エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

岩国基地の拡張・強化に反対する西部住民の会総会

e0094315_14294480.jpg



岩国基地の拡張・強化に反対する西部住民の会総会の総会に参加しました。

前田哲男さんが『どうなる岩国基地・艦載機移駐が持つ意味』と銘打って記念講演をされました。

岩国基地への艦載機移駐がその一環になっている米軍再編について説明しました。

陸海空が自衛隊と米軍の司令部がドッキングすることがその重要な柱であると指摘。

ただ、表面上は憲法9条があるためにできない。しかし、誰が見ても指揮権が米軍基地の中で一つになり、自衛隊も指揮するのが米軍になっている、と指摘しました。

前田さんは、民主党政権については、『自民党のアメリカよりの政策を批判してきた民主党が、自民党かそれ以上に自民党方向に加速している』と指摘しました。アメリカからの要求に対しては『武器輸出三原則で、緩和を諦めた』ことくらいしか『抵抗』していない、と批判しました。

また、『民主党は、アメリカの中国脅威論にそのまま乗っている』と批判しました。

そして、30年近く前もソ連の脅威を理由に『不沈空母』などと呼号されたが、それと同じことが場所は違うが南方について言われている。30年たっているので、世代も交代し、同じレトリックがまた通用しやすくなっている、と指摘しました。

前田さんは『一回の総選挙でかえるというのは難しいのかもしない。でも絶望してはいけない。皆さん」西部住民の会)は、大事な活動をされている』と檄を飛ばしました。

そして、会場の質問に対しては『EUやASEANでは、共通の安全保障、WinWinの安全保障をしている。』『フランスやドイツでは冷戦後軍縮している』『ゼロサムの安全保障では、だめだ』などと答えました。
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/13986037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-01-15 14:29 | 活動報告 | Trackback