エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

内定率62.5%

来年春に大学を卒業する人の就職内定率が62.5%。とくに私立、文系、女子で低下が大きいようです。

(高校生はもっとひどい。)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20091119AT1G1901719112009.html

大学生の内定率、「氷河期」並みの62.5% 10月時点
 来春卒業予定の大学生の就職内定率は10月1日時点で62.5%で、前年同期に比べて7.4ポイント低下したことが19日、文部科学省と厚生労働省の調査で分かった。内定率は2003年の60.2%、04年の61.3%に次いで3番目の低さ。下落幅は調査を始めた1996年以降で最大。昨年秋からの不況で就職状況が急激に悪化し、00年前後の「就職氷河期」並みの状況となった。

 男子の内定率は63.3%、女子は61.6%で、前年同期に比べそれぞれ6.5ポイント、8.5ポイント減少。国公立は1.9ポイント減の71.3%、私立は9.4ポイント減の59.6%だった。特に私立大学の女子が57.3%で11.7ポイントと大きく減少したという。

 文系・理系別では、文系の内定率が低く9.2ポイント減の61.2%、理系は0.4ポイント増の68.5%だった。特に私立大学の文系は58.7%で10.3ポイントと減少幅が大きい。(12:29)


今は、昔と違うのは中高年を大量に切った上でのこの就職難。

2007年、2008年卒業の就職改善は結局は団塊の大量退職穴埋めに過ぎなかったのです。

就職が決まらない人に【チャレンジングスピリットがない】とか【コミュニケーション能力がない】などと、親がとくに難詰しても、本人を追い詰めるだけです。

いわゆるブラック企業なら実はいくらでも、正社員就職はできます。だが、それこそ「燃料のように」使いつぶされるだけです。

第一にマクロ経済のデフレの問題が挙げられます。

「国民の生活が第一」なら勝間デフレ退治提案採用を
http://www.news.janjan.jp/government/0911/0911112981/1.php


第二に、人を減らすだけを収益改善手段としてきた、企業経営とそれを促してきた仕組みの問題があります。

もっと付加価値が高い方向に転換せずに、人件費カットでしのごうとする方針をここ15年、とり続けた経団連と旧政権の残したつけは重い。


「EUにみる雇用のセーフティ・ネット」竹信三恵子さん講演
http://www.news.janjan.jp/government/0911/0911153187/1.php


これからが大変です。

記事へのご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/11611922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-11-19 12:58 | 経済・財政・金融 | Trackback