エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

全国の活動仲間の皆様へ広島県議会議員選挙における被選挙権行使の検討について

全国の独立系メーデーなどの仲間の皆様へ

生存ユニオン広島 執行委員長 さとうしゅういち

皆様。寒風吹きすさぶ折、いかがお過ごしでしょうか?

家を失った皆さん、暮らしに困っている皆さんへの相談・炊き出し活動などに従事されているみなさん、お疲れ様です。どうか、お体にはお気をつけて、活動をがんばってください。

さて、わたくし、さとうしゅういちは、2011年4月1日告示、10日執行の広島県議会議員選挙・広島市安佐南区選挙区(被選挙数4)において、日本国憲法第44条に基づく被選挙権の行使を前向きに検討することとさせていただきました。

現在、自らの所属政党の民主党幹部との協議を申し入れています。ただ、協議が不調に終わった場合は、無所属での被選挙権行使もありえます。また、わたくし・さとうしゅういちは、被選挙権を行使すれば公務員を失職することになります。その場、これまでのようには、皆様とご一緒に活動することが難しくなります。慎重に情勢を見極めたうえで、極論すれば、告示日にならないと被選挙権を行使するかどうかはわからない、ということは念のため、まず、お伝えしておきます。

わたくし・さとうしゅういちは、これまで11年間、広島県庁職員として、福山や三次、三原、尾道などの地方で、労働や福祉、医療、男女共同参画、若者などの行政に携わってきました。
一方で、プライベートでも非正規労働者の闘争支援、野宿生活者支援、男女共同参画や瀬戸内海の環境問題などの市民活動に参加させていただきました。

その中で、声が届けにくかった人、声をあげられない人は、苦境にあるがゆえに、声を届けにくい。そして、それがゆえに、格差がどんどん拡大してしまうということを強く実感しました。

そうしたことから、2008年からは広島においても、大きな労組とは独立したメーデーを呼びかけさせていただいております。

大きな集会ももちろん大事です。しかし、一方で、大きなイベントでは、参加者お一人お一人の思いや実態が表現しにくい、という難点もあります。

「生存のためのメーデー広島」は、規模は見劣りしますが、その分、お一人お一人が、実態や思いを訴えられる場となっている、とも自負しております。今年から、与党に対し、参加者の声をお伝えしています。

今度は、県議会の場でわたくしの行政経験・市民活動の経験を生かさせていただく機会があれば、と考えております。

特に、わたくし、さとうしゅういちは、「あなたにもいきる権利がある」というメッセージを県民の皆様に伝え続ける県政にした、と考えます。わたくし、さとうしゅういち、ボランティア活動中に、2,3歳のお子さんと20歳くらいのご両親が野宿状態であるのを目撃してしまいました。せっかくの制度も伝わっていない、利用しにくい、そういった状況を改善したいと考えております。


また、おりしも、広島県議会では「広島県議会基本条例」が可決・成立しました。第6条では、議員は県民全体の代表でなければならない、としています。今まで声を上げられなかった方、また光が当たってこなかった分野に光を当てなければ、議員は県民全体の代表であるとはいえません。そうした意味で、独立系メーデーも含む活動をさせていただいてきたわたくしの議会における存在意義はますます高まる、と確信しております。お一人お一人の声、そして実態を生かせる県政にしたい、と考えています。

一方で、繰り返しますが、被選挙権の行使にはハードルが高いのも確かです。仕事をやめないと被選挙権を行使できない、供託金が高い、公選法が複雑など、一般市民が政治に参加するのにハードルが高すぎると思いませんか?憲法44条の被選挙権行使が、事実上制限されています。

海外では、クロアチアではミルコップが警官と国会議員をかねていたことがありますし、フランスでも郵政公務員が現役のまま大統領選挙に何度も出ています。アメリカでも、州知事など公務員が、大統領選挙に出ても失職せず、大統領選挙で落選すれば、元の知事のままです。ノルウェーなど北欧になると、議員は兼業が当たり前です。

日本のように、議員が一部の(特に、年配、男性の)エライ人に独占されているのは異常なことなのです。これでは日本は、広島県はおかしくなってしまいます。

わたくし、さとうしゅういちは、このような状況に異議申し立てをしたい。

今回、被選挙権行使を見送ったとすれば、それは、「被選挙権行使を事実上できない違憲状態」への抗議行動です。

わたくし・さとうしゅういちは、それでも、次回2015年の県議選でも同様に、被選挙権行使を検討し続けます。

 また、マニフェストにおいては、県議選への比例区導入、比例区名簿での当面の間の女性を奇数番目に割り当てること、供託金の引き下げ、立候補休職制度導入事業所への支援など、被選挙権行使をしやすい広島県にすることを明記させていただきます。

 すでに、今回の被選挙権行使検討については、マスコミにも通知し始め、ポスター写真撮影などしかるべき準備も進めております。

 なお、準備活動は、「一般市民が仕事をしながら無理をせずに」進められる範囲に限定します。「さもなくば日本は民主主義国家として、ウソだ!」とかんがえます。

 一般市民が、ゼロから、無理なく被選挙権を行使できるかどうか?それとも、憲法44条違反状態に跳ね返されてしまうのか?

 皆様。どうか、わたくし・さとうしゅういちとご一緒にお楽しみください!

2010年12月末日 さとうしゅういち 拝

関連記事・リンク
「被選挙権行使で食えなくなる国日本」に問題提起する!
広島県議選(2011年4月10日執行)安佐南区選挙区へのさとうしゅういちの対応について(随時更新)
広島県議会議員選挙(2011年4月10日執行予定)に向けての基本的な考え方
反貧困「生存ユニオン広島」結成、民主党にメーデー参加者の声届ける

独立系メーデーの取り組み
原爆ドーム前で「生存のためのメーデー」今年も開催
http://www.janjanblog.com/archives/946
福島瑞穂大臣も参加 自由と生存のメーデー
http://www.janjanblog.com/archives/1273
「フツーの仕事がしたい」を鑑賞、映像労働のあり方熱く議論 自由と生存のメーデー三日目
http://www.janjanblog.com/archives/1611

新しい労働運動の取り組み
一人で悩まず、グラニフ・アパレルユニオンにご相談を!

DV問題などへの取り組み
韓国の児童センター長ら招き、性暴力防止話し合う - JanJanBlog
http://www.janjanblog.com/archives/21577
「男女共同参画」に取り組む韓国の市民はいま(1)-JanJanニュース
http://www.news.janjan.jp/living/0907/0907297890/1.php
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/13904649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2010-12-31 22:41
タイトル : さとうしゅういちへの応援メッセージ(他己紹介)をお願いし..
皆様。 新年をいかがお迎えでしょうか? さて、新年早々、わたくし、さとうしゅういちから、皆様にお願いがございます。 今年・2011年は、わたくし、さとうしゅういち、いよいよ新しいステージへ踏み出すことを検討させていただく年になります。 「さとうしゅういちは、こんな人。」 「さとうしゅういちは、こんなことをやってくれそう。」 そんな感じで、応援メッセージ、いただければ幸いです。 被選挙権を行使するなら、「エライ人」や「大きな組織」の推薦をまず得ろ、と心配してくださる...... more
by hiroseto2004 | 2010-12-31 11:36 | 広島県議会議員選挙 | Trackback(1)