エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

湯崎英彦さん記者会見

広島県知事・湯崎英彦さんは、7日、8日と連日、記者会見を開催しました。

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1283827855811/index.html
知事記者会見(平成22年9月8日)

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1283917611234/index.html

知事記者会見(平成22年9月7日)

 記者会見などにおける知事の発表や質疑応答を広報課でとりまとめ,掲載しています。
 なお,〔 〕内は注釈を加えたものです。
 動画はYouTubeのサイトでご覧になれます。(別ウィンドウで表示されます)


 
会見日:平成22年9月7日(火)

 動画は次のリンクからご覧になれます。なお,動画の収録内容は下の発表項目及び質疑のとおりです。

【動画リンク】 1/3 2/3 3/3

 

(発表事項)
○出島廃棄物処分場事業に係る知事の現地訪問について
○過疎地域における生活支援配送システム実証実験の実施について 
   ※上記項目の動画は上の動画リンクの「1/3」をご覧ください。

(質疑)
○出島廃棄物処分場事業に係る知事の現地訪問について
○被災者生活再建支援法の適用拡大について
  ※上記項目の動画は上の動画リンクの「2/3」をご覧ください。


○福山での女児変死の件について
○小沢前幹事長の一括交付金に係る発言について
○広島市での西飛行場のあり方を考える検討委員会について
○出島廃棄物処分場事業に係る知事の現地訪問について
  ※上記項目の動画は上の動画リンクの「3/3」をご覧ください。


【会見録は現在準備中です】



湯崎さんは、出島(広島市南区)の産業廃棄物処分場の見直しへ向けて、地元の意見を聞くことにしました。
まず1点目は,「出島廃棄物処分場事業に係る現地訪問」についてでございます。
 明日の9月8日になりますけれども,出島の処分場と五日市の積出施設建設予定地を現地訪問いたします。そして地元の方と話し合いをもって,その声をお聞きする場を設けることにいたしました。
 行程等は,お手元の資料のとおりでありますけれども,まず現地訪問の理由につきましては,平成20年度の産業廃棄物処理の実態調査結果が先般まとまったところでございまして,これを見ますと,埋立処分量がですね,県全体で53万トンと,当初,出島処分場を計画した時と比べまして,4分の1程度まで減少しているということが明らかになりました。
 受け入れする廃棄物が減少するということは,循環型社会の構築を目指すという観点からはですね,望ましいことではあるんですけども,埋立事業という個別の事業の観点からみますと,その採算性に課題がでてくるということになります。一定量の廃棄物を確保することが必要になってくるわけですけども,現在の計画では,事業自体が採算上の大きなリスクをかかえるということになっていると感じたところであります。
 こうした出島処分場を取り巻きます情勢の変化に対応する必要があると思いましたので,私としては,現在の事業計画を再構築する必要があるのではないかと考えました。
 そこでまず,私自身,現地を見て,確認をして,そして地元のご意見をお聴きしたうえで,今後の対応を考えていきたいというふうに考えた次第であります。


小沢幹事長の一括交付金に係る発言については、以下のように、湯崎さんはおっしゃいます。

○ 小沢前幹事長の一括交付金に係る発言について
(時事通信)
 時事通信の宮内です。全く違う問題なんですけど,例の一括交付金の関係で,特に小沢さんが,一括交付金化すれば額を減らしても地方は大丈夫だろうという趣旨の発言をされてるんですけど,この点についての知事のお考えを教えてください。

(答)
 まず,一言で言うと一括交付金化をすることによって財源を捻出するというのは間違った考えではないかなと思います。
 それから,金額については20兆〔円〕とか何十兆〔円〕とか言われてますけれども,そもそも法定で義務的に支払うと決められたことも多数あります。もちろんその義務を全部はずすっていう議論なのかもしれませんけれども,ただ実際問題としては社会保険であるとか義務教育っていうものがありまして,これは正にナショナル・ミニマムの問題だと思っておりますけれども,それを減らして財源に使うっていうのはいかがなものかというふうに思っております。


全くそのとおりです。



このほか、福山でのこども変死事件についてなど、コメントされています。

○ 福山での女児変死の件について
(中国新聞)
 中国新聞の高橋と申します。福山の方で,2歳の女の子が虐待と思われる事案で亡くなったということがあったんですけれども,まず,県内でこういった事案があったということの知事の受け止めとですね,あと,県としてはこれを虐待による死亡というふうに見ているのかどうか。この点をお願いします。

(答)
 あの,まず,本件については東部こども家庭センターが関わっていた事案なんですけれども,そのお子さんがお亡くなりになったということは,我々としても非常に残念ですし,私も,個人として非常に悲しいことだというふうに受け止めております。
 虐待かどうか,ということについては,今,県警が捜査をしているところでありますので,我々としては,その判断というのは少し,今ここで申し上げることは差し控えたいと思っております。

(中国新聞)
 それで,センターが関わったということで,やはり相談を受けてた対応なり,今後にも活かしていくため,っていうのはあると思うので,いずれかは公表すると思うんですが,公表するタイミングとかですね,するかどうかのご判断と,あと,こちらがちょっと取材をできないのでわからないんですけども,県の対応によって,問題点なり課題点ですよね,今の段階であれば,ちょっと言ってください。

(答)
 いずれにしても,結果として,お亡くなりになっているということで,これが事件なのか事故なのか,ということによって,大きく変わるわけですけども,本件に関わらず,県としてはこども家庭センターが関わっている事案について,もう一度再点検をしよう,ということにしております。
 また,本件の検証も行う必要があると思ってますので,こども家庭センターで取り扱っている事案についての,その支援のあり方を検討する外部の専門家による委員会を立ち上げていきたいというふうに思っております。
 今回の個別の件については,これは実際に事件であるかどうかということによって,我々の守秘義務の問題もありますので。もし,事件になればもちろん会見でご説明することになると思いますし,そうではなくて,事故だということであれば,これはもう会見を行うのはちょっと難しいかな,というふうには感じております。
 ただ,いずれにしても,亡くなっているという事実は我々としては重いことだと思っておりますので,今,申し上げたような点検であるとか,あるいはその検証のための外部委員会というのは進めていこうと思っているところです。

(中国新聞)
 では,現時点では,対応に対する問題点というのは今のところはない,というふうにお考えでよろしいですかね。

(答)
 いや,結果としてですね,直接因果関係があるかどうかっていうことについては,これが事件だったのか,事故だったのかということで大きく違うので,これは事実判断を見ないと,何とも申し上げられないというところが現状ですね。

(中国新聞)
 専門委の検討はいつぐらいに立ち上げられるんですか。

(答)
 専門委員会の立ち上げ時期ですか。これはできれば9月中にと思っているんですけど,何名かの委員に入っていただくことを考えておりますので,まず,日程調整次第というところがあります。

(読売新聞)
 すみません,読売新聞の平井です。今の外部委員会の関係なんですけれども,扱う範疇はこの福山のものだけなのか,それとも,扱っているすべてのものなのか,その辺の,どういうものを対象にどういう形で検証するか,というのをもうちょっと詳しくお願いできますでしょうか。

(答)
 まず,こども家庭センターが扱っている事案全部について,我々の内部での再点検というのをやります。これについては,再点検の結果ですね,何らかしらの対応が必要だと思われるもの,特に,緊急を要するものについてはですね,一時保護を含めた迅速な対応をしていきたいと思ってますし,何らかしら我々が把握している状況と違う,変化が起きているというものについては,その変化に応じて適切な対応をしていくということになります。
 外部委員会の検討についてはですね,これは今回の事案を検証すると共に,それをベースにして支援のあり方というものを課題を考えていく,ということになります。個々の全部の案件を検討委員会で検討する,というのはこれはちょっと非常に難しいので,全部の再点検というのは内部で行います。今回の事案を中心に,全般的な見直しというのは,この外部検討委員会で行うという整理になると思います。

(幹事社:朝日新聞)
 それに関連してですが,昨日からその再点検というのを2週間を目安におやりになっているということで,今日,発表があったんですけど,こういうふうに再点検をされるということは,今の実態として援助の仕方に何か不備な点,課題があるからということで,こういう再点検をされているのではないかと思うんですが,その辺,知事の認識はどうなんでしょうか。

(答)
 いや,不備があるから再点検しているということではなくてですね,不備があるかもしれないので再点検をする,ということであります。

(幹事社:朝日新聞)
 この再点検に関しては人員を増員したりとかですね,何か新たな体制で臨まれるのか,現状のままの体制でこの再点検をされるのか,どちらなんでしょうか。

(答)
 再点検というのは,今,自分たちが持ってますこの事案ですよね,これについて,もう1回状況を確認する,そういうことですので,まず,外から入ってきてもですね,その状況は分かりませんから。まず,我々の内部で,自分たちが担当していることについて,きちっと再点検をする,ということになります。
 もし,体制の不備っていうような話になればですね,それは現場の中でそういう話が出てくるかもしれませんし,あるいはその外部委員会でそういうことが出てくるかもしれませんけども,くるかもしれないっていうのは出てくるという意味ではなくて,あり得るということですけども。そうすれば,それを踏まえて,また対応することになろうかと思います。

(NHK)
 NHKの平間ですけども。それに関連してなんですが,この外部委員会っていうのは何か時限的なものなんでしょうか,イメージとしては。それとも常時,常設して,今後こども家庭センターが扱っている事案について,外部の視点で常時検証していくというイメージなんでしょうか。

(答)
 いえ,常時検証していく,1件1件について検討していく,というものではなくて,これは本件の事案について検証をするということと,その結果,支援のあり方っていうことですね,これはプロセス全般,ないしは関わり方全般について,考えるということでありますので,基本的にはそういうことに関する報告書をいただいて,そこで終了ということになると想定をしております。

(読売新聞)
 すいません,今のに絡んでなんですが,先ほどの外部の委員で何人かの委員にということだったんですけども,例えばで言うと,大学教授だとか,例えば心理学,児童心理を専門にしてらっしゃるとか,こんな感じの方を入ってもらいたい,というイメージがあれば,ということと。あと,関わり方の中で,県だけではなくて福山市だったりとか,市町であったりだとか,警察であったりとか,いろんなところが連携して関わるものだとは思うんですが,その辺の関わり具合,この外部委員会とのほかの機関との関わりみたいなところは何かお考えがありますでしょうか。

(答)
 まず,委員の構成ですけども,児童福祉施設の関係者であるとか,弁護士であるとか,あるいはもちろん,大学の先生,学識経験者といったような方々を考えております。今,想定にありますのは6名ほどなんですけども。
 それで,外部との連携というのは非常に重要なことでありますので,今回についても,実際にいろんな形で外部との連絡,連携というのがバックグラウンドであるんですけれども,そういったことも,もちろん検証の対象になっていくと思いますし,ないしは,すべきだと思いますし,これからのこども家庭センターでの,その支援のあり方という中に関係機関と連携というのが非常に重要な位置を占めているということはですね,間違いないと思います。

(読売新聞)
 その委員会の中に,外部の関係機関の人間も入るようなイメージなのかどうか,ということと,いつぐらいまでに結論を出したいなというように考えてらっしゃるのか。

(答)
 はい。この委員会自体には外部の〔機関の方〕,というのは想定してません。
 で,この委員会での検討というのは今年度中に結論を得たいというスケジュール感で考えたいと思ってます。

(読売新聞)
 この福山市の事案を中心に,ということですけども,それは今回の県とかの対応について,まず問題がなかったのか,ということは当然議題として挙がる,という理解でよろしいですか。

(答)
 そうですね,事件性がある,なしで,その因果関係というのが決まってきますけれども,それとまた別の問題として,我々として,常に支援のあり方っていうのは見直していかなければいけないことだと思いますので,そういう意味で,今回,いずれにしてもこの委員会において,検証,検討をしていきたいというふうに考えているところであります。



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/13198232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2010-09-08 07:33 | 広島県政(広島県議会) | Trackback