島県政(広島県議会)
広島市政(広島市議会)
岡山県政
エネルギー政策
社会市民連合
リンク
english
スポーツ
反核・平和2002
反核・平和2003
反核・平和2004
反核・平和2005
反核・平和2006
勧め他サイト記事
声明・申し入れ
読者投稿
自END
おくやみ
事故・災害・事件
廿日市市政
大阪府政
豊中市政
岩国
反核・平和(ウラン兵器禁止)
司法
ビジネス
歳時記
再国営化論
新自由主義批判
国際情勢(パレスチナ情勢)
福山市政
府中市政
岡山市政
三次市政
三原市政
尾道市政
千葉県政
千葉市政
活動報告
総括2009・展望2010
広島県議会議員選挙
大阪市政
東日本大震災
安佐南区
片目失明者友の会
参院選2013
緑の党・ひろしま
衆院選2012
田口まゆさんを励ます
労働貴族
政治フェス
参院選2016
細川護煕に敬意を!宇都宮けんじに票を!
未分類
以前の記事
2015年 12月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
リンク集






主筆:さとうしゅういち関連


さとうしゅういちのtwitter


広島/地元関連


広島県

広島市

タウンNEWS広島 平和大通り

浅井基文さん

広島アキハバラ塾

医療・介護・福祉関連



がんばらない介護生活を考える会

人権・男女共同参画


エソール広島

広島市女性教育センター WEプラザ

イコールふくやま

ドーンセンター

内閣府男女共同参画局

さとう主筆の友人



三井マリ子さん

河野美代子さんのいろいろダイアリー

中川けい(中川圭)さん

とくらたかこさん

とくらBlog

京野公子さん

京野公子さん

和田隆志さん

井原勝介さん

池辺幸恵さん

神永れい子さん

永瀬ユキさん

川田龍平さん


ほんむら久美子さん

さとう加代子さん

さとうももよさん

福島瑞穂さん


こだま祥子さん

朝日熱学男女賃金差別裁判

雨宮処凛さん

井上さちこさん(応援団)

井上さちこさん(ブログ)

村越まり子さん

まいまいニュース(いとうまいさん)

赤木たつおさん

柿沼正明さん

フリーター全般労組

Against GFB

高野善通さん

ris(A)bell
さん


室中技研

主筆の活動団体・関連団体



緑の党

緑の党・ひろしま

生存のためのメーデーin広島実行委員会

館長雇止め・バックラッシュ裁判ファイトバックの会

働く女性のネットワークWWN

全国フェミニスト議員連盟

働く女性の全国センター ACW2

広島県原水禁

原水禁国民会議

NODUヒロシマプロジェクト

均等待遇アクション21

首都圏青年ユニオン

首都圏青年ユニオンを支える会

瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク

市民と政治をつなぐP-WAN

参院選・次期衆院選参考サイト



投票で一揆を!


田中康夫さん

経済コラムマガジン

本山美彦さん

shiozyの介護生活

素人政治評論家 円 成一の「これが言いたい!」


「たまー」

森田実さん

平和への結集をめざす市民の風

上岡直見さんホームページ

亀井あきこさん

あいはらくみこさん

松浦ダイゴさん

亀井静香さん


国民新党

社民党

日本共産党


カナダde日本語


きまぐれな日々

反戦な家づくり

エクソダス2005《脱米救国》国民運動



村野瀬玲奈の秘書課広報室


「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう


晴天とら日和

喜八ログ

たんぽぽのなみだ運営日誌

津久井進の弁護士ノート

お玉おばさんでもわかる 政治のお話

とむ丸の夢


オルタナティブメディア



news-pj


JANJAN


統計資料


SNA(国民経済計算)・統計資料
SNA(国民経済計算)・統計資料 (内閣府)

民間給与の実態調査結果(全データ)(PDFファイル/1,036KB)(平成19年1月23日更新)国税庁

法人企業統計調査(財務省)

外貨準備等の状況

資金循環(日銀)


ブログランキング・ブログピープルなど





反貧困

人気ブログランキングへ



主権者国民連合

介護福祉関連記事(ブログピープル)


このブログのお値段は?
あなたのブログのお値段は?


最新のトラックバック
労働者派遣法”大改悪”に..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
弊紙社主(参院選予定候補..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
【中国電力賃金差別訴訟】..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
【特定秘密保護法廃止】主..
from ステイメンの雑記帖(暫定復活版)
大阪での秘密保護法反対の..
from アフガン・イラク・北朝鮮と日本
ブログ弾圧法案粉砕!怒り..
from アフガン・イラク・北朝鮮と日本
【戦前回帰】「民主主義と..
from ステイメンの雑記帖(暫定復活版)
観光立県のためにも原発の..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
特定秘密保護法より情報公..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
持続可能な社会へ!いまこ..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
タグ
(852)
(553)
(477)
(421)
(253)
(251)
(239)
(213)
(194)
(180)
(177)
(147)
(141)
(141)
(138)
(138)
(137)
(131)
(126)
(125)
(125)
(121)
(120)
(115)
(113)
(112)
(109)
(106)
(104)
(98)
(96)
(95)
(94)
(94)
(94)
(92)
(89)
(89)
(83)
(76)
(75)
(74)
(70)
(70)
(69)
(69)
(68)
(68)
(64)
(63)
(63)
(63)
(61)
(59)
(59)
(59)
(57)
(57)
(57)
(56)
(56)
(55)
(55)
(54)
(54)
(53)
(53)
(51)
(50)
(48)
(47)
(47)
(47)
(47)
(46)
(46)
(45)
(45)
(45)
(44)
(43)
(43)
(43)
(43)
(43)
(43)
(43)
(43)
(42)
(42)
(42)
(41)
(41)
(41)
(40)
(40)
(40)
(39)
(39)
(39)
おすすめキーワード(PR)
ブログパーツ
最新の記事
二週間ぶりの街頭演説
at 2014-04-19 23:17
【家庭科教育充実を訴えるわけ】
at 2014-04-18 17:52
片目失明者友の会 関西支部が..
at 2014-04-18 17:23
農林水産省:「自然栽培」を認..
at 2014-04-18 06:32
労働者派遣法”大改悪”に反対..
at 2014-04-17 12:49
【緑の党・共同代表選挙 お礼..
at 2014-04-17 12:25
17日(午前)、トルコ・UA..
at 2014-04-17 06:35
「何を諦めるか?」が仕事にな..
at 2014-04-16 09:40
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
介護ランキング
政治・経済ランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

広島瀬戸内新聞社のご紹介

広島瀬戸内新聞社紹介
広島ブログ
住所・連絡先

広島市安佐南区祇園2丁目2番2-203号
電話・FAX 082-962-6817
携帯 090-3171-4437(さとう)

主な業務

広島瀬戸内新聞の発行

創刊 1996年4月1日

発行地域 現在は、広島市安佐南区を中心とする広島県内

定価 10円

広告募集中!

投稿大歓迎!

WEBサイト請負
個人、企業、団体のWEBサイトやブログ運営、お任せください。

各種団体のWEBサイトの運営実績あり。

社主
さとうしゅういち(佐藤周一)
http://www.facebook.com/satoh.shuichi

人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター


続きはこちらをどうぞ!
# by hiroseto2004 | 2015-12-31 21:29 | 主幹・さとうしゅういちの部屋 | Trackback

緑の党・ひろしま 2014年度活動方針

2014年1月19日の緑の党・ひろしま総会で提案された活動方針です。

ヒロシマの心活かす緑の政治。

・原発のない持続可能な日本、そして世界。

・誰もが置きざりにされない社会。

・ヒロシマ庶民革命で取り戻す、民主主義の日本。

緑の党・ひろしま 2014年度活動方針


「都道府県本部」制への対応

201428日から9日に開催される緑の党グリーンズジャパン総会で、規約改定が予定されています。都道府県単位での本部制が予定されています。

これに対応し、全国協議委員の選出も含め、5月にかけ調整を中国地方の他県の組織と行います。

 

人材の育成と活用

広島県内に限らず、全国的に緑の党は人材不足です。

活動に参加できていない会員がいる一方で、一部の幹部会員に活動が集中している実態があります。

それぞれの個性を伸ばしながら、活動に参加していただくよう、人材育成に重点を置きます。

また、会員が自由に企画提案する活動をひろしまでも行います。

社会的に見ても、民主主義に参加する人を少しでも増やす、という観点から情報の発信や超党派のものも含めた学習会への参加などを進めます。

 

ヒロシマからつくる。核のない持続可能な社会

ヒロシマは世界最初の被爆地です。被爆地の緑の党の役目は世界の中でも重要です。

ナガサキ、そしてフクシマと連携しながら、これ以上、核の被害を出さない世界をつくる先頭に立つ活動をこれまで以上に進めます。

今後、「核と観光は共存できない」こと、いま、原発推進企業で働いているみなさんにとっても原発ゼロこそ、未来を拓くことなどを積極的に訴えていきます。

 さらに、具体的な活動として、地域でのエネルギー地産地消の動きを支援していきます。

また、解釈改憲等、安倍総理の暴走を止めることこそ、広島県内にも多くいる自衛隊員の命と人権を守ることも訴えていきます。

 

当事者に寄り添う緑の党

2013参院選では、「当事者の声を国政に」と訴えた「田口まゆ」さんが、広島市安佐南区では、緑の党内2位の個人票を獲得しました。いままでの仕組みの中で置きざりにされてきた人たちに寄り添い、ともに課題解決に進む緑の党をつくってこそ、将来が開けます。当面の取り組みとして「片目失明者友の会」に協力します。

 

フツーの労働者から注目される緑の党

「活動に参加したいけど、仕事が忙しくて」などの声を多く伺います。参加民主主義も、労働環境がわるければ成り立ちません。労働運動なくして参加民主主義なし、とさえいえます。

カローシ撲滅、ブラック企業改善、非正規労働者などへの差別問題はもちろん、労働者を取り巻く医療、介護、教育などの生活分野でのセーフティネットの問題にも取り組みます。

当面の取り組みとして「反貧困ネットワーク広島」への協力や、「中国電力男女賃金差別事件」の原告・長迫忍さんへの支援などに取り組みます。

 

選挙・政治活動方針

 2015年統一地方選挙において、広島市長選挙では「独善的な市政」から「市民本位の市政」にチェンジするため、他の政治勢力や個人と共同を進めます。市政の問題点についての情報発信やイベントなどを進めます。

 また、広島県政の問題点についても情報を発信します。「正木事件」の背景となった高すぎる議員報酬については「半減」、選挙公報を発行し「政策本位の選挙にする」こと、また、「大事なことは住民投票で決めること」などを軸とした「ヒロシマ庶民革命」を提言します。

それとともに「県民に政治を取り戻す」立場の県議を増やすため、情報発信や県民有志によるネットワークの形成に努めます。

 原発ゼロ、そして「誰もが置きざりにされない社会」実現、民主主義を取り戻すため、他野党との対話や協力を積極的に進めます。その延長線上に、2016年参院選では、選挙区(改選数2)での原発推進派独占を崩すことをめざします。


# by hiroseto2004 | 2014-12-31 23:15 | 緑の党・ひろしま | Trackback

「万国の労働者、休め!」緑の党グリーンズジャパン 労働問題キャンペーン

広島ブログ



「万国の労働者、休め!」緑の党グリーンズジャパン 労働問題キャンペーン
https://www.facebook.com/#!/groups/1456543187903677/
のページを作りました。非公開ですが、よろしくお願いします。
緑の党グリーンズジャパンの会員、サポーター、また応援してくださる皆様のご参加をお待ちしております!


目的
労働者(小規模事業主なども含む)が休みやすい環境をつくる。もって持続可能な社会、誰もが置きざりにされない社会をつくる。

日本の現状

過労死(自死も含む)の広がり(中高年男性ホワイトカラーから若者、女性へ)

「社畜」→「ハケン」→「ブラック企業」へと悪化する日本の労働環境

ブラック企業:「社畜」の会社への従属ぶりと、「ハケン」の悪待遇をアウフヘーベンした状態。

休めない日本人

がんばりすぎてタミフルの7-8割を浪費する日本人

がんばりすぎて資源の無駄遣いをする日本人

がんばりすぎて、原発(核のゴミ)の山を積み上げた日本人

がんばりすぎて、少子社会、人口減少社会をつくり、先行き不安社会をつくってしまった日本人

がんばりすぎて、森や畑をつぶして家を新築する一方、空き家ばかりを残してしまった日本人

つづきはこちら
# by hiroseto2004 | 2014-12-31 21:07 | 緑の党・ひろしま | Trackback(1)

「片眼失明者を障がい認定」に!署名も開始!・・片眼失明者友の会

弊社社主・さとうしゅういちの友人が「片目失明者を障がい認定」に!と活動し、「片目失明者友の会」をつくっておられます。

●ホームページ:NPO片目失明者友の会エンゼルランプ
https://www.katame.org

●ツイッター:エンゼルランプちゃん
https://twitter.com/angellamp1

●Facebook:片目失明者友の会
https://www.facebook.com/katameshitumeisyatomonokai


片眼失明者友の会(MIXI)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5631074


片眼失明者は、片方の視力が0.6を超えていたら、障がい者として認定されません。しかし、現実には、二種免許、大型免許が取れないなどの制約があり、就職面などで大変不利です。子どもさんの場合でも、障がい者のような医療費の減免措置がない一方で、一般の保育所からは入園を敬遠される場合もあります。援護措置が受けられないのに、制約は受ける。こんな、理不尽な状態に片眼失明者は置かれています。

「片眼失明者友の会」では、厚生労働大臣あてに「片眼失明者を障害者に認定すること。」を求める署名活動をインターネットで開始しました!

よろしくお願いします!
https://www.change.org/ja/キャンペーン/厚生労働大臣-片眼失明者を障害者に認定すること

以下は「片眼失明者友の会」の呼びかけ文です。

「片眼失明者を障碍認定」に!・・片眼失明者友の会


私達片眼失明者は、いつ又片方の眼が失明するか、毎日不安の日々を送っています。

現在、現行法での視力障碍の認定条件では、残る一眼の視力が0.6以上あれば、たとえ片方を失明していても障碍認定は受けられません。

こんなことがあってもよいのでしょうか?

私達は今、障碍認定改正のために立ち上がろうとしています。

片眼失明者の皆さん(そうでない方も)共に立ち上がろうではありませんか。
そして共に呼びかけて行こうではありませんか。
不公平をなくす為に全国的に輪を広げて行きましょう。
是非、下記にご連絡をお待ちしています。

片眼失明者友の会 連絡先
 
広島市安佐南区八木9丁目10-5-104
久山公明 電話 082-873-3963
              


続きはこちらをどうぞ!
# by hiroseto2004 | 2014-12-31 20:06 | 片眼失明者友の会 | Trackback(1)

次期参院選(広島県選挙区)/広島市長選挙/広島県知事選挙を前に提言します(随時更新)

さとうしゅういちと緑の党 広島ローカルマニフェスト(案) 随時更新
 次期参院選(広島県選挙区)/広島市長選挙/広島県知事選挙を前に提言します

随時更新します。ぜひ、ご意見をお寄せください!

参考記事
広島県知事も県議も公僕の原点へ・・さとうしゅういちの「ヒロシマ庶民革命」宣言
相次ぐ入札不調「事件」が示す「供給能力過剰」時代の終焉

1、ヒロシマの心が第一。・・広島から世界を変える!核も戦争もない平和な世界をリードする広島、そして日本。
・日本国憲法を活かした外交に貢献する広島。
・広島市民球場跡地に国連アジア本部を誘致検討(※最終的には住民投票で土地利用方法を決める。)
・原発即時廃炉
 伊方原発・島根原発廃炉要求、上関原発中止。
・省エネ・クリーンなエネルギーで核無き世界をリードする平和宣言。
・すべてのヒバクシャを支援する広島、日本。
・東アジアにOSCEやASEANをモデルケースとした対話のステージ構築。 (国)
・期限を切った核兵器廃絶。(国)

2、ナゴヤに負けるな、庶民革命。・・・県民・市民の知恵とチカラが活きる広島・日本。
・県議・知事給料半減 (議員報酬削減分は民生委員など介護・子育て現場の待遇改善へ )
・県議海外旅行中止
・選挙公報発行
・常設型住民投票条例
・県民参加の県議会
・審議会・行政委員会のメンバー多様化
・供託金制度の廃止(国)
・小選挙区制廃止(国)
参考記事
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroseto2004/33618182.html

3、誰もが置きざりにされない社会をヒロシマから・・・若者に元気を、お年寄りに安心を!
・消費税から金融投機課税、環境税へ。 (国)
・セーフティネットの企業主義からの転換 (国)
 ・教育・医療・住宅格差の是正 (国)
・正規・非正規格差の撤廃 (国)
・労働基準監督署の強化(国)
・差別撤廃は足元から!・・・官製ワーキングプアを撲滅!
・労働委員会への非正規労働者・連合以外の労組代表の任命)
・介護施設と地域の交流強化
・ケアマネ報酬の引き上げと役割の中立化
・保育士・介護職員の待遇改善と持続可能な子育て・介護
家庭科教育の強化 (センター試験に家庭科を必須科目とする)

4、「強い経済」から「賢い経済」へ・・大量浪費から持続可能な社会へ
・島根に負けるな!エネルギー庶民革命。
・省エネルギーとエネルギーの地産地消を推進
・学校の耐震化工事に便乗し、学校内発電所を地域と共同で推進。
・少量多品種生産を活かした経済
・労働時間の短縮と生産性の向上
・新規ハコモノからメンテナンス中心の公共事業へ。・・例:観音高架橋事業から撤退

特別政策:市民が作った政策
「エソールひろしま大学」専科の受講生のみなさまの「政策提言」を首長や議員が参考にします!


つづきはこちらをどうぞ!
# by hiroseto2004 | 2014-12-31 00:00 | 参院選2016 | Trackback

【緑の党】緑の党・ひろしま結成記念講演会動画&結成宣言

広島ブログ

緑の党・ひろしま結成記念講演会動画




【緑の党結成宣言】


3.11 後の 今 ここに
新たな道を歩み出す



More
# by hiroseto2004 | 2014-12-01 17:54 | 緑の党・ひろしま | Trackback(1)

弊紙社主(参院選予定候補)・さとうしゅういち活動報告・予定 2014年度前半

弊紙社主(参院選予定候補)・さとうしゅういち活動報告・予定 2014年度前半

弊紙社主(参院選予定候補)・さとうしゅういち活動報告(予定)2013年度後半

4月6日(日)
【安佐南区〜マツダスタジアム〜府中町〜東区〜安佐北区〜安佐南区十五カ所で街頭演説】

4月5日(土)
小雨のマツダスタジアム前「野球を楽しみ続けられるために考えて欲しいことがある」

4月4日(金)
古市橋と横川で街頭演説
http://hiroseto.exblog.jp/21857754/

4月3日(木)
原爆ドーム前、県庁前で「政治家は未来のため支持基盤説得の覚悟を」

# by hiroseto2004 | 2014-09-30 00:11 | 参院選2016 | Trackback

二週間ぶりの街頭演説


【二週間ぶりの街頭演説】

わたくし・さとうしゅういちは、4月19日、広島市内では約2週間ぶりに街頭演説を実施しました。

地元安佐南区古市橋駅前、イオンモール広島祇園前、そしてセルフ稲田山本前、西区三條町三丁目交差点、横川駅前を自転車で周りました。
トルコへの原発輸出を可能にする原子力協定が批准されてしまった問題。消費税増税と予算の使い道の問題について取り上げました。

トルコとの原子力協定については、「現地の住民の多くや地元市長が反対する中、強行されようとしている。中東でも民主的とされてきたトルコだが、いま、イスラム原理主義的なエルドレアンが、事実上の独裁者と化して、意見が違う国民を武力で弾圧している有様だ。相違状況で、なおかつ地震国でもあるトルコに原発を売れば、どうなるか?安全に原発を運転する場所も、ごみの捨て場もないではないか?」と指摘。「そして、その結果、後々のトルコ国民と日本国民の友好に禍根を残す。」と批判しました。
その上で、「そもそも、国内の原発事故でさえも収束の見込みは立っていない。その中で、外国に売るということは無責任だ。」と批判。その上で、「民主党内では、『原発ゼロというなら外国にも売るべきではないという正論』と、『原発輸出労組の応援を得ているから、原子力協定に賛成せざるを得ない』という議論が激突し、後者が勝ってしまった。しかし、本来、国会議員は税金で国民に雇われているわけだから、支持基盤だけでなく、国民全体の命や安全を考えなければいけないはずだ。支持基盤の人たちにも『原発を売り続けることにこだわるのは、御社にとっても得ではない』などと説得するのが政治家としての筋だ。」と指摘。
「日本は、広島、長崎、ビキニで核兵器の被害を受け、フクシマで現在進行形で苦しんでいる。だからこそ、原子力ではなく、再生可能エネルギーや省エネルギーで『持続可能なトルコ』づくりに貢献して、未来の両国民を幸せにしようではないか?」と提案しました。

続いて消費税増税についてとりあげました。「増税からまだ3週間だが、これから、1か月、2か月、3か月、半年、一年とたてば、家計や中小企業へのダメージはどんどん蓄積していく。結局は税収も落ち込み、財政再建にもならない。」と指摘。
「増税分は社会保障どころか、新規ハコモノ大盤振る舞いなどに消えている。ハコモノを発注しても、国内業者だけでは対応できず、外国企業に頼ることになるだけだ。経済効果も外国へ流れてしまう。そんなことを庶民増税をしてまで行う大義がどこにあるのか?」と指摘しました。

そして、「人口右肩下がりの中、コンクリートのお化け屋敷ばかり作ることになりかねない。それこそ、日本はデトロイトのようになってしまう。その前に手を打ってお金の使い方、そして税金の集め方も変えないといけない。先進国でも最低水準の子どもの教育や子育て支援などの未来世代向けももう少し手厚くした方が、結局は年配者の未来にもつながる。」と指摘。
「アメリカのように、外国にお金持ちが逃げても追いかけて徴税する制度をつくったり、不公平税制を是正したりするのが第一だろう。あるいは、金融取引税もやっていこうではないか?」と提案しました。

参考[転送・転載歓迎/重複失礼]

一日遅れとなりましたが、満田夏花さん(FoE Japan)のメールを転送します。
ちなみに日本は、トルコへの武器輸出案件(戦車用エンジンの共同開発で
三菱重工に打診)も抱えています。

<関連記事>
【社説】原子力協定承認 官民連携で受注・輸出を図れ(4月19日、読売)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20140419-OYT1T50011.html

原発技術、海外シフト 三菱重工はトルコ軸に(4月19日、日経)
※登録すれば無料で月10本の記事が読めます。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ180FM_Y4A410C1EA2000/

---------------------------------------
みなさま(重複失礼します。拡散歓迎)

FoE Japanの満田です。
トルコ・UAEとの原子力協定が、本日(注:18日)、参議院本会議で承認されました。
NHKの報道によれば、増子議員が棄権、徳永議員、有田議員が欠席したそうです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140417/k10013815031000.html
また、衆議院の議決で退席した民主党の生方幸夫幹事長代理と近藤昭一党総務委
員長が党の役職を解任されました。

ぜひ民主党に対して、抗議をしてください!
http://www.dpj.or.jp/contact/contact
http://www.dpj.or.jp/about/dpj/board

昨日の参議院の外交防衛委員会での質疑では、トルコでの反対世論や、原発輸出
に関する日本での確認体制など、さまざまな問題点がさらに明らかになりました。
これらの問題を置き去りにして、国会で承認されたことについては残念でなりま
せん。
参議院外交防衛委員会での質疑の模様については、中継ツイートを下記にまとめ
ましたので、ぜひご覧ください。みんなの党の中西議員、共産党の井上議員、民
主党の福山議員が、かなりつっこんだことを質問しています。
http://togetter.com/li/656145

国会では承認されてしまいましたが、これは原発輸出実現のための長い道のりの
最初の関門を突破されたにすぎません。とりわけ、日本原電の報告書を公開させ
たり、JBIC/NEXIの公的融資や付保に当たっての審査にモノを申したり、まだま
だできることはたくさんあります。なんとしても阻止していきましょう。

FoE Japanは下記の通り、抗議声明を出しました。ご一読いただければ幸いです。

---------------------------------------------------
2014年4月18日
国際環境NGO FoE Japan

【声明】トルコ・UAEとの原子力協定の国会承認に抗議
~原発に依存しない国際社会の実現への支援を~
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/uae-a931.html
---------------------------------------------------

本日、トルコとUAEとの原子力協定が国会で承認されました。

FoE Japanは多くの市民とともに、原子力協定の承認の問題点を指摘しつづけて
きましたが、またもや、これらの声は国会に届きませんでした。

福島原発事故はいまだに収束せず、多くの被災者の人々が苦しんでいる最中、ま
た放射性廃棄物の処分も解決の道が見いだせない中、原発輸出により、原発とい
う「麻薬」を他国に押し付けることは道義的にも許されるものではありません。

日本が行うべきは、福島原発事故の教訓を踏まえ、原発に依存しない社会の実現
を身を持って示すこと、また再生可能エネルギーや省エネ技術の面で国際的に貢
献していくことではないでしょうか?

トルコでは、地元のシノップ市長をはじめ、多くの市民が原発建設に反対してお
り、命がけで抗議しています。地元の人たちは、シノップの美しい海と生態系を
守りたい一心で、日本の国会議員宛にたびたび手紙を出してきました。最近では、
4月4日付で100近くのトルコの市民団体が連名で国会議員宛に書簡を送っていま
す。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-3e84.html

このように地元からの強い反対があることに加え、とりわけトルコとの原子力協
定には以下の問題があります。

1)通常は禁止される放射性物質の濃縮・再処理に関して「両締結国が書面によ
り合意する場合に限り、トルコにおいて、濃縮または再処理することができる」
とされています。

2)トルコは世界有数の地震頻発地帯であるが、周辺インフラの耐震性が低く事
故対応が極めて困難です。

さらに、2013年度、国は日本原電に対して11.2億円の国税を支出し、トルコ・シ
ノップ原発周辺の地層調査を行っていますが、この3月に提出されるはずの報告
書はいまだに公開されておらず、地元住民や専門家を含んだ第三者の目が届かな
い状況にあります。

今後、国際協力銀行(JBIC)や日本貿易保険(NEXI)の公的信用が付与されるこ
とが予定されていますが、この信用付与に当たっての審査体制が整っていません。
従来は、原子力安全保安院が、事業者が提出した書類をもとに机上での確認を行っ
ていましたが、まったくずさんな確認でした。原子力安全保安院がなくなった後
は、原子力規制庁はそれ・
# by hiroseto2004 | 2014-04-19 23:17 | 政治フェス | Trackback

【家庭科教育充実を訴えるわけ】

【家庭科教育充実を訴えるわけ】
もちろん、緑の党として原発廃止、そして参加民主主義などは、政策の大事な柱です。

しかし、わたし自身の個人としての政策で、長期的にもしこれだけやりたいということがあるとすれば、以下です。
「家庭科教育充実」です。子どもに対しても大人に対してもです。
参院選予備選挙でも訴えた政策です。
わたくし・さとうしゅういちは、「生活者・有権者として賢くなる」ための教育として、家庭科を重視しているのです。
例えば「食」。もっと、感謝をしたうえで、どうしたらいいか、いろんな角度から考えるということが必要です。
食べる前に「いただきます」と感謝もしない人が大人でも多くなり、久しいのはよく言われます。
経済、外交など大きなことは大事だが、まず、安心して食えることが大事。ただそのためにも一定程度の勉強が必要です。
それから、高齢化の中、特に男性の生活の知恵の欠如が、様々な困難を引き起こしているのも事実です。わたくし・さとうしゅういちは、介護・福祉担当の行政マンとして、また、民間で介護施設に関わってきて、高齢者虐待の加害者に男性が多いことに、特に課題を感じ、心を大変痛めて来ました。
若い時にもう少し家事や地域に慣れていれば、と後悔する男性がいかに多いことか。
また、いろいろな問題が放置されてきたのも、突き詰めれば、生活者としての知恵、またそれは有権者としての知恵にもなりますが、そうしたものが貧しいところにある。
右肩上がりだった時代、大量浪費ができた時代なら、あまり気にしないで済んだことも、そうはいかなくなっている。
日本人は、学力は国際的にみても高いことは確認されています。まだまだ、技術力もある。
しかし、男女関係なく、生活者として賢くならないと、環境という意味でも民主主義という意味でも危うい、ということを強く感じる日々です。だからこそ、家庭科教育は大事。できればセンター試験でも必須にすべき、と思います。


# by hiroseto2004 | 2014-04-18 17:52 | 政治フェス | Trackback

片目失明者友の会 関西支部が4月26日発足集会!

わたくし・さとうしゅういちが事務局長をさせていただいている「NPO片目失明者友の会」の 関西支部が4月26日(土)、京都の「ひと・まち交流館・京都」http://www.hitomachi-kyoto.jp/で発足集会を行います。

制度の谷間におかれてきた片目失明者に立法の光を! 今年5月にも国会に請願に向かいます。 京都周辺の方、よろしくご参加ください!

NPO片目失明者友の会
 https://www.katame.org/  

片方失明者支え合う場 元教員が「友の会」支部…京都
   http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=96735

片方の目が見えない人たちの障害者認定を目指すNPO「片目失明者友の会」(本部・広島市、約320人)の関西支部が26日、京都府下京区で発足会合を開く。  支部長を務めるのは、子どもの頃に左目の視力を失った亀岡市の元中学教員、本田勝美さん(60)。「打ち明けられなかった悩みを共有し、心を通わせる場にしたい」と、同じような立場の人や家族に参加を呼びかけている。  本田さんが左目の視力を失ったのは、小学1年の時。同級生のいたずらで毛虫のトゲが眼球に刺さって化膿(かのう)し、眼科医の処置も後手に回ったことが原因だった。左目はやがて斜視になり、周囲にからかわれることもあった。その体験から、「心に傷を持つ子どもの味方になりたい」と、中学校の社会科教員を志望した。  右目の視力は1・0で、視野は155度あるため、車も運転できる。ただ、つまずいたり疲れたりしやすく、ひどい時は吐き気やめまいをもよおす。遠近感がないため、3人の息子が幼い頃は、キャッチボールをせがまれても応じてやれなかった。「悩みを共有できる仲間が周りにいなかったことは、つらかった」と振り返る。  片方の目が見えなくても現行の基準では、もう一方の視力が0・6を上回ると障害者認定されず、義眼や杖(つえ)など補装具の購入費補助が受けられない。就職活動などで、不利な扱いを受ける人もいると聞いた。  「同じような立場の人たちのために、何かできることはないだろうか」。そう考え続けていた昨年11月、国に基準の見直しを求める署名活動や会員同士の交流に取り組んでいる「友の会」の存在をインターネットで知った。  広島で代表を務める久山公明さん(64)に連絡を取り、さっそく活動に参加。今年3月には教員を退職し、支部長として関西でも活動を本格化させることになった。  支部には約70人が参加する見込みで、本田さんは「認定の見直しを求める活動にとどまらず、互いの心を支え、気軽に意見を交わせる会になれば」と意気込んでいる。  発足会合は26日午後2時から、下京区のひと・まち交流館京都で開催。参加無料。会費は年間1000円。  問い合わせは、本田さん(090・2013・6626)へ。(南暁子) (2014年4月17日 読売新聞)
# by hiroseto2004 | 2014-04-18 17:23 | 片目失明者友の会 | Trackback

農林水産省:「自然栽培」を認めて下さい!

http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/%E8%BE%B2%E6%9E%97%E6%B0%B4%E7%94%A3%E7%9C%81-%E8%87%AA%E7%84%B6%E6%A0%BD%E5%9F%B9-%E3%82%92%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%81%A6%E4%B8%8B%E3%81%95%E3%81%84?share_id=vhnNgtAqKY&utm_campaign=friend_inviter_chat&utm_medium=facebook&utm_source=share_petition&utm_term=permissions_dialog_true#share皆さまこんにちは。私は、山形県高畠町で自然栽培(無施肥・無農薬)を行う農家で、中川吉右衛門と言います。 

実はこの「自然栽培」のアプローチが、現在の農政の中では認められていないことを、皆様はご存知でしょうか。

例えば、「環境保全型農業直接支払い交付金」という交付金制度があります。これは、環境保全に効果の高い取組をしている農家さんを対象に、交付金を与えましょうと言うものですが、なぜか無施肥・無農薬の自然栽培には一切認められていないのが現状です。

農水省としては、以下ような理由で交付金対象外と言っております。

「環境保全に効果のある営農活動の普及推進を図るうえで、必要となる掛かり増し経費に対し交付金を支払う制度となっております。」

要するに、とにかく「肥料」を使えと言う事なんです。

その肥料その物が、いかに環境に負荷を与えるかという視点は完全に無視し、とにかく、化学肥料の代わりになるものを使用せよ!と言う事です。それ以外の農業スタイルは認めません!ってことなんですよね。

これはどう考えてもおかしくないでしょうか?

低農薬や特別栽培、有機栽培は国も行政も認めるにもかかわらず、本当の環境保全に貢献する自然栽培農家は、いつまでたっても規格外なのでしょうか?

だから僕は!
この制度の見直しを心から求めます。

そして、皆様のお力をお借りして、リアルな農家と消費者の現場の声を農水省はじめ、国に届けたい!

未来を変えるのは、僕達皆の声と想いです。

よろしくお願いします!

 

自然栽培百姓 中川吉右衛門


# by hiroseto2004 | 2014-04-18 06:32 | 農業・食料

労働者派遣法”大改悪”に反対の声をあげるつどい

4月18日 18時~19時30
衆議院第一議員会館地下1階大会議室にて、
労働者派遣法”大改悪”に反対の声をあげるつどい

program
派遣で働く8人からのリレートーク
基調講演:宮里邦雄弁護士
「派遣法大改悪法案を切る!」
国会議員からのご発言
会場からのご発言

入場無料、事前申し込み不要
丸ノ内線他、「国会議事堂前」駅、
有楽町線他、「永田町」駅

主催:
非正規労働者の権利実現全国会議
日本労働弁護団
日本労働弁護団東京支部


参考:
【声明】公正な待遇があってこそ多様な働き方が実現できる -労働者派遣法改正案の撤回を求める
# by hiroseto2004 | 2014-04-17 12:49 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

【緑の党・共同代表選挙 お礼とおわび】

【緑の党・共同代表選挙 お礼とおわび】

 緑の党・共同代表選挙においては、多くの皆さんのご協力をいただきありがとうございました。
前回に引き続き、力及ばず、申し訳ございませんでした。

 選挙後はもちろん、ノーサイドで、当選された共同代表、そして運営委員のみなさまおめでとうございます。一致団結して緑の党を前にすすめてまいりましょう!

 今回、「アグレッシブに行動!ソフトに共同。」という課題提起をさせていただきました。
今回は、候補者数自体が前回より増える厳しい選挙でした。ご支援いただきました皆様のおかげさまで、前回選挙よりも得票数、また男性1位当選者の得票に対する惜敗率双方で、伸ばすことができました。

 他の候補者の皆様にも、これまでの役員選挙にはない緊張感を持っていただいたのは一定の成果ではないかと思います。

 一方で、公開討論会の実施など、次回以降、改善すべきと思われる点もあります。皆様のご議論をよろしくお願いします。

2014年(核時代69年)4月16日
さとうしゅういち拝

「さとうしゅういち」と一緒にヒロシマから世界を変えませんか?
 
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一

緑の党・ひろしま http://blogs.yahoo.co.jp/greenshiroshima

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ! 下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!



人気blogランキングへ

# by hiroseto2004 | 2014-04-17 12:25 | 活動報告

17日(午前)、トルコ・UAE原子力協定、参議院の外交防衛委員会で採決!

[転送・転載歓迎/重複失礼]

満田夏花さんの呼びかけをまとめて転送します。充実した参考人質疑にも
関わらず、通過儀礼のようにして、委員会採決が本日17日(木)午前10時
からの審議で強行されようとしています。早朝でも構いませんので、可能
な範囲(民主の委員だけでも!)でファックス等による議員への働きかけ
をお願いします。

【お薦め資料】
4月15日の参議院外交防衛委員会での原子力協定に関する参考人質疑
田辺有輝さん(JACSES)の発表資料
「原発輸出の問題点~特にトルコ・シノップ原発建設の問題を中心に」
http://www.jacses.org/sdap/nuke/presentation20140415.pdf

---------------------------------------
みなさま(重複失礼します。拡散歓迎)

いつもながらすみません。FoE Japanの満田です。
緊急のお願いです。
世論調査ではトルコの6~8割が反対をしており、現地シノップの市長も、反対
を掲げて当選しているトルコのシノップ原発。外務省は、「反対は一部だけだ」
としていますが、それは原発を推進したい勢力からのみの情報で、正しくはあり
ません。

それなのに、日本がこのまま原発輸出を促進していいのでしょうか?

そんな疑問も置き去りにして、トルコ・UAEとの原子力協定が、4月17日(木)
午前、参議院の外交防衛委員会で質疑&採決です。

参議院の外交防衛委員会の自公民の議員たち(とりわけ民主)に「反対して」の
声を届けてください。(意見を伝えるときは、丁寧に、なるべく論理的に伝えた
ほうが、説得力があります。)

参議院の外交防衛委員会の名簿は下記の通りです。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/konkokkai/current/list/l0066.htm

ツイッターで拡散する場合は、下記のブログを拡散してください。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/uae-9c58.html

---------------------------------------
みなさま(重複失礼します)

FoE Japanの満田です。15日、参議院外交防衛委員会で、トルコ・UAEとの原子力
協定について質疑が行われました。また、午後には、田辺有輝さん(JACSES)、
舩橋晴俊さん(法政大学教授)が参考人として招致され、陳述・質疑が行われま
した。与党側の参考人としては、服部卓也氏(原子力産業協会理事長)が招致さ
れました。
見ごたえのある素晴らしい陳述で、多くの重要な問題点が提起されました。
私としては、とりわけ下記のポイントに注目しています。

・トルコのシノップ原発の問題点。原子炉そのものが耐震性が高くても、周辺イ
ンフラが寸断される可能性が高い。(田辺さん)
・トルコ国内で6~8割の人たちが反対。政府は、「一部の人たちが反対してい
るが、概ね賛成を得られている」とするが、これは推進側からの情報のみに立脚
している。(田辺さんおよび午前中の井上議員)
・最近のトルコの状況。民主化と逆行。昨年、イスタンブールの公園撤去問題と
関連して、大量の逮捕者・けが人がでている。政府がツイッターやYouTubeが禁
止し、言論の自由が遮断されている(中西議員、田辺さん、井上議員など)
・原子力協定の問題点。核物質の濃縮・再処理に関して、両国の書面での合意の
もとに許可されてしまう。政府は、「日本は許可しない」ことをトルコ側に伝達
されたが、これは公開されていない。国民に知らされないまま許可してしまう可
能性もある。(中西議員、井上議員、田辺さんなどが指摘)
・国税を使った調査の問題。日本原電一社しか入札できない状況。しかも、日本
原電が適切なのか?ダイヤコンサルタントが再受注しているが、三菱系列。日本
原電は敦賀原発に活断層がないと言い張っている。財政も赤字。報告書は黒塗り。
(井上議員、田辺さん、舩橋さんなどが指摘)
・国策がなくては成り立たない。とりわけJBIC・NEXIの融資・付保。国内での安
全確認体制は宙ぶらりん。

・「世界最高水準」と繰り返されているが、新規制基準は「世界最高水準」には
程遠い。たとえば、欧州加圧水型炉の安全基準に照らしても4つの点で大きく劣っ
ている。(舩橋さん指摘)
・高レベル放射性廃棄物については、10万年の保管が必要されるが、世代間、地
域間の深刻な責任の押しつけあいをもたらす。日本が輸出した原発の放射性廃棄
物をどうするのか? 日本が引き取るのか? 他国に押し付けるのか? 不明。
(舩橋さん指摘)
・公論が形成されていない。国民の多くは脱原発を望んでいる。一貫して多数意
見。年々増加している。政権与党の公約違反。原発を復帰させることは公約違反。
原発輸出は、国民の民意に反する。支持しないが58%。支持するの2倍以上。
(舩橋さん指摘)
・国会の政策形成能力が低い。行政にレクを求めているのではだめ。国会に専門
家も入れた政策調査会をつくるべき。第二次国会事故調をつくるべき。(舩橋さ
ん指摘)

その後の質疑も興味深いものでした。記録をつくりましたので、後程、「避難の
権利」ブログにアップします。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/uae-c4a9.html


午前中の審議については、ツイッターでなるべくポイントをツイートしていまし
た。重要なポイントがたくさんでたと思います。特に後半の中西議員・井上議員
などの質疑は重要だったと思います。
下記にまとめをつくったので、どうぞご覧ください。
http://togetter.com/li/655544

重ねてのお願いです。

今日、参考人質疑は実現しました。舩橋さんは大きな政策論的な観点から、日本
の公論形成の問題点について、田辺さんは非常に具体的に、シノップ原発の問題、
原子力協定の問題、日本国内での安全確認体制や、原発輸出そのものが経済的に
みあうのかという点について、それぞれ説得力のある提起を行いました。国会議
員も、「共感する」「理解する」というような発言をしていました。
が、参考人がどんなにもっともな理由で警鐘を発しても、形式だけ「やりました」
ということにされてしまう可能性は高いです。
つまり、アリバイ作りにされてしまう可能性もかなりあるのです。

外交防衛委員会の委員、とりわけ理事たちに、参考人から提起された問題につい
て議論をつくべきだと、また自民・公明・民主党議員(とりわけ民主党議員)た
ちには、「反対を!」というメッセージを伝えてください。その際は、なるべく
丁寧に、理由も添えてみなさんからのメッセージを送ってください。

参議院の外交防衛委員会の名簿は下記の通りです。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/konkokkai/current/list/l0066.htm

連絡先は下記の通りです。

委員長    末松  信介    Mr. Shinsuke Suematsu    (自民)
国会事務所:〒100-8962 東京都千代田区永田町2丁目1-1 参議院会館905号室/
TEL:03-6550-0905/FAX:03-5512-2616
神戸事務所:〒655-0044 兵庫県神戸市垂水区舞子坂3丁目15-9/TEL:
078-783-8682/FAX:078-782-8228

理事    佐藤  正久    Mr.Masahisa Sato    (自民)    "
国会事務所:〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館705号室
TEL.03-3581-3111(代表)内線70705/FAX.03-6551-0705"
福島事務所
〒960-8163 福島県福島市方木田字本方木田46-1 敬愛会方木田ビル2階
TEL.024-544-7162/FAX.024-544-7163
"
理事    松山  政司    Mr. Masaji Matsuyama    (自民)
国会事務所
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1124号室
TEL 03-3581-3111(内51124) FAX 03-6551-1124
福岡事務所
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3-8-20-1F
TEL 092-725-7739 FAX 092-725-7732"

理事    三木   亨    Mr. Toru Miki    (自民)    "
国会事務所:〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館505号室
TEL:03-6550-0505 FAX:03-6551-0505
徳島事務所:〒770-8056 徳島県徳島市問屋町31
TEL:088-679-4125 FAX:088-623-5757
"
理事    福山  哲郎    Mr. Tetsuro Fukuyama    (民主)    "
東京事務所:〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館808号室
電話 03-6550-0808 FAX 03-6551-0808
E-mail:kokkai@fukuyama.gr.jp"    "〒604-0861
京都事務所:京都市中京区烏丸通丸太町下ル大倉町207-2
電話 075-213-0988 FAX 075-213-0977
E-mail:f-kyoto@fukuyama.gr.jp"

理事    石川  博崇    Mr. Hirotaka Ishikawa    (公明)        "
〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町1-28 東高津藤原ビル3階
TEL:06-6766-1458 / FAX:06-6766-0616"

宇都  隆史    Mr. Uto Takashi    (自民)
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館516
電話:03-6550-0516
ファックス:03-6551-0516"    電話:03-5206-6680

岡田  直樹    Mr. Naoki Okada    (自民)
東京事務所:〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館807号室
TEL:03-6550-0807   FAX:03-6551-0807
《金沢事務所》
〒920-8203 金沢市鞍月4-115金沢ジーサイドビル4F
TEL:076-255-1931 FAX:076-255-1961"

小坂  憲次    Mr. Kenji Kosaka    (自民)    "
東京事務所:〒100-8962  東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1209号室
TEL 03-6550-1209  FAX 03-6551-1209
長野事務所〒380-0936
長野市岡田町171
スズキビル1F
TEL 026-224-2188
FAX 026-223-7177"

島尻 安伊子    Ms. Aiko Shimajiri    (自民)
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1参議院会館405号室
TEL:(03)6550-0405  FAX:(03)6551-0405

〒901-2125 沖縄県浦添市仲西1-1-1JSLビル 1階
TEL:(098)875-1458 FAX:(098)877-0783  "

牧野 たかお    Mr. Takao Makino    (自民)
東京事務所:〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館812
TEL 03-6550-0812 FAX 03-6551-0812
静岡事務所:〒422-8056 静岡市駿河区津島町11-25 山形ビル1 TEL
054-285-9777 FAX 054-285-9776

脇   雅史    Mr. Masashi Waki    (自民)
東京事務所 参501 
TEL:03-6550-0501 FAX 03-6551-0501"

北澤  俊美    Mr. Toshimi Kitazawa    (民主)
東京事務所:〒100-8962東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館424号室
電話: 03-6550-0424  FAX: 03-6551-0424
長野事務所:380-0936 長野県 長野市岡田町102-28
電話:026-236-1515  FAX:026-234-2342"

難波  奨二    Mr. Shoji Nanba    (民主)    参議院議員会館821号室
電話: 03-6550-0821 FAX: 03-6551-0821"

白   眞勲    Mr. Shinkun Haku    (民主)参議院議員会館1116号室
電話: 03-6550-1116 FAX: 03-6551-1116"

牧山 ひろえ    Ms. Hiroe Makiyama    (民主)
部屋番号: 参議院議員会館1007号室
電話: 03-6550-1007
FAX: 03-6551-1007"

杉   久武    Mr. Hisatake Sugi    (公明)
参議院議員会館615号
TEL:03-6550-0615 / FAX:03-6551-0615
〒543-0033
大阪市天王寺区堂ヶ芝1-9-2-3B
TEL:06-6773-0234 / FAX:06-6773-0235"

中西  健治    Mr. Kenji Nakanishi    (みん)
国 会 事 務 所 〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1
参議院議員会館1102号室
電話 03-6550-1102 FAX 03-6551-1102

横 浜 事 務 所
〒231-0016 神奈川県横浜市中区真砂町4-43 木下商事ビル8F
電話 045-641-6511 FAX 045-641-6513"

井上  哲士    Mr. Satoshi Inoue    (共産)参議院議員会館 321号室
TEL:03-6550-0321 FAX:03-6551-0321
京都府事務所 〒604-009 京都市中京区丸太町新町角大炊町 186
TEL:075-231-5198 FAX:075-241-3802"

アントニオ 猪木    Mr. Antonio Inoki    (維新)

小野  次郎    Mr. Jiro Ono    (結い)参議院議員会館620号室電話:
03-3581-3111(内線50620)
FAX:03-6551-0620"    "〒400-0031
山梨県甲府市丸の内2-3-3 タチバナビル3階
電話:055-233-2626 FAX:055-233-2603

参考)
1)通常は禁止される放射性物質の濃縮・再処理に関して「両締結国が書面によ
り合意する場合に限り、トルコにおいて、濃縮または再処理することができる」
とされています。

2)現地シノップの市長を含む大多数のトルコの市民たちが反対しています。
100近くの市民団体が4月4日、日本の国会議員宛に、「原子力協定を批准しな
いで」とするレターを出しています。<下記参照>
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-3e84.html

3)トルコは世界有数の地震頻発地帯であるが、周辺インフラの耐震性が低く事
故対応が極めて困難です。

4)原発輸出の安全確認体制が整っておらず、原発リスクをそのまま相手国に押
し付けることとなります。

これらの問題を政府に問うていきます。

※参考
原発地質調査:入札資格、原電のみ トルコ輸出 「過去に実績」
毎日新聞 2014年4月6日
http://mainichi.jp/shimen/news/20140406ddm001020169000c.html

原発調査事業:震災後、2度増額8.5億円 識者指摘「国による原電救済」
毎日新聞 2014年4月6日
http://mainichi.jp/shimen/news/20140406ddm041020116000c.html

原発輸出で不明確な“調査費用”――日本原電に36億円余の税金
週刊金曜日 2014 年2月 10日
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=4131

ベトナム原発の建設調査に国税二五億円――復興予算流用!使い道不透明
週刊金曜日 2013年11月11日
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=3862

# by hiroseto2004 | 2014-04-17 06:35 | エネルギー政策

「何を諦めるか?」が仕事になる政治

【「何を諦めるか?」が仕事になる政治】
市議であれ、県議であれ、国会であれ、次の任期は「尻拭い」任期になるでしょう。
国で言えば核のゴミだらけになってしまった日本。疲弊しきった国民生活。

県や市で言えば、借金の山の一方でボロボロになったインフラ。過去の政治が先送りしてきた数多の懸案事項。

だが、「頑張りさえすればなんとかなる」右肩上がり時代の成功体験をもう一度、という幻想がまだまだ抜けていません。
これからの政治家は困難な「何を諦めるか」が仕事になります。
衆院議員だろうが、参院議員だろうが、県議だろうが、市議だろうが、知事だろうが、市長だろうが、です。
その覚悟がある人だけが、立候補していただきたいと思います。
極論すれば「何をするか?」ではなく「何をしないか?」が政治家の仕事になります。
その場合、これまでの経営責任を取り、海外旅行中止や報酬カットなど断行することはもちろん求められます。
最終的には、市民ひとりひとりの責任が重大です。
これからは、先送りしてきたことに、例えば住民投票などの形で結論を出すことが求められます。
市民の皆様自身が、右肩上がり時代の成功体験への幻想を捨てることが求められます。
それでも、なんとか、野球を楽しみ続けられる広島、日本、世界であるにはどうしたらいいか?考えていただきたいと思い、マツダスタジアム前でわたしは呼びかけてきたのです。


# by hiroseto2004 | 2014-04-16 09:40 | 新しい政治をめざして | Trackback
< 前のページ 次のページ >