エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ノーベル賞受賞者の指摘踏まえ見直しとなっている科学技術関連予算に言及 鳩山総理

http://www.dpj.or.jp/news/?num=17347

2009/11/26
ノーベル賞受賞者の指摘踏まえ見直しとなっている科学技術関連予算に言及 鳩山総理

 鳩山由紀夫総理大臣(代表)は26日夕、首相官邸で記者団に問われ、同日の東京外国為替市場の円相場が86円台となり急激な円高が進んでいる状況をどうみるか問われ、「円高というよりもドル安である」としたうえで、「原因はドルの方にあると基本的に考えている」と分析。「いすれにしても急激に為替が動くことは望ましいことではない」という見方を示し、財務大臣を中心に何らかの対応をとるのは当然であるとして、しっかりとした経済運営を行っていく方針を語った。

 また、「景気が必ずしもいい状況でないのに円高になっているのはある意味で非常に難しさがある。そのなかで適切な経済運営をしていかなければならない」とも指摘。「これから年末に予算を編成していかなければならないし、補正をいうことも視野に入れて対応策をしっかりと講じること、来年度の予算に対しても経済を二番底に陥らせないようにするための施策をきちんと打っていくことが必要」と述べた。

 続いてノーベル賞受賞者との面会を終えて、事業仕分けで廃止や見直しとなっている科学技術関連予算に関する考え方に変化はあったかとの質問に答えた。受賞者との意見交換については「たいへん有意義だった」としたうえで、特にノーベル物理学賞の小柴昌俊東大特別栄誉教授から「眼高手低」という言葉が提示され、事業仕分けについて「効果がないからといってどんどん切り捨てるのは手低である」との指摘があったと説明。

 その内容として、「大事なことは中長期的な発想のなかで今すぐに効果が出るものではない。自分たちがノーベル賞を受賞したのも産業界に役に立つというものではない。すぐには役に立たないがサイエンスという意味では大変な意義のある話であるから受賞につながった。こういうものをいかに国益、国力として、世界に貢献する日本として伸ばしていくかということはまさに眼高、非常に大事な発想ではないか」との意見をいただいたと鳩山総理は紹介した。

 それを踏まえて鳩山総理は「その思いはよくわかる」と述べるとともに、ムダに使われている予算を事業仕分けによってカットしていくという鳩山政権の方針にはノーベル受賞者の方々にも理解を得られたことも明かし、「彼らの、大変すぐれた方々の意見を参考にさせていただいて、最終的に事業仕分けも重視しながら、資源のない国にとって大変重要な知的財産であるサイエンス、テクノロジーというものを活用する方向を考えていきたい」と語った。


民主党の自民党(末期)との違いは、やはり「聞く耳は持つ」というところではないでしょうか?

自民党政権の末期には、上から目線で、聞く耳を政府は持たなかった。

独立系メーデーのデモで「言うこと聞くような奴らじゃないぞ」というシュプレヒコールがありましたが、まさにそのとおりでした。

そういう意味では、ノーベル賞受賞者に見習い、どんどん、意見を言っていくことが大事ではないでしょうか?

記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)

広島市長・秋葉忠利
e0094315_15224055.jpg

熊谷俊人と一緒に新しい千葉を!(MIXIコミュニティー)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

e0094315_8182175.gif

以下の与党各党も参考に
e0094315_8172468.jpg

e0094315_813122.gif

e0094315_815116.gif

「建設的野党」日本共産党
解散・総選挙にのぞむ基本的立場(日本共産党)
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/11660555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2009-11-26 21:21 | 新しい政治をめざして | Trackback