広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)


どこでもヒロシマの心。政治は市民が作るマツリゴト。誰もが置きざりにされないふるさとを!核兵器も原発もない持続可能な世界を。
by hiroseto2004
検索
カテゴリ
全体
主幹・さとうしゅういちの部屋
憲法
ジェンダー・人権
反貧困ネットワーク広島
ジェンダー・人権(反貧困)
ジェンダー・人権(労働問題)
ジェンダー・人権(裁判)
ジェンダー(すてっぷ裁判)
ジェンダー・人権(DV・性暴力)
女性と政治キャンペーン
反貧困(越冬情報)
参院選2016
女性と政治キャンペーン(過去)
中川圭(中川けい)さんを励ます
生存ユニオン・独立系メーデー
イベント情報
新しい政治をめざして
経済・財政・金融
社会保障
介護・福祉・医療
地方自治
選挙
選挙制度・政治改革
行政改革
国際情勢
反核・平和
イベント情報(行政)
ニュース・雑感
生活
教育
政治一般
農業・食料
環境・街づくり
広島県政(広島県議会)
広島市政(広島市議会)
岡山県政
エネルギー政策
社会市民連合
リンク
english
スポーツ
反核・平和2002
反核・平和2003
反核・平和2004
反核・平和2005
反核・平和2006
勧め他サイト記事
声明・申し入れ
読者投稿
自END
おくやみ
事故・災害・事件
廿日市市政
大阪府政
豊中市政
岩国
反核・平和(ウラン兵器禁止)
司法
ビジネス
歳時記
再国営化論
新自由主義批判
国際情勢(パレスチナ情勢)
福山市政
府中市政
岡山市政
三次市政
三原市政
尾道市政
千葉県政
千葉市政
活動報告
総括2009・展望2010
広島県議会議員選挙
大阪市政
東日本大震災
安佐南区
片目失明者友の会
参院選2013
緑の党・ひろしま
衆院選2012
田口まゆさんを励ます
労働貴族
政治フェス
参院選2016
細川護煕に敬意を!宇都宮けんじに票を!
未分類
以前の記事
2015年 12月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
お気に入りブログ
リンク集






主筆:さとうしゅういち関連


さとうしゅういちのtwitter


広島/地元関連


広島県

広島市

タウンNEWS広島 平和大通り

浅井基文さん

広島アキハバラ塾

医療・介護・福祉関連



がんばらない介護生活を考える会

人権・男女共同参画


エソール広島

広島市女性教育センター WEプラザ

イコールふくやま

ドーンセンター

内閣府男女共同参画局

さとう主筆の友人



三井マリ子さん

河野美代子さんのいろいろダイアリー

中川けい(中川圭)さん

とくらたかこさん

とくらBlog

京野公子さん

京野公子さん

和田隆志さん

井原勝介さん

池辺幸恵さん

神永れい子さん

永瀬ユキさん

川田龍平さん


ほんむら久美子さん

さとう加代子さん

さとうももよさん

福島瑞穂さん


こだま祥子さん

朝日熱学男女賃金差別裁判

雨宮処凛さん

井上さちこさん(応援団)

井上さちこさん(ブログ)

村越まり子さん

まいまいニュース(いとうまいさん)

赤木たつおさん

柿沼正明さん

フリーター全般労組

Against GFB

高野善通さん

ris(A)bell
さん


室中技研

主筆の活動団体・関連団体



緑の党

緑の党・ひろしま

生存のためのメーデーin広島実行委員会

館長雇止め・バックラッシュ裁判ファイトバックの会

働く女性のネットワークWWN

全国フェミニスト議員連盟

働く女性の全国センター ACW2

広島県原水禁

原水禁国民会議

NODUヒロシマプロジェクト

均等待遇アクション21

首都圏青年ユニオン

首都圏青年ユニオンを支える会

瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク

市民と政治をつなぐP-WAN

参院選・次期衆院選参考サイト



投票で一揆を!


田中康夫さん

経済コラムマガジン

本山美彦さん

shiozyの介護生活

素人政治評論家 円 成一の「これが言いたい!」


「たまー」

森田実さん

平和への結集をめざす市民の風

上岡直見さんホームページ

亀井あきこさん

あいはらくみこさん

松浦ダイゴさん

亀井静香さん


国民新党

社民党

日本共産党


カナダde日本語


きまぐれな日々

反戦な家づくり

エクソダス2005《脱米救国》国民運動



村野瀬玲奈の秘書課広報室


「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう


晴天とら日和

喜八ログ

たんぽぽのなみだ運営日誌

津久井進の弁護士ノート

お玉おばさんでもわかる 政治のお話

とむ丸の夢


オルタナティブメディア



news-pj


JANJAN


統計資料


SNA(国民経済計算)・統計資料
SNA(国民経済計算)・統計資料 (内閣府)

民間給与の実態調査結果(全データ)(PDFファイル/1,036KB)(平成19年1月23日更新)国税庁

法人企業統計調査(財務省)

外貨準備等の状況

資金循環(日銀)


ブログランキング・ブログピープルなど





反貧困

人気ブログランキングへ



主権者国民連合

介護福祉関連記事(ブログピープル)


このブログのお値段は?
あなたのブログのお値段は?


最新のトラックバック
演街頭説「野球を楽しみ続..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
4年ごと波の象徴としての..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
滋賀県知事選挙  勝敗..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
大飯原発差し止め・福井地..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
地下鉄売店非正規労働者が..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
地下鉄売店非正規労働者が..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
刑事法学者が秘密法に反対..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
労働者派遣法”大改悪”に..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
弊紙社主(参院選予定候補..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
【中国電力賃金差別訴訟】..
from 広島瀬戸内新聞ニュース(社主..
タグ
(886)
(553)
(478)
(448)
(253)
(251)
(239)
(219)
(194)
(181)
(180)
(147)
(141)
(141)
(140)
(138)
(138)
(131)
(126)
(126)
(125)
(121)
(120)
(117)
(115)
(113)
(109)
(106)
(104)
(98)
(97)
(97)
(96)
(96)
(95)
(95)
(89)
(89)
(83)
(81)
(75)
(74)
(70)
(70)
(70)
(69)
(69)
(68)
(64)
(63)
(63)
(63)
(61)
(60)
(59)
(59)
(57)
(57)
(57)
(57)
(56)
(56)
(55)
(54)
(54)
(54)
(53)
(51)
(50)
(48)
(48)
(47)
(47)
(47)
(46)
(46)
(45)
(45)
(45)
(44)
(43)
(43)
(43)
(43)
(43)
(43)
(43)
(43)
(42)
(42)
(42)
(41)
(41)
(41)
(41)
(40)
(40)
(40)
(39)
(39)
おすすめキーワード(PR)
ブログパーツ
最新の記事
ガザ紛争をめぐる誤解
at 2014-07-25 09:05
広島県議予定候補・つくだ守生..
at 2014-07-24 20:31
古市橋駅前で「終戦記念日まで..
at 2014-07-24 09:09
【声明】危険きわまりない川内..
at 2014-07-23 21:01
国直轄事業負担金廃止運動 大..
at 2014-07-23 10:12
7月20日・文京区役所前での..
at 2014-07-23 09:55
リコー遂に敗北宣言
at 2014-07-23 09:47
【朝日新聞】(惜別)本多良男..
at 2014-07-23 09:44
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
介護ランキング
政治・経済ランキング
画像一覧
XML | ATOM

skin by excite

広島瀬戸内新聞社のご紹介

広島瀬戸内新聞社紹介
広島ブログ
住所・連絡先

広島市安佐南区祇園2丁目2番2-203号
電話・FAX 082-962-6817
携帯 090-3171-4437(さとう)

主な業務

広島瀬戸内新聞の発行

創刊 1996年4月1日

発行地域 現在は、広島市安佐南区を中心とする広島県内

定価 10円

広告募集中!

投稿大歓迎!

WEBサイト請負
個人、企業、団体のWEBサイトやブログ運営、お任せください。

各種団体のWEBサイトの運営実績あり。

社主
さとうしゅういち(佐藤周一)
http://www.facebook.com/satoh.shuichi

人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター


続きはこちらをどうぞ!
# by hiroseto2004 | 2015-12-31 21:29 | 主幹・さとうしゅういちの部屋 | Trackback

緑の党・ひろしま 2014年度活動方針

2014年1月19日の緑の党・ひろしま総会で提案された活動方針です。

ヒロシマの心活かす緑の政治。

・原発のない持続可能な日本、そして世界。

・誰もが置きざりにされない社会。

・ヒロシマ庶民革命で取り戻す、民主主義の日本。

緑の党・ひろしま 2014年度活動方針


「都道府県本部」制への対応

201428日から9日に開催される緑の党グリーンズジャパン総会で、規約改定が予定されています。都道府県単位での本部制が予定されています。

これに対応し、全国協議委員の選出も含め、5月にかけ調整を中国地方の他県の組織と行います。

 

人材の育成と活用

広島県内に限らず、全国的に緑の党は人材不足です。

活動に参加できていない会員がいる一方で、一部の幹部会員に活動が集中している実態があります。

それぞれの個性を伸ばしながら、活動に参加していただくよう、人材育成に重点を置きます。

また、会員が自由に企画提案する活動をひろしまでも行います。

社会的に見ても、民主主義に参加する人を少しでも増やす、という観点から情報の発信や超党派のものも含めた学習会への参加などを進めます。

 

ヒロシマからつくる。核のない持続可能な社会

ヒロシマは世界最初の被爆地です。被爆地の緑の党の役目は世界の中でも重要です。

ナガサキ、そしてフクシマと連携しながら、これ以上、核の被害を出さない世界をつくる先頭に立つ活動をこれまで以上に進めます。

今後、「核と観光は共存できない」こと、いま、原発推進企業で働いているみなさんにとっても原発ゼロこそ、未来を拓くことなどを積極的に訴えていきます。

 さらに、具体的な活動として、地域でのエネルギー地産地消の動きを支援していきます。

また、解釈改憲等、安倍総理の暴走を止めることこそ、広島県内にも多くいる自衛隊員の命と人権を守ることも訴えていきます。

 

当事者に寄り添う緑の党

2013参院選では、「当事者の声を国政に」と訴えた「田口まゆ」さんが、広島市安佐南区では、緑の党内2位の個人票を獲得しました。いままでの仕組みの中で置きざりにされてきた人たちに寄り添い、ともに課題解決に進む緑の党をつくってこそ、将来が開けます。当面の取り組みとして「片目失明者友の会」に協力します。

 

フツーの労働者から注目される緑の党

「活動に参加したいけど、仕事が忙しくて」などの声を多く伺います。参加民主主義も、労働環境がわるければ成り立ちません。労働運動なくして参加民主主義なし、とさえいえます。

カローシ撲滅、ブラック企業改善、非正規労働者などへの差別問題はもちろん、労働者を取り巻く医療、介護、教育などの生活分野でのセーフティネットの問題にも取り組みます。

当面の取り組みとして「反貧困ネットワーク広島」への協力や、「中国電力男女賃金差別事件」の原告・長迫忍さんへの支援などに取り組みます。

 

選挙・政治活動方針

 2015年統一地方選挙において、広島市長選挙では「独善的な市政」から「市民本位の市政」にチェンジするため、他の政治勢力や個人と共同を進めます。市政の問題点についての情報発信やイベントなどを進めます。

 また、広島県政の問題点についても情報を発信します。「正木事件」の背景となった高すぎる議員報酬については「半減」、選挙公報を発行し「政策本位の選挙にする」こと、また、「大事なことは住民投票で決めること」などを軸とした「ヒロシマ庶民革命」を提言します。

それとともに「県民に政治を取り戻す」立場の県議を増やすため、情報発信や県民有志によるネットワークの形成に努めます。

 原発ゼロ、そして「誰もが置きざりにされない社会」実現、民主主義を取り戻すため、他野党との対話や協力を積極的に進めます。その延長線上に、2016年参院選では、選挙区(改選数2)での原発推進派独占を崩すことをめざします。


# by hiroseto2004 | 2014-12-31 23:15 | 緑の党・ひろしま | Trackback

「万国の労働者、休め!」緑の党グリーンズジャパン 労働問題キャンペーン

広島ブログ



「万国の労働者、休め!」緑の党グリーンズジャパン 労働問題キャンペーン
https://www.facebook.com/#!/groups/1456543187903677/
のページを作りました。非公開ですが、よろしくお願いします。
緑の党グリーンズジャパンの会員、サポーター、また応援してくださる皆様のご参加をお待ちしております!


目的
労働者(小規模事業主なども含む)が休みやすい環境をつくる。もって持続可能な社会、誰もが置きざりにされない社会をつくる。

日本の現状

過労死(自死も含む)の広がり(中高年男性ホワイトカラーから若者、女性へ)

「社畜」→「ハケン」→「ブラック企業」へと悪化する日本の労働環境

ブラック企業:「社畜」の会社への従属ぶりと、「ハケン」の悪待遇をアウフヘーベンした状態。

休めない日本人

がんばりすぎてタミフルの7-8割を浪費する日本人

がんばりすぎて資源の無駄遣いをする日本人

がんばりすぎて、原発(核のゴミ)の山を積み上げた日本人

がんばりすぎて、少子社会、人口減少社会をつくり、先行き不安社会をつくってしまった日本人

がんばりすぎて、森や畑をつぶして家を新築する一方、空き家ばかりを残してしまった日本人

つづきはこちら
# by hiroseto2004 | 2014-12-31 21:07 | 緑の党・ひろしま | Trackback(1)

「片眼失明者を障がい認定」に!署名も開始!・・片眼失明者友の会

弊社社主・さとうしゅういちの友人が「片目失明者を障がい認定」に!と活動し、「片目失明者友の会」をつくっておられます。

●ホームページ:NPO片目失明者友の会エンゼルランプ
https://www.katame.org

●ツイッター:エンゼルランプちゃん
https://twitter.com/angellamp1

●Facebook:片目失明者友の会
https://www.facebook.com/katameshitumeisyatomonokai


片眼失明者友の会(MIXI)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5631074


片眼失明者は、片方の視力が0.6を超えていたら、障がい者として認定されません。しかし、現実には、二種免許、大型免許が取れないなどの制約があり、就職面などで大変不利です。子どもさんの場合でも、障がい者のような医療費の減免措置がない一方で、一般の保育所からは入園を敬遠される場合もあります。援護措置が受けられないのに、制約は受ける。こんな、理不尽な状態に片眼失明者は置かれています。

「片眼失明者友の会」では、厚生労働大臣あてに「片眼失明者を障害者に認定すること。」を求める署名活動をインターネットで開始しました!

よろしくお願いします!
https://www.change.org/ja/キャンペーン/厚生労働大臣-片眼失明者を障害者に認定すること

以下は「片眼失明者友の会」の呼びかけ文です。

「片眼失明者を障碍認定」に!・・片眼失明者友の会


私達片眼失明者は、いつ又片方の眼が失明するか、毎日不安の日々を送っています。

現在、現行法での視力障碍の認定条件では、残る一眼の視力が0.6以上あれば、たとえ片方を失明していても障碍認定は受けられません。

こんなことがあってもよいのでしょうか?

私達は今、障碍認定改正のために立ち上がろうとしています。

片眼失明者の皆さん(そうでない方も)共に立ち上がろうではありませんか。
そして共に呼びかけて行こうではありませんか。
不公平をなくす為に全国的に輪を広げて行きましょう。
是非、下記にご連絡をお待ちしています。

片眼失明者友の会 連絡先
 
広島市安佐南区八木9丁目10-5-104
久山公明 電話 082-873-3963
              


続きはこちらをどうぞ!
# by hiroseto2004 | 2014-12-31 20:06 | 片眼失明者友の会 | Trackback(1)

次期参院選(広島県選挙区)/広島市長選挙/広島県知事選挙を前に提言します(随時更新)

さとうしゅういちと緑の党 広島ローカルマニフェスト(案) 随時更新
 次期参院選(広島県選挙区)/広島市長選挙/広島県知事選挙を前に提言します

随時更新します。ぜひ、ご意見をお寄せください!

参考記事
広島県知事も県議も公僕の原点へ・・さとうしゅういちの「ヒロシマ庶民革命」宣言
相次ぐ入札不調「事件」が示す「供給能力過剰」時代の終焉

1、ヒロシマの心が第一。・・広島から世界を変える!核も戦争もない平和な世界をリードする広島、そして日本。
・日本国憲法を活かした外交に貢献する広島。
・広島市民球場跡地に国連アジア本部を誘致検討(※最終的には住民投票で土地利用方法を決める。)
・原発即時廃炉
 伊方原発・島根原発廃炉要求、上関原発中止。
・省エネ・クリーンなエネルギーで核無き世界をリードする平和宣言。
・すべてのヒバクシャを支援する広島、日本。
・東アジアにOSCEやASEANをモデルケースとした対話のステージ構築。 (国)
・期限を切った核兵器廃絶。(国)

2、ナゴヤに負けるな、庶民革命。・・・県民・市民の知恵とチカラが活きる広島・日本。
・県議・知事給料半減 (議員報酬削減分は民生委員など介護・子育て現場の待遇改善へ )
・県議海外旅行中止
・選挙公報発行
・常設型住民投票条例
・県民参加の県議会
・審議会・行政委員会のメンバー多様化
・供託金制度の廃止(国)
・小選挙区制廃止(国)
参考記事
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroseto2004/33618182.html

3、誰もが置きざりにされない社会をヒロシマから・・・若者に元気を、お年寄りに安心を!
・消費税から金融投機課税、環境税へ。 (国)
・セーフティネットの企業主義からの転換 (国)
 ・教育・医療・住宅格差の是正 (国)
・正規・非正規格差の撤廃 (国)
・労働基準監督署の強化(国)
・差別撤廃は足元から!・・・官製ワーキングプアを撲滅!
・労働委員会への非正規労働者・連合以外の労組代表の任命)
・介護施設と地域の交流強化
・ケアマネ報酬の引き上げと役割の中立化
・保育士・介護職員の待遇改善と持続可能な子育て・介護
家庭科教育の強化 (センター試験に家庭科を必須科目とする)

4、「強い経済」から「賢い経済」へ・・大量浪費から持続可能な社会へ
・島根に負けるな!エネルギー庶民革命。
・省エネルギーとエネルギーの地産地消を推進
・学校の耐震化工事に便乗し、学校内発電所を地域と共同で推進。
・少量多品種生産を活かした経済
・労働時間の短縮と生産性の向上
・新規ハコモノからメンテナンス中心の公共事業へ。・・例:観音高架橋事業から撤退

特別政策:市民が作った政策
「エソールひろしま大学」専科の受講生のみなさまの「政策提言」を首長や議員が参考にします!


つづきはこちらをどうぞ!
# by hiroseto2004 | 2014-12-31 00:00 | 参院選2016 | Trackback

【緑の党】緑の党・ひろしま結成記念講演会動画&結成宣言

広島ブログ

緑の党・ひろしま結成記念講演会動画




【緑の党結成宣言】


3.11 後の 今 ここに
新たな道を歩み出す



More
# by hiroseto2004 | 2014-12-01 17:54 | 緑の党・ひろしま | Trackback(1)

弊紙社主(参院選予定候補)・さとうしゅういち活動報告・予定 2014年度前半

弊紙社主・さとうしゅういち活動報告・予定 2014年度前半

弊紙社主(参院選予定候補)・さとうしゅういち活動報告(予定)2013年度後半

7月24日(木)
古市橋駅前で「終戦記念日までに世論の力で川内原発を終戦に」

7月20日(日)
7月20日・文京区役所前での演説の動画
【横綱・大関を家で見られる日本を!労働法制破壊反対で街頭演説】
台湾緑の党・金君講演会

7月18日(金)
山田正彦の炉端政治塾

7月17日(木)
【地下鉄非正規労働者差別撤廃裁判】
【日本労働弁護団・残業代ゼロ法に強く反対する集会】

7月15日(火)
「地熱サイコー・原発サイテー」の訴えに高校生ら足止める!

集団的自衛権に対して反対する平和宣言を求めて署名提出
演街頭説「野球を楽しみ続けるために考えてほしいことがある」@マツダスタジアム前

7月11日(金)
読もう、広めよう!大飯原発運転差し止め判決
【地熱には最高。原発には最悪、火山大国・ニッポン。】

7月4日(金)
集団的自衛権行使容認閣議決定反対 市民集会
「秋葉忠利前市長も熱弁」

7月1日(火)
集団的自衛権閣議決定反対の街頭演説・集会
【集団的自衛権行使ならまず総理から前線へ】

6月28日(土)
片目失明者友の会 久山公明さん講演会
http://hiroseto.exblog.jp/22153353/

6月26日(木)
総理官邸前で集団的自衛権行使容認反対のアピール

6月22日(日)

杉並区議補選応援

6月21日(土)
立川市議選応援

6月20日(金)
立川市議選応援

6月19日(木)メトロコマース非正規労働者差別撤廃裁判第一回口頭弁論
http://hiroseto.exblog.jp/22125662/
http://hiroseto.exblog.jp/22125407/

6月14日(土)
さとうしゅういち東京進出壮行会(シャロン)

6月13日(金)
さとうしゅういち東京進出壮行会(じゅげむ)

6月12日(木)
【雷男?!広島市役所前で街頭演説を始めたら・・】

6月11日(水)
古市橋駅前で早朝街頭宣伝

【泥棒に警察をさせる原子力規制委員会人事案は撤回を!】


6月7日(土)
とうかさんお掃除隊参加
とうかさん二日目です!
片目失明者友の会役員会

6月3日(火)

広島市中区バスセンター前、三次市役所前、サングリーン前で街頭演説
一年後は祝勝会を!三次でお世話になった皆さんに激励いただく

6月1日(日)

6・1国会包囲に連帯し街頭演説


5月31日(土)

9日ぶりに古市橋駅前で街頭宣伝


5月30日(金)
呉市役所前・呉駅前で労働法制破壊ストップ訴える
労働法制破壊「小さく産んで大きく育てる」が総理の狙い・・広島そごう前で共同街頭宣伝

5月26日(月)
杉並区・川野たかあきさん支援

【新自由主義は誰が「自由」になる経済か?浜矩子さん講演会】


5月25日(日)
緑の党地域代表協議会
さとうしゅういち勝手連東京進出祝賀会

東京進出祝賀会、ありがとうございました!


5月24日(土)
全国フェミニスト議員連盟総会。
全国フェミニスト議員連盟総会

5月23日(金) 
山田正彦さん政治塾

5月22日(木)
広島市・古市橋駅前・横川駅前と文京区役所前で街頭宣伝
緑の党プロジェクト 『働く』について考える 街頭宣伝報告
広島で演説を終え、東京へ!

5月21日(水)
【「残業代ゼロ」「派遣法改正」はあべこべ。効果的な長時間労働規制と公正な待遇を!】

5月17日(土)

ひろしま女性大学同窓会で「ひとりひとりを大事にする男女共同参画」へ全国区での労働運動の決意表明

5月16日(金)
【弁護士の尽力で幅広い共同・・ストップ!労働法制破壊 広島共同集会】
http://hiroseto.exblog.jp/21999389/
【82年前の5月15日は総理暗殺で、今はこのままでは総理暴走で民主主義終了】

5月15日(木)

横川駅前・県庁前で派遣法問題など訴え、総理暴走への抗議行動に参加

5月14日(水)
広島市役所前などで街頭演説
http://hiroseto.exblog.jp/21992356/

5月9日(金)
県東部方面あいさつ回り、古市橋駅前で街頭演説
http://hiroseto.exblog.jp/21978473/

5月5日(月)
【国立で原発いらねえデモ】

5月4日(日)
【自由と生存のメーデー2014】

5月2日(金)
【政治資金収支報告書提出】

5月1日(木)
広島県中央メーデーに参加・広島市内・三次市内でメーデー街頭演説
【メーデーで命までは取られない今、考えて欲しいことがある】
【三次にて街頭演説】

4月25日(金)
古市橋駅前で街頭演説 早く帰宅し続けられるために、考えて欲しいことがある

4月19日(土)
安佐南区・西区5か所で二週間ぶりの街頭演説

4月16日(水)
緑の党共同代表選挙開票。103票を獲得も及ばず。

4月6日(日)
【安佐南区〜マツダスタジアム〜府中町〜東区〜安佐北区〜安佐南区十五カ所で街頭演説】

4月5日(土)
小雨のマツダスタジアム前「野球を楽しみ続けられるために考えて欲しいことがある」

4月4日(金)
古市橋と横川で街頭演説
http://hiroseto.exblog.jp/21857754/

4月3日(木)
原爆ドーム前、県庁前で「政治家は未来のため支持基盤説得の覚悟を」

# by hiroseto2004 | 2014-09-30 00:11 | 参院選2016 | Trackback

ガザ紛争をめぐる誤解

ガザ紛争をめぐる誤解
http://imeu.org/article/faq-misperceptions-about-the-conflict-in-gaza

回答者:
ダイアナ・ブット 
人権弁護士、ラーマッラーを拠点に活動するアナリスト。PLOアッバース議長の顧問も
務めた。アル=シャバカ:パレスチナ政治ネットワークの政治アドヴァイザー。

ジョージ・ビシャーラート 
カリフォルニア大学サンフランシスコ校ヘイスティングス法律カレッジ教授。パレスチ
ナ研究所上級フェロー、パレスチナ法評議会もと法律コンサルタント。

ナディア・ヒジャーブ
アル=シャバカ:パレスチナ政治ネットワーク代表、パレスチナ研究所上級フェロー

ーーーーーーーーーーーーーー
Q-何が、今回の暴力の爆発を引き起こしたのでしょうか?

ダイアナ・ブット(以下DB) 
4月に、[ファタハとハマースによる]パレスチナ民族統一政府の発足が発表されるや
、イスラエルはそれを破壊することに照準を定めました。まず、政府を孤立化させよう
と圧力をかけ、それがうまくいかないとなると、3人のイスラエル人の少年たち(彼ら
はイスラエルの完全支配下にある西岸地区で誘拐されたのですが)の死を利用して、ガ
ザのハマースを悪魔化しました。

少年たちが行方不明だった18日間のあいだに、イスラエルは西岸の、何百人ものパレ
スチナ人を逮捕しました。その中には、11名の議員と、3年前、捕虜交換で釈放され
た59名のもと囚人たちが含まれます。これらの人々は、3人のイスラエル人少年の死
に何等かのかかわりがあるという証拠などまったくなしに逮捕されたのです。

さらに、イスラエルは、西岸の10人のパレスチナ人を殺害しました。うち3人が子ど
もです。そして3軒の家を破壊しました。イスラエルはガザ地区に空襲をおこない、国
連が報告しているように、10歳の子どもを含む2人を殺害しました。これらはすべて
、ハマースのロケット弾がガザから一発も撃ち込まれていない段階で起きています。イ
スラエルは、パレスチナ統一政府を外交的に解体することに失敗したとき、残忍な軍事
攻撃に訴えることにしたのです。明らかなことは、既成事実が「正解」ではない、とい
うことです。2012年の停戦段階に戻るということは、[今回は]機能しません。[
2012年の停戦を]イスラエルはいとも容易に侵犯にしているからです。

ジョージ・ビシャーラート(GB)
イスラエルは、6月12日に誘拐され殺された、3人のイスラエル人の若者たちの悲劇
的な死を、西岸のハマースを攻撃し、パレスチナの民族的和解を阻害するための道具と
して利用しました。外交的に、民族的和解を阻止しようとして失敗していたからです。
イスラエルは400人以上を逮捕し、2200軒もの家を家宅捜査し、捜査の過程で少
なくとも9人のパレスチナ人を殺害しています。若者たちは、誘拐された直後に殺され
たという証拠があがっていたにもかかわらず、イスラエル政府はそれを隠匿して、イス
ラエルの世論を狂乱状態に煽り、それが、ムマンマド・アブー・フデイルを焼き殺すと
いうむごたらしい事態に直結しました。これらのシニカルな行動が、ガザの境界線に沿
って暴力のエスカレーションを招きました。

ナディア・ヒジャーブ(NH)
イスラエルは、6月12日に3人のイスラエル人の10代の入植者が誘拐され殺された
ことを利用して、西岸と東エルサレムに対する残忍な大弾圧を行いました。人権団体は
、これを集団懲罰として非難しています。イスラエルはとりわけ、ハマースのメンバー
を標的にしました。[少年たちの誘拐と殺害について]ハマースの犯行という証拠もな
ければ、ハマースも責任を否定しているにもかかわらず、です。真の標的は、ハマース
が実現した民族的統一の合意でした。

しかし、事実を言えば、イスラエルによるガザに対する総力を挙げての攻撃は、遅かれ
早かれ起きていたはずです。イスラエルは、ガザに対する自分たちのアプローチを「芝
を刈る」と呼んでいます。つまり、2年か3年に一度は必ず、ハマースを攻撃し、弱体
化しなければならない、ということです。ハマースが停戦に積極的であり、停戦を尊重
しているということが証明されているのに、です。これが、イスラエルが、西岸と東エ
ルサレムの占領と植民地化、そして、ガザの占領と封鎖を「経営する」やり方の一つで
す。

Q-イスラエルは自衛のために行動しているのですか?

DB いいえ、ガザに対する攻撃を最初に始めたのはイスラエルであり、ガザ地区(およ
び西岸)に対して過酷な軍事占領を続けているという事実ゆえに、イスラエルは自衛を
主張することはできません。それどころか、イスラエルは、その軍事支配下で生きるパ
レスチナ人を庇護するという国際法上の義務があるのです。

GB 自衛とは、暴力を最初に行使した国家が主張しうるものではないでしょう。イスラ
エルが西岸のハマースに対して暴力的な攻撃を行ったのですから。

NH いいえ。戦争に関する規定を尊重すると誓う国際条約に署名した国連加盟国に、民
間人や民間のインフラを無差別に攻撃する権利などありません。男性、女性、子供を問
わず、実に大勢のパレスチナ人民間人が死傷しているという事実が、イスラエルの「自
衛」の主張が嘘偽りであることを示しています。ハマースが停戦を維持することに積極
的であったという事実によってもです。

さらに、イスラエルは、何十年にもわたって軍事占領し、植民地化している土地の住民
たち、しかも封鎖下においている住民に対して「自衛」を主張することはできません。
停戦だけがパレスチナ人とイスラエル人を同じように守り、そして、占領と封鎖の終結
こそが、恒常的平和への道を整えます。

ハマースもまた、民間施設を標的にするのをやめなければなりませんが、ハマースは国
連加盟国ではなく、国際法の順守を誓う条約に署名していません。

Q-イスラエルは、ハマースを標的にして攻撃しているのですか?

DB いいえ。イスラエルは民間人の住宅や民間のインフラを攻撃していると思われます
。今日までに、国連の算定によれば、殺された者たちの80%が民間人で、150人が
子どもです。イスラエルは病院や学校、モスクも爆撃しています。これらはすべて、国
際法で、標的にするのが違法とされているものです。

2000軒以上の家とその近隣の地区がイスラエルの攻撃で破壊されました。このよう
なことは、国際法とは矛盾します。住宅など民間の構造物が標的として合法の標的とさ
れるのは、軍事目的に使用された場合だけです。

戦争に関する規定に関するジュネーブ条約追加議定書のⅠは、「信仰の場や、家その他
の住居、学校といた通常、民間の目的のために使用される対象が、軍事行動のために効
果的に使用されているかどうかが疑わしい場合には、軍事目的には使用されていないと
推定しなければならない」 イスラエルは、パレスチナ人の家々が司令センターとなっ
ていると主張していますが、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、こうした主張を退けて
います。

民間人と戦闘員を区別しない攻撃は違法です。イスラエルの論理を使えば、過去あるい
は現在、イスラエルの兵士や警察官がいるいかなる家も合法的標的と言うことになりま
す。軍が存在するところ、たとえば、テル・アヴィヴの防衛相も、合法的標的です。明
らかに、このような論理は受け入れがたいものです。

これはヴィデオゲームではありません。イスラエル軍は、ハマースに関係している者な
ら誰であろうと攻撃しています。戦闘員であるかどうかなどおかまいなしに、民間の基
盤施設であろうと一顧だにせずに。

GB イスラエルはどうやら、ハマースの幹部なら誰でも、「戦闘員」に分類しているよ
うです。実際にどんな仕事をしているかなど関係なしに。たとえばガザの警察庁長官の
タイシール・アル=バトシュは、彼が従兄の家を訪ねているときをわざわざ狙ってイス
ラエルは攻撃し、タイシールは負傷、彼の親族18人が殺されました。

国際法上、警察は民間人です。そして、これは、一見したところ、明らかな戦争犯罪で
す。個人の住宅に対してなされるその他、多数の攻撃も同様に戦争犯罪です。もちろん
、最終的な結論を下すには、さらに調査してみる必要がありますが。

イスラエルは、病院や、浄水施設、下水道、その他、ハマースとは何の関係もない民間
の基盤インフラも攻撃しています。実際のところ、イスラエルは、軍事目標と民間人を
区別するという国際的な法的要請を尊重していると主張していますが、イスラエル自身
の行動が、ハマースを政治的に弱体化させるために故意に民間人を殺すという政策をと
っているということを物語っています。

NH いいえ、民間人の死傷者の数が、イスラエルの主張を切り崩しています。国連の数
字によれば7月22日までに殺された、640人を超えるパレスチナ人の死者の中で民
間人は433人。一方、イスラエル側で殺された民間人は2人です。この数字を比べて
みてください。

Q-ハマースはなぜ、停戦を受け入れるのを拒否したのですか?

DB ハマースにしてもその他の党派にしても、エジプトが提案した停戦案について相談
されませんでした。エジプトはパレスチナやパレスチナ人を代表などしません。パレス
チナ人を代表するのはパレスチナ人だけです。提案された合意の場に主要な当事者がい
ないのに、事態が前進するなど考える方が愚かです。さらに、イスラエルは最近、必要
物資をガザ地区に入れ、同時医、パレスチナ人が亡くなった者たちの遺体を埋葬できる
ようにするための人道的停戦を拒否しました。

GB ハマースは停戦の申し出を受け入れるのを拒否しましたが、この申し出について事
前に相談されておらず、公平さという点で基本的な要件を満たせていませんでした。し
かし、それから24時間以内にハマースその他のパレスチナのグループはイスラエルに
対して10年間の休戦協定を申し出ました。この協定でイスラエルはガザ地区の封鎖を
やめていただろうし、その結果、長期にわたりこの地域の安定も保証されていたで
しょう。しかし、イスラエルはこの申し出に応えませんでした。[長期的安定よりも]
イスラエルにとっては、定期的に「芝を刈る」ことの方が都合が良いようです。

NH ハマースは停戦を受け入れたいと思っていますが、しかし、それは、イスラエルが
尊重し遵守する停戦であり、ガザに対する封鎖を解除する停戦です。ガザのパレスチナ
人は、圧倒的多数を占める民間人もハマースその他の党派のメンバーも、2007年以
来、[封鎖下で]緩慢に殺されるか、[攻撃で]一瞬で殺されるか、という二者択一を
迫られています。イスラエルがガザに課し、エジプトもその維持に協力している厳格な
封鎖の結果、飲料水もなく、栄養も不十分で、医療も十分ではないせいで、病気や疾病
で死ぬのか、イスラエルが、そろそろ「芝を刈る」頃だと決めたとき、あっという間に
死ぬかのどちらかだ、ということです。

「国境の検問所が開放されて、人々や物資が自由に移動できるようにならないかぎり、
ガザのパレスチナ人は、もっとも基本的な権利のないまま、これからも生きることを強
いられることになります。」

Q-ハマースはパレスチナ人を人間の楯に使っているのですか?

DB ガザは縦40キロ、横が最長でも12キロの土地です。そこに180万近くのパレ
スチナ人がいます。ガザ地区は、世界でももっとも人口過密な地域です。さらに、この
攻撃の以前から、ガザ地区の35%の地域がパレスチナ人立ち入り禁止――進入は死の
危険を伴います――になっており、イスラエルは、これらの地域を立ち入り禁止区域と
して維持しています。つまり、ハマースがこの小さな地区の内部で闘うとき、パレスチ
ナ人の民間人を援護には使いません。

[ハマースが民間人を人間の盾に使っていると]イスラエルはずっと主張していますが
、今日まで、国際的な調査によっても、これらの長期にわたる主張を裏付ける証拠は何
もありません。にもかかわらず、この主張が、多くの者に受け入れられ、まかり通って
いるのです。皮肉なことに、その逆こそ、確証されています。イスラエルは、軍事作戦
を行うとき、パレスチナ人の民間人を人間の楯として使っています。

GB ハマースは、居住区の内部から闘います。人口過密なガザ地区です。しかし、ハマ
ースが攻撃避けに、故意に民間人を危険にさらしているという主張は、ほとんど実証さ
れていません。この主張は、「犠牲者を非難する」ためのものです。確かに、パレスチ
ナ人にとっては、パレスチナ人の血を流しているのはイスラエルだといういことは、疑
う余地もなく明らかです。

NH イスラエルは、ニューヨークの半分以下しかないガザ地区の44%を軍事的な「バ
ッファ・ゾーン[進入禁止区域]」にしています。誰が誰を人間の盾に使っているので
しょう?

Q-イスラエル軍は、民間人の死傷を避けるために、可能なあらゆる注意を払っていま
すか。

DB いいえ。「屋根をノックする」方式で、つまり、家を爆破するに先立ってまずミサ
イルを家の上に落とすということですが、死をもたらしています。アムネスティ・イン
ターナショナルのフィリップ・ルーサーによれば、「民間人の家に向けてミサイルを発
射することは、効果的な「警告」を構成するなどということはありえない。アムネステ
ィ・インターナショナルは、ガザ地区に対するイスラエルのこれまでの軍事作戦におい
て、このようなミサイルによって殺害された、あるいは負傷した民間人の事例をまとめ
ている」と彼は語っています。

加えて、イスラエルは[攻撃を警告し、退避を勧告する]リーフレットを撒いていると
主張しますが、これらのリーフレットには、人々がどこに行けば安全かということは書
かれていません。イスラエルの人権団体が書いているように、「リーフレットを撒くこ
とでは、その地域に民間人は一人も残っていないと見なして、民間の用地を攻撃してよ
い、という許可を軍に与えはしない。軍は、すべての住民がほんとうに自宅を後にした
、と仮定してはいけない」

さらにイスラエルは、鉄のドーム・システムが、イスラエルの民間人の死を防ぐのに効
果を発揮していると主張しています。この主張を踏まえ、また、イスラエルの民間人の
死者が2名(パレスチナ人の死者数は650名)であることを踏まえると、民間人を傷
つけずに、イスラエルに向けて発射されるロケットを問題にする別の方法があることは
明らかです。

GB これまでの回答のいくつかが示唆しているように、もちろん、違います。民間人に
対して、効果的な避難場所などどこにもない状況下で家を離れろと警告することは無意
味です。シュハイバル家の3人の少年を含む多数のパレスチナ人が、イスラエルの「屋
根をノックする」というやり方で――つまり、より破壊力のある兵器を使う前に、警告
用とされているミサイルを発射することで――殺されています。

NH ガザは地球上でもっとも人口過密なところの一つです。空から、陸から、海から攻
撃しておいて、何百人もの民間人を殺さないでいることなど不可能です。ガザの民間人
の殺傷を防ぐ唯一の道は、停戦しかありません。ハマースは過去の停戦を遵守してきま
した。そして、平和を実現する唯一の道は、西岸と東エルサレムの占領と植民地化、お
よびガザの封鎖を終結し、長期にわたり否定されてきたパレスチナ人のその他の権利を
尊重するという合意を結ぶことです。

# by hiroseto2004 | 2014-07-25 09:05 | 国際情勢 | Trackback

広島県議予定候補・つくだ守生さんによるマツダ派遣切り和解記事

 大手自動車会社マツダの防府工場(山口県防府市)を派遣切りされた労働者15人が正社員としての地位確認を求めた訴訟の控訴審は22日、広島高裁(川谷道郎裁判長)で和解により解決しました。同訴訟では昨年3月13日、山口地裁で13人を正社員と認める判決が出て、会社側が控訴していました。
 2009年4月30日の提訴から5年3カ月、和解は職場復帰を伴わない金銭解決で、その内容や経緯は取り決めにより公表されません。原告団と弁護団、「マツダ争議」支援共闘会議は和解後、約60人が参加して広島弁護士会館で報告集会を開き、「マツダとの間の労働契約の成立を認めた山口地裁判決が和解という形で生かされた」との声明を発表しました。
 原告団の佐藤次徳事務局長は「労働法制の改悪の動きは今、大変な状況にきている。マツダの裁判は終わったが、労働者の権利を取り戻す新たなたたかいに頑張る」と決意表明。清水力志事務局次長は「和解に涙が出た。5年3カ月はかけがえのない時間であり、家に帰ってゆっくりと喜びをかみしめたい」と語りました。
 内山新吾弁護団長は「マツダ訴訟のたたかいは、全国の労働者を励まし、『正社員が当たり前』という世論づくりに大きな力を発揮した」と指摘。共闘会議会長の藤永佳久山口県労連議長は「一審で敗訴した2人も救済されたことを確認したい」と報告しました。


# by hiroseto2004 | 2014-07-24 20:31 | 広島県議会議員選挙 | Trackback

古市橋駅前で「終戦記念日までに世論の力で川内原発を終戦に」

わたくし、さとうしゅういちは、7月24日、広島市安佐南区古市橋駅前で街頭演説か実施。


「8月15日までに原子力規制委員会に鹿児島県の川内原発は火山が近くて危ない趣旨の意見を送ろう。」
「終戦記念日まで川内原発」などと訴えました。

そして、「川内原発を終戦にできなければ、火山噴火があれば日本全体が終戦になってしまう。」「そもそも、火山大国日本、鹿児島県は、「原発サイテー、地熱サイコー」だ。」などと強調しました。

この日は、町内でポスター張り替えも実施。緑の党グリーンズジャパンの新しいポスターを張ってくださる方、大歓迎です。よろしくお願い申し上げます!


# by hiroseto2004 | 2014-07-24 09:09 | 政治フェス | Trackback

【声明】危険きわまりない川内原子力発電所の再稼働に反対します

【声明】危険きわまりない川内原子力発電所の再稼働に反対します

2014年7月21日
 緑の党グリーンズジャパン運営委員会

  原子力規制委員会は、7月16日、九州電力川内原子力発電所1、2号機につき、安全対策が新規制基準に適合しているという審査書案を提示し、了承し、事実上の合格判断を下しました。...
 しかし、新規制基準は福島第一原子力発電所事故の原因も究明しきれていない中で策定されたものであり、安全性を担保できる保証はありません。

 福井地裁はさる5月21日、大飯原発3,4号機の運転差止を認める判決を言い渡しましたが、判決は、新規制基準には①原子炉の冷却に不可欠な外部電源等を基準地震動に耐えられるよう強度を上げる、②使用済み核燃料を強固な施設で囲む 等の措置が盛り込まれておらず、この問題点が解消されないまま運転が再開されては安全技術及び施設の脆弱性は継続することになる、と述べています。規制委員会はこの警告を無視し、安全性の担保のないまま川内原発の再稼働を可能にする無責任な判断を下したのです。

 しかも川内原発近辺には姶良カルデラなど複数のカルデラがあり、破局的な巨大噴火が起こる可能性もあります。原子力規制委員会は「破局的な噴火の起こるリスクは極めて低い」「噴火の前兆は把握できる」という九電側の主張をそのまま取り入れましたが、このような判断には多くの火山学者が警鐘を鳴らし、「噴火の事前予測は困難」との意見を出しています。

 言うまでもなく、原発事故は、万が一にでも起こしてはなりません。安倍首相は「安全が確認された原発」を再稼働させると述べていますが、田中委員長は今回の判断にあたり、「(基準に基づき技術的な審査を行なっただけで)安全だとは言わない」と明言している以上、川内原発の再稼働はできないはずです。

 火山学者の指摘や多くの課題があるにも関わらず審査書案が了承されたことは、新規制基準が「世界一の基準」などから程遠い不十分極まりないものであり、自然災害の危険性や事故時の住民の安全を担保するものではないことを逆に証明していると言えます。

 無責任な結論を下した規制委員会の人事を、安倍政権はさらに大幅に原子力推進側に切り替え、全国の原発の再稼働へのプロセスを一層加速させようとしています。

 私たちは審査書案の撤回を強く求めると同時に、多くの市民とともに、人の命をないがしろにする安倍政権の退陣をあらためて強く求めていきます。

http://greens.gr.jp/seimei/11847/

# by hiroseto2004 | 2014-07-23 21:01 | 緑の党・ひろしま | Trackback

国直轄事業負担金廃止運動 大阪府知事より広島市長が先

【国直轄事業負担金廃止運動 大阪府知事より広島市長が先】
8月9日(土)に文京区民センターで開催される緑の党政策フォーラムの講師・秋葉忠利さん。

国がやる事業に、地方自治体も応益負担としてお金は出します。しかし、国のやっていることがあまりに無駄だと、地元が判断しても、国が強行する場合はどうすればいいのか?

秋葉さんは、国を相手に、しっかり、理不尽な負担は拒否する方針を、あの橋下徹知事に打ち出しました。

マスコミは、橋下さんばかりをほめましたが、本来、こういうことを始めたのは秋葉さんなのです。

http://voicejapan2.heteml.jp/janjan/area/0902/0902217923/1.php

「国直轄事業負担金」廃止運動 大阪府知事より広島市長が先

さとうしゅういち2009/02/22

大阪府と同じように、広島市もかなり財政は危なかった。ただ、橋下知事が福祉や教育をカットしたのに対し、秋葉市長は、出来る範囲での福祉の充実に取り組んだ。橋下知事は自民・公明の支持を得ているせいか、やはりハコモノには踏み込みが足らないが、秋葉市長は政党の推薦を受けなかったこともあり、ハコモノをゼロベースで見直すことができた。本来なら橋下知事の前に、秋葉市長をほめるべき。

広島

自治体

NA_テーマ2


 大阪府の橋下徹知事。最近は、「国直轄事業負担金」について、舌鋒鋭く国を批判しておられます。

平成21年(2009年) 2月12日 知事記者会見内容

 国直轄事業負担金は、国が直接実施する事業に対して、地元自治体も負担をするものです。だが、「明細もなしに請求書だけ回ってくる」に対して自治体の間で不満が広がっています。

 わたしが勤務する広島県でも、土木関係の予算は、ここ数年、県単独事業よりも、国に上納する負担金の額が大きいのです。

 20日には、「地方は国の奴隷」と金子国土交通大臣相手にボルテージをあげたそうですが気持ちは分からなくはない。

 橋下知事が言うとおり、国全体に関わる大きな事業は、「(前略)国というレベルで考えたときに、これは必要か不要かは国レベルで考えてもらって、国がやる仕事と地方がやる仕事というのはきれいに分けたほうがいいですよ」(上記記者会見)だとわたしも思います。

 地方に財源・権限を移したうえで、国がやるべき事業は国が負担すればよいのです。

 多くの首長も、職員もそう思っています。それはそうなのですが……

■広島・秋葉市長は4年前から取り組んでいた

 ちょっと待ってください。

 マスコミで、橋下知事ばかり持ち上げられるのには、違和感を覚えます。

 橋下知事よりも先に「国直轄事業負担金」の削減に取り組んでいるのは、広島市長・秋葉忠利さんなのです。

 財政危機にあった広島市は2003年度に公共事業見直し委員会を設置しました。そこでの議論を踏まえて、2004年には、国直轄事業負担金も含めて、大型プロジェクトを見直しました。

・2004年2月5日記者会見「広島市公共事業見直し委員会の第2次中間報告について」

 そして12月には国との協議を行い、とりあえず、削減を実現しています。

・2009年2月13日記者会見「定額給付金の給付について及び市役所駐車場の有料化について」

 「国直轄事業の地方負担について伺いたいと思います。道路やダムなどの建設費や管理費の一定割合を地方が負担する『国直轄事業負担金制度』について、地方から『分権の趣旨に反する』など不満の声が上がっています。大阪府は独自に国と協議をして、負担金が減額になるという動きもありました。市長は、この制度についてどうお考えでしょうか。また、今後、国とそうした減額を目指す協議を持つ計画はありますか」という問いに対して、市長は、

 「大阪府の例を上げられましたが、広島市ではそれに先行して具体的なことをやっていますので、皆さんの方で、これが全国的な問題であるということをきちんと把握した上で、全国に発信していただければ(と思います)。広島市では、4年以上前からそれはやってきています。逆に大阪府の記者会見で広島市でこういうことをやっています、その後どうですかという質問になったのではないかと思います」と応じています。

 指定都市市長会で、道路の国直轄事業負担金を廃止して、本来の管理者である国が全額を負担するよう、国並びに各政党への要請活動を行っているのです。

 そして、2004年12月の協議で、広島市は、「負担可能額は年間53億円程度であること。優先度の高い広島南道路など事業中の4路線の整備を進めること。未着手区間については、広島市の財政状況等を見極めながら検討すること」を要求・説明し、国もそれを呑んでいるのです。

 橋下知事は、実際には、新潟県の事例について記者から感想を聞かれて、発言をしているのですが、市政記者クラブの記者に対する秋葉市長の苛立ちはよくわかります。

 「広島市政記者」としては、不勉強すぎるのではないでしょうか?

■強引な質問で「恥の上塗り」をした記者

 ところが、今回の会見では、記者はさらに以下のような質問をしてしまいます。

記者 国の直轄事業の地方負担についてですが、市長のご説明の意図というのは、今、結構、地方の反乱みたいな言い方をされていて、国と地方が対立しているような構図が描かれているのですが、そういう対立をしなくても話し合っていけばうまく進められると、そういう意図のご説明でしょうか。

市長 特にそこはそういう意図があって言ったのではなくて、事実として、もう既に広島市では、国との協議の結果、こういうことをしています、と申し上げているつもりです。その事実をどういうふうに取られているかということは皆さんの問題ですから、大阪府が何かするとそれは全国的に重要なことですが、広島市がやったらあまり注目されない、ということになると、広島市政記者クラブの力量が問われてしまうのではないかと思います。

 記者は必死でいわゆる「地方の反乱」ということと、広島市の対応を関連付けようとしました。しかし、広島市長は広島市長として、市民のためにどうすればよいか、本来の原則はどうあるべきか、ここにたって、4年前から負担金見直しに取り組み、要望活動も行っているわけです。市長は、それを素直に説明しただけです。

 記者としては、広島市が「直轄事業負担金廃止」に向けて、もう4年前から取り組んでいることを知らずに質問してしまい、大恥をかきました。

 さらに、秋葉さんが橋下さんのような「国相手の大立ち回り」をしないでも、着実に負担金を削減していることが面白くないのでしょう。そこで、つい動揺して、強引な質問をしてしまったのです。だが、恥の上塗りになってしまいました。この記者は、もう少し、広島市のホームページででも、勉強してから質問したほうが良いでしょう。

■根深いマスコミの「権威主義」

 それにしても、秋葉市長が4年前に見直しを行ったときは、マスコミは取り上げない。ところが、自民党・公明党が応援したタレント出身で知名度が高い橋下知事が「今頃になって」取り組み始めたことは大きく取り上げる。しかも、地元の広島市のマスコミ記者まで、それに加担している……。

 そもそも、大阪府と同じように、広島市もかなり財政は危なかった。ただ、橋下知事が福祉や教育をカットしたのに対し、秋葉市長は、出来る範囲での福祉の充実に取り組んだ。橋下知事は自民・公明の支持を得ているせいか、やはりハコモノには踏み込みが足らないが、秋葉市長は政党の推薦を受けなかったこともあり、ハコモノをゼロベースで見直すことができました。

 本来なら橋下知事の前に、秋葉市長をほめるべきでしょう。とくに地元のマスコミ記者は。。

 ここにマスコミの「権威主義」を感じてしまいます。マスコミは、地方自治をもっと「政策本位」で取り上げるべきではないか。そのように感じました。

 地方のマスコミ記者も、「東京(西日本なら大阪も)のえらい人」とか「有名人」をありがたがるのはいい加減に止めていただきたい。もっと地元のことを勉強していただきたい。そうでなければ、いつまでたっても、地方の再生は難しいと思います。

・・・・・・
ちなみに、在広島のマスコミ記者は、自民党の広島市議らが、理不尽な要求を振りかざして、秋葉さんの足を引っ張っていても(広島弁で「がたがた抜かす」という現象)、そのことには知らん顔です。そして、いかにも、秋葉さんにリーダーシップがないから物事が進まないような報道の仕方をしてきました。

われらが広島市長が大阪府に先駆けた点はご存じなし。
一方で、われらが広島市議の一部が「がたがた抜かし」ているときに、見て見ぬふりをする。

在広島マスコミの罪もまた深いものがあります。


# by hiroseto2004 | 2014-07-23 10:12 | 広島市政(広島市議会) | Trackback

7月20日・文京区役所前での演説の動画


【7月20日・文京区役所前での演説の動画】
参院選敗北一周年の昨日の文京区役所前のさとうしゅういち街頭演説の様子です。山田正彦政治塾生の方が撮影してくださいました。



# by hiroseto2004 | 2014-07-23 09:55 | 政治フェス | Trackback

リコー遂に敗北宣言

リコー遂に敗北宣言
リンク: http://hataraku-tel.blogspot.com/2014/07/blog-post.html
# by hiroseto2004 | 2014-07-23 09:47 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback

【朝日新聞】(惜別)本多良男さん 多重債務者の救済に奔走した

【朝日新聞】(惜別)本多良男さん 多重債務者の救済に奔走した




朝日新聞


(惜別)本多良男さん 多重債務者の救済に奔走した
井上恵一朗


2014年7月19日16時40分


http://www.asahi.com/articles/ASG7H5RD4G7HUTIL03W.html



■「こんなこと許しちゃいけない」が原点


 「ヤクザのお兄さんが取り立てにきて騒いでいる」


 法律事務所で受けた電話口にあどけない声が響いた。駆けつけた家の部屋の隅で、子ども2人が震えていた。母親から晩ご飯代として渡された千円すら取り立て人は奪っていった。


 「こんなこと許しちゃいけない」。サラ金問題に取り組む理由を聞かれるたびに話した原点だ。1983年のことだった。


 3歳で父親を亡くした。家賃の支払いにも困り、母親ときょうだいで転々とした。大手製菓会社に就職し、日記に「工場長・社長になる」と夢をつづったが、労働組合
活動に力を入れるなかで配転を拒否して解雇され、会社と裁判で争った。その縁で入った法律事務所で、サラ金問題と出合った。


 84年、東京都 大田区
に被害者の会を設立。98年から全国組織の事務局長も務めた。執拗(しつよう)な取り立て側の脅しにも動じない。「子どもの指が届くぞ」と言われたことすら、あっけらかんと家族に伝えた。妻のミヨ子さん(66)が「あなたたち、指に気をつけなさい」と我が子3人に言って笑い飛ばした。


 全国に被害者の会を広げようと駆け回った。被害実態を街頭で訴え、政府に対策を迫った。


 2006年12月、改正貸金業法
成立。上限金利が20%以下に引き下げられ、グレーゾーン金利 は撤廃。宇都宮健児 弁護士ら約30人と居酒屋
で祝杯を挙げ、「勝ったぞー」と拳を突き上げた。30年余の活動が実った。


 「子どものように、好きなことには全力疾走。それがみんなの幸せと一致した」。そう話すミヨ子さんも、外国人労働者の支援に力を注いできた。「具体的な成果に結実することはなかなか無い。うらやましく思う」


 法改正前、約230万人いた借り入れ5件以上の多重債務 者はいま、18万人。(井上恵一朗)


     ◇


ほんだ・よしお


5月14日死去(消化器がん)73歳


8月9日「お別れの会」


***********************:


本多さんとの出会いは、


私がまだ活動始めたばかりの2010年11月の山梨県甲府市で開催された「自殺問題を考える集会」


http://ameblo.jp/mira1105/entry-10694145942.html
でご一緒させて頂いたことがきっかけでした。


こちらのイベント出演は本当に私の活動にとってとても大きな転機となりました。


当時日弁連会長だった、宇都宮健児先生ともこのイベントでご一緒させて頂きました。


その後も、活動家の大先輩の本多さんには娘のように可愛がって頂きました。


「まゆちゃんはえらいよ。本当によく頑張ってるよ」


「まゆちゃんの活動はとっても大事だから、もっとたくさんの人に知ってもらわないとね!」



写真は2013年2月癌の手術をされた後の本多さんと。


仲間と本多さんを励ます会を開催しました。


この時既に余命半年と宣告されていました。


写真では笑っているけれど、私は心の中ではとても複雑でした。


本多さん、本当に今までお疲れ様でした。


活動家の大大、大先輩なのに、


いつも気さくで素敵な笑顔で私たちに接してくれる本多さんが大好きでした。


短い間でしたが、大事なことをたくさん本多さんから教えて頂きました。


今も活動でいつも迷っているし、「これでいいのだろうか」と不安で怖くて


今すぐにでも逃げ出したくてたまらないことばかりです。


本多さんに教えて頂きたかったことがまだまだ、たくさんあります。


相談したいこともまだまだたくさんあります。


だけど、本多さんが教えてくれたことを胸に、


自分が出来ることを微力ながら、一生懸命頑張っていきます。


本多さん、天国で見守っていて下さい。


ありがとうございました。


# by hiroseto2004 | 2014-07-23 09:44 | 田口まゆさんを励ます | Trackback
< 前のページ 次のページ >