エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

東日本大震災受け、中国電力に申し入れ(追記あり)

3月15日、「上関原発止めよう!広島ネットワーク」が、中国電力に対して、申し入れを行いました。わたくし、さとうしゅういちは、安佐南区内で「環境にやさしいエネルギーをすすめる広島県政にチェンジを」と訴えさせていただいており、今回の申し入れにも同行させていただきました。

山口県知事が上関原発建設工事の中断を、上関町長も慎重な対応を求める中で行われた申し入れ。

中国電力の桜井さんは、中国電力側も、当面は工事を見合わせることを県と町側に伝えた、と回答しました。

また、中電がホームページに、モザイク入りとはいえ、反対派住民の写真を掲載していることに批判が噴出。桜井さんも削除を約束しました。

「わたしたちは喧嘩をしに来ているのではない。将来のエネルギーについて一緒に考えようとおもっている。」という参加者の声が、もうしいれの趣旨である、とわたしも感じます。

本当に、中国電力さんも真剣に考えていただきたいものです。

2011年3月15日
中国電力株式会社 
社長 山下 隆様
             
                  上関原発止めよう!広島ネットワーク
                   共同代表 青木 克明
                        木原 省治
                        原戸祥次郎

島根原発の運転停止と上関原発建設計画に向けての動きの即時凍結を求めます
 
3月11日に発生した、東北地方太平洋沖地震による東京電力福島第一、第二原子力発電所における放射能被害は、現在なお進行形で、極めて憂慮すべき状況にあります。被災者は、地震や津波という物理的被害とともに、放射能被害が重なり、これからの生活は大きな困難が伴うことは明らかです。
被曝した多くの人たちが、これからの生活の中で放射能被害の恐怖、不安、恐れを持ちながら生きて行かなければならないという事を思うとき、私たちは、行き場の無い悲しみの気持ちを持たざるを得ません。 
地震によって今回のような事態が起こり得ることは、すでに繰り返し指摘されてきました。「止める。冷やす。閉じ込める」という原子力発電所を運転する上での基本的な鉄則が、もろくも打ち砕かれました。
このたびの地震は、確かに、現在生きている私たちがいまだ経験したことのない規模のものでしたが、地球の歴史の中では、ごく当たり前の動きだと言えます。そして、同じような規模の地震が、遠くない時期に上関あるいは島根を襲う可能性は十分にあります。地球の動きを人間が止めることはできませんが、それに備えることはできます。
もはや、原子力発電の時代は終わったことを強く認識し、これからは原子力発電に頼らないで、皆が安心して生きていける社会へとその政策を変えることだと思います。一緒に原子力発電に頼らないエネルギー政策を実行しようではありませんか。これまで、傲慢に原子力発電所の立地を推し進めてきた貴社にも大きな責任があると思いますが、この度の事故を人類社会への教訓として原子力発電から撤退しましょう。
下記の事を申し入れます。これまでの頑なな姿勢を改め、脱原子力発電の道を歩み始めることを強く求めます。


1、島根原子力発電所1号機、2号機の運転を直ちに中止し、3号機の運転開始を行わないこと。

2、上関原子力発電所の建設計画の白紙撤回を念頭に置きながら、当面計画に向けての動きを即時凍結すること。
                                   以上


                 
工事を一時中断する、という中電側の発表は以下です。
                
 平成23年3月15日
中国電力株式会社


東北関東大震災による福島第一原子力発電所等での事象を
踏まえた対応について


福島第一原子力発電所等での事象については,現在,当社にお
いても,事態の推移を注視しながら,事実関係の把握・情報収集に努めているところ
ですが,地元上関町および山口県からの上関原子力発電所建設準備工事に対するご要
請を踏まえ,以下のとおり対応することとし,本日,ご報告いたしました。


○ 当面,今回の大震災により発生した福島第一原子力発
電所等での事象について,事態の推移を見極めたうえで,地元住民の皆さまにご説明
することを最優先に取り組んでいくこととします。
○ したがって,その間,上関原子力発電所建設準備工事
については,建設予定地における作業を一時中断することといたします。


なお,このたびの福島第一原子力発電所等での事象の原因や対
策等については,今後,国レベルで徹底的な解明が行われるものと考えており,当社
としても,より安全・安心な発電所づくりにつなげてまいる所存です。

以上



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
なるほど!と思ったら下をクリックお願いします!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
さとうしゅういちのツイッター

生存ユニオン広島

生存ユニオン広島
(MIXI)
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/14437333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2011-03-15 23:03 | エネルギー政策 | Trackback