エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

アフガニスタン、カルザイ当選も険しい道続く

アフガニスタンの大統領選。

結局現職のカルザイさんの当選が決まりました。



Excite エキサイト : 国際ニュース

2009年11月2日 21時59分 ( 2009年11月3日 01時01分更新 )
<アフガン大統領選>カルザイ氏が再選 選管が決選投票中止
 【カブール栗田慎一】アフガニスタンの選挙管理委員会は2日、記者会見し、アブドラ元外相が7日の大統領選決選投票への不参加を表明したことを受け、決選投票の中止を発表した。さらに、唯一の候補となったカルザイ大統領の再選を宣言した。任期は5年。

 選管は会見で「決選投票の候補者はカルザイ氏一人になった。カルザイ氏の当選は明らかだ」と述べた。決選投票を実施すれば旧支配勢力タリバンによる攻撃が激化し、民間人の犠牲が増える恐れがあることや、政治混乱が続く可能性、再度の選挙に資金がかかることを中止の理由に挙げた。

 在カブール米国大使館は2日、「米国は、決選投票を中止し、大統領選を終結させた選管の決定を歓迎する。この歴史的な選挙でのカルザイ大統領の勝利を祝福する」との声明を発表した。

 カルザイ陣営による「不正」を告発し、決選投票に持ち込んだアブドラ氏は、カルザイ氏との連立の可能性を協議したが、暗礁に乗り上げていた。また、クリントン米国務長官が10月31日、アブドラ氏が棄権した場合でも決選投票の正当性に問題はないとして、事実上、カルザイ氏支持の姿勢を示していた。


決選投票をすれば、また流血が拡大する。

一方で、しなければしないで、政権の正当性に疑問符をつける人も出てくる。

どちらにせよ、茨の道です。

さらにいえば、そもそも、現政府が実効支配している地域なんて、カブールとその周辺の一部くらいの話です。

その枠内での選挙ですから、どれほど意味があるのか?

しかも、女性たちには、投票の自由が事実上なかったりするのです。

以下の記事もご参照ください。


道は極めて険しいといわざるを得ない。

こんなところで、アメリカが「テロ撲滅だ」などといって、軍隊を送ってうまくいくものでしょうか?
http://frihet.exblog.jp/12803885/
ノルウェーのアフテンポステン紙によると、アフガニスタンの男性は、女性に代わって選挙に投票しているという。アフテンポステン紙の記事を、簡単に紹介する。

アフガニスタンの女性は、頭からすっぽりと体全体を覆う「ブルカ」をまとっている。ブルカをまとっていると、女性か男性かを判断することはほとんど不可能だという。中には、1人の男性が35人の女性に代わって投票していたり、わずか200人の村にも関わらず250人の女性が投票した事実もあるという。

アフガニスタンにおいて、女性に代わって男性が投票することは、伝統的に当たり前のように行われてきた。女性は、男性がショットガンをつきつけて威嚇するため、女性自身で行動することに恐怖を覚えているという。親類の女性たちの票をたくさん持った男性たちがいたことも、国連は報告している。

国連女性基金と連携したグループで働くテレサ・デランギスさんは、こう語る。
「女性は操作されているが、それを認めざるをえないのです。女性は、ある特定の候補に投票するように言われ、その通り投票したり、または、女性の代わりに男性が投票するのです」

また、ブルカを着ているため、よく判別がつかないことから、1人の女性が2回投票することもある。さらに、カードに女性の顔写真がなくてもいいため、選挙登録していない女性が、登録した女性のカードを持参して投票する場合もある。

男女で投票所が違うので、女性用投票所には、女性選挙管理職員を充てる必要がある。男性がいると、多くの女性は投票に行くことを躊躇するからだ。しかし、女性は非常に少ない。女性を増やすには、低い識字率を変えなくてはならない。選挙管理の仕事は、字が読めない人には、絶対に不可能だからだ。

それに女性用投票所の位置も問題となっている。女性用投票所は、男性用の裏にあることが多く、大勢の男性のまえを通り過ぎていかなくてはならない。それが投票に行く多くの女性の障害となっている。

女性が自分自身で投票に行きたくても、外に出て、投票に行くことに反対する家族も多い。

アフガニスタンは、全土が内戦状態に巻き込まれているに等しい。そんなアフガニスタンを思うと、選挙で国の指導者を選ぶということ自体、再建への第1歩だろう。しかし、である。この女性の惨状を見過ごしにはできまい。女性の人権に関しては、まずは女性の識字率を向上させるなど、強力で並々ならぬ特別施策が必要だと思う。

●アフテンポステン(上の写真は同紙より)
http://www.aftenposten.no/nyheter/uriks/article3349067.ece
●Associated Press
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5jsXjwwXo-ChThgRtKWG-5sAB7NUQD9BLIM3G0
●アフガニスタンの現状(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/afghanistan/genjo.html
Tags:アフガニスタン 女性の識字率 投票


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/11501556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-11-03 09:18 | 国際情勢 | Trackback