エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

仙谷官房長官は、「暴力装置発言」ではなく「甘受発言」の責任をとって辞任すべき

仙谷官房長官は、「暴力装置発言」ではなく「甘受発言」の責任をとって辞任すべきですね。



【緊急アピール】全国あるいは海外在住のみなさんに訴えます!!

◆ 仙谷官房長官に対し、暴言の責任をとって辞任するよう要求しましょう ◆

 仙谷由人官房長官は12月13日の記者会見で、沖縄の基地負担について、次
のようにのべました。
 〈沖縄の皆さん方にはしわ寄せをずっと押しつけてきた格好になっている。政
府としてはこれを克服しながら、より国民に安心を与えるような安全保障政策を
実施しなければならない。沖縄の方々には、そういう観点から、誠に申し訳ない
が、こういうことについては甘受していただくというか、お願いしたいと。一朝
一夕ですべての基地を国内の他の地に移すというわけにはいかない。私の(地元
の)徳島県を含めて、なかなか「自分のところで引き受けよう」という議論が国
民的に出てきていない。〉

 私たち5人は下の「緊急声明」を仙谷内閣官房長官と菅首相に送りました。仙
谷長官は暴言中の「甘受」という言葉だけ撤回しましたが、私たちは彼のこのた
びの暴言は断じてそのような姑息な対応で済ませられる問題ではないと思います。
 1994年9月9日、当時の宝珠山昇防衛施設庁長官が那覇市での記者会見で
「沖縄は基地を提供するという非常に優れた位置にあるということでもあるので、
基地を受け入れることによって基地と共生、共存する方向に変化してほしい」と
発言し、沖縄県民の激しい怒りを買いました。今回の仙谷暴言はその宝珠山暴言
に比肩するものです。
 仙谷長官は「甘受」撤回にあたって、ひとことも謝罪しませんでした。しかも
なおも「沖縄に海兵隊の基地が存在する意義は大きい。一定の基地負担をお願い
せざるを得ないと率直に思う」と強調したのですから、これはもう辞めてもらう
しかないと思います。
 私たちの「緊急声明」は一つの例にすぎません。これをご活用くださることも
ありがたいですが、みなさんそれぞれが自分の言葉で辞任を要求することも大切
と思います。以下に辞任要求の送り先を記します。どうかよろしくお願いします。

●首相官邸ホームページ http://www.kantei.go.jp/
「ご意見募集」コーナーから内閣官房に送信できます。
 
〔参考資料〕
【緊急声明】
  仙谷内閣官房長官は暴言の責任をとって辞任せよ!!

  加賀谷いそみ(男鹿の自然に学ぶ会)、細井明美(ピースアクティビス
ト)、井上澄夫(北限のジュゴンを見守る会)、廣崎リュウ(山口県下関市)、
奥田恭子(愛媛県松山市)〔順不同〕
                       2010年12月16日

 仙谷由人官房長官は12月13日の記者会見で、沖縄の基地負担について、次
のようにのべました。
 〈沖縄の皆さん方にはしわ寄せをずっと押しつけてきた格好になっている。政
府としてはこれを克服しながら、より国民に安心を与えるような安全保障政策を
実施しなければならない。沖縄の方々には、そういう観点から、誠に申し訳ない
が、こういうことについては甘受していただくというか、お願いしたいと。一朝
一夕ですべての基地を国内の他の地に移すというわけにはいかない。私の(地元
の)徳島県を含めて、なかなか「自分のところで引き受けよう」という議論が国
民的に出てきていない。〉

 論旨を要約すると、沖縄県外で自分のところで引き受けようというところがな
いのだから、国民に安心を与える安全保障政策のために、沖縄県民は基地の負担
を甘受せよ、ということです。「甘受」とは「やむを得ないものとして、文句を
言わずに受けること」(三省堂『新明解国語辞典』)「あまんじて受けること。
あたえられたままに受けとること」(小学館『新選国語辞典』)です。つまり仙
石長官は、沖縄県民に「ぐずぐず言わずに基地負担を引き受けるべきだ」とのべ
たのです。そう語る彼の念頭に名護市辺野古への新たな米海兵隊基地押しつけが
あったことは、発言の文脈全体から容易に見て取れます。

 「私の(地元の)徳島県も含めて、なかなか「自分のところで引き受けよう」
という議論が国民的に出てきていない」から、これまで「しわ寄せをずっと押し
つけてきた」沖縄が基地の負担を甘受せよという言い草は、基地の受け入れを拒
否する他の都道府県の意向は尊重するが沖縄の拒否には耳を貸さないということ
ですから、沖縄差別そのものです。

 仙谷長官の暴言に対し沖縄で憤激の声が澎湃として湧き上がったので、彼は自
分の暴言の「甘受」の部分についてのみ「撤回」しました。しかしそれは「仲井
真知事や沖縄の方々が総反発するような受け止めをされているとすれば、いつで
も撤回する」というもので(12月14日のNHKニュース)、まるで総反発す
る方が悪いと言わんばかりの開き直りです。しかも彼はその一方で「沖縄に海兵
隊の基地が存在する意義は大きい。一定の基地負担をお願いせざるを得ないと率
直に思う」とも強調したのですから、要するに何も反省していません。沖縄の基
地負担を「克服する」気など毛頭ないのです。

 私たちはこういう人物が内閣の要(かなめ)であることを許すのは沖縄差別政
策を容認することであると思います。よって私たちは仙谷氏が即刻辞任すること
を強く求めます。




記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター

生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/13825460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2010-12-16 20:47
タイトル : 「仙谷官房長官の暴言糾弾」首相官邸緊急抗議行動 17日夜
仙谷官房長官は、「暴力装置発言」ではなく「甘受発言」の責任をとって辞任すべき わたくし、さとうしゅういちは「暴力装置発言」で仙谷官房長官を問責する自民党などはおかしいと思います。暴力装置発言は不適切はいえない。 しかし、今回の「甘受発言」は、暴言です。彼は「暴力装置発言」ではなく「甘受発言」の責任を取るべきです。 (転送・転載大歓迎) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「仙谷官房長官の暴言糾弾」首相官邸緊急抗議行動 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ...... more
by hiroseto2004 | 2010-12-16 18:13 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)