エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「民主党の失墜」「デフレ」「プロの腐敗」の反動で橋下・河村台頭す・・2010回顧

2010年の政治を回顧するに、以下の四つが大きいと思います。

第一に、民主党の失墜です。

2009年は世襲貴族政治と化した自民党政府が倒れ、政権交代となりました。
しかし、民主党も、大都市中上層を基盤とするがゆえの政策面での限界と、与党経験がすくないための政局運営面での未熟さを露呈したわけです。





政策面では、貴族政治を脱するのはいいが、高校無償化にしても、中上層に恩恵が厚い制度設計になってしまった。こども手当も悪くないが、貧困で、結婚に二の足を踏む層には、ばらまきに映ってしまう。この点では、民主党政府は、大人にもベーシックインカムを導入する。相続税を上げるなら法人税引き下げより教育費の完全無償化に回す、などすべきです。

政局運営面での未熟さについては、いろいろな論客はおろか、代表選挙で総理を支持した増子議員さえも指摘しています。とにかく、すぐブレたりしないで、きちんと自分の言葉で説明する。基本的なことが大事でしょう。批判があるとすぐ脊髄反射でぶれるのが良くない。まずは、じっくり考えて!

第二にデフレ。ここへきて、再び景況感が悪化しています。人々の暮らしが厳しいと、誰かをぶったたいて、溜飲を下げてもらう青年将校的な政治家がバカ受けしたりします。それは歴史の教訓です。今の日本はデフレ→人々の不満→青年将校的にむちゃくちゃをやる政治家がバカ受け→しかしデフレは悪化
の無限ループが、小泉時代くらいから進んでいます。

第三にプロの腐敗です。検察のでっち上げはひどかった。論評するまでもない。地方議会もまた、たしかに田中康夫さんに「痴呆痔恥」と呼ばれても仕方がない実態はある。まあ、インターネットなどでプロの腐敗が、見えやすくなったことはあるでしょう。

第四にこれらの情勢(民主党失墜、デフレ、プロの腐敗)にうまく漬け込んだのが、橋下大阪府知事であり、河村名古屋市長です。国政ではみんなの党でしょう。民主党も、去年までは、自民党への不満の受け皿になりましたが、今は与党です。批判の矢面に立たされている。

橋下知事や河村市長に対しては今後とも、理論的な批判を行って行きます。しかし、彼等の台頭を防ぐには、第一から第三の理由を取り除くことです。

思い切った景気対策、高度成長モデル=自民党政治の終焉を反映させた生活第一の制度改革、取り調べの全面可視化などに取り組むことです。地方自治の制度改正も必要でしょう。2012年はこれらにしっかりとりくまねばならぬ。


記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター

生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

広島市長・秋葉忠利
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/13828494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2010-12-17 08:10 | 新しい政治をめざして | Trackback