エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

自民党・広島3区・河井克行衆院議員による山下俊一トンデモ発言追及など(備忘録)

自民党の河井克行衆院議員(比例中国、次期衆院選では広島3区から立候補確実)は、2011年4月27日、文部科学委員会で山下俊一長崎大教授(当時、福島県放射線リスク管理アドバイザー)による、トンデモ発言を追及しています。









H23.04.27 河井克行議員(自民): 福島県放射線リスク管理アドバイザー山下俊一長崎大学教授の講演内容を問う(Negative)
http://tourkaba3.wordpress.com/2011/06/14/h230519-ldp-kawai3/
国会会議録:177-衆-文部科学委員会-8号 平成23年04月27日
質問者:自由民主党・河井克行議員

.
〇河井委員 自由民主党の河井克行です。
私も、今回の福島第一原子力発電所の一連の事故への政府の対応について、文部科学省を中心として質問をさせていただきたいと存じます。

- – - – - – ◇(中略)◇- – - – -    ※注:国会会議録全文はこちら ⇒ h230519 kaigiroku (.doc)

〇河井委員 委員のお一人である山下俊一長崎大学教授が、三月二十一日に福島テルサというところで講演を行いました。「放射線と私たちの健康との関係」という演題でありますが、大臣、この発言内容は御存じでしょうか。

〇高木国務大臣 詳しくは承知いたしておりません。

〇河井委員 もう、とんでもない発言のオンパレードです。
発言録がここにありますので、一部御紹介させていただきます。
科学的に言うと、環境の汚染の濃度、マイクロシーベルトが百マイクロ・パー・アワーを超さなければ、全く健康に影響しません。ですから、五とか十とか二十というレベルで外に出ていいかどうかということは明確です。いわき市で、きのう答えられました。今、いわき市で遊んでいいですか、どんどん遊んでくださいと答えました。福島も同じです。心配することはありません。ぜひそのようにお伝えくださいと。
子供たちの屋外での活動に文科省がようやく重い腰を上げた。にもかかわらず、こういう発言がその前に、まだ全く調査ができてない段階で、このようなことおっしゃった。

あるいは、枝野官房長官も、あるいは政府も、出す声明は正しいんです。値は正しい。環境の汚染、あるいは物理学的なデータは、原子力安全・保安院が出すデータは正しいんですと。
その後のさまざまな数値の変更とかレベルの引き上げ、全くそういったことに考えがいっていないようです。
きょうは雨が降っているから、ひょっとしたら放射性物質がついているかと思われるかもしれませんが、私は全然怖くありません。理由は、もう新しい爆発が来ていないからです。今ここにある放射性物質は、数日前の放射性物質がここに飛んできて、それが落ちてここにたまっておる、それだけの話ですと。
今でも放射線の放出は、毎日毎日、一秒の休みもなく継続されているのに、このような発言をされる。
こんなことを最後おっしゃる。
唯一お願いしたいのは、皆さんと我々、あるいは皆さんと県、国の信頼関係のきずなをつくるということです。我々が信じなくてはいけないのは、国の方針であり、国から出る情報ですと言い切っています。
こうも言っております。
これから、福島という名前は世界じゅうに知れ渡ります。福島、福島、福島、何でも福島。これはすごいですよ。もう広島、長崎は負けてしまった。福島の名前の方が世界に冠たる響きを持ちます。ピンチはチャンス、最大のチャンスです。何もしないのに福島、有名になっちゃったぞ。これを使わぬ手はないと。
これが、この山下俊一教授、文科大臣が任命した紛争審査委員会の委員であり、三月の半ばに福島県の健康安全についてのアドバイザーを新たに任じられた方が、地元の皆さんの前でした発言です。
これは、私が厚労省の健康局からいただいた資料であり、既にアメブロでも公開をされている。全くこれはないしょでも何でもない。これは、柳田稔法務大臣に匹敵するぐらいのとんでもない発言ですよ。
大臣のお考え、この発言は適切だと思われますでしょうか。思われるんだったら、どこがどのように適切か、お答えいただきたい。

〇高木国務大臣 私も、講演を聞いたわけじゃありませんし、まだその議事録もいただいておりませんので、ここでどうのこうの評価は避けたいと思っておりますが、福島県のアドバイザーにも任ぜられたという方でございますから、これまでの御見識は豊かな方だ、私はそのように思っております。

〇河井委員 こんなことを地元の心配に駆られた人々の前で平気で言ってのける専門家と称する方、果たして審査委員会の委員として適格なんでしょうか。大臣のお考えをお示しください。

〇高木国務大臣 私は、山下教授のこれまでの経歴等を踏まえて、適格だと思っております。

〇河井委員 大臣、今あなたが適格だと言った理由は、経歴ですか。私が今言っているのは、発言の内容ですよ。経歴じゃないんですよ、人間を判断するのは。皆さんが心配に駆られているときにこのような発言をしたことについて、委員会の所管大臣として、これは適格だとおっしゃるわけですね、この発言は。
では、大臣もそのようにお考えなんですね。今言ったことと同じようなことをあなたが考えているから、適格だと思われているわけですね。お答えください。

〇高木国務大臣 その発言を私はしっかり聞いたわけではありませんし、また、その文書をもう一回私は取り寄せたいと思いますが、今ここでコメントをする立場じゃないと思っています。

〇河井委員 厚労副大臣、中山大臣政務官、他省のことではありますが、政治家として、今のお話を聞かれて、どのような所感を抱かれているでしょうか。あなた方の方がよっぽど政治家として私はまともだと思いますよ、さっきから答弁を聞いていて。
もし、できましたら、お答えをいただきたいと思います。

〇大塚副大臣 私も、事実関係を確認してから正確に感想は述べたいと思いますが、私の手元にあります講演概要には、先生が後段でおっしゃった広島や長崎との比較のくだりはありませんので、もしそういう御発言をしておられるようなら、それは余り的確とは言えないと思います。
それから、前段の百マイクロ云々のところは私のところにもありますが、これは、私も当然三月十一日までは素人でございますが、それ以降、職責上随分いろいろな方からお話を聞いておりますが、放射性物質の影響について、かなり厳しい見方をされる方と、心配するなという見方をされる方、両方いらっしゃいます。恐らく、この山下先生は、年間百ミリシーベルト以下では医学的な影響が科学的に証明されていないというお立場に立って、百マイクロ・パー・アワーのことをおっしゃっているのではないかなと推察はいたします。

〇中山大臣政務官 先ほどからいろいろ論議を聞いていまして、一つは、科学的な根拠に基づくということが先生の一番の主張だというふうに思います。ですから、私見で物を言うことの危険性というのは、これはすごくあると思うんですね。
ですから、科学的根拠に基づいて意見を言ってもらうことが大事で、今、大塚さんからもお話がありましたとおり、余りにもこれは危険だ、何でも危険だと思う観点と、安心をし過ぎて、放射能なんか全然怖くないというような表現をする人、これは本当に私見で物を言っているんですね。だから、そこは常に科学的な根拠に基づいて物を言ってもらいたい。
そういう意味では、モニタリング等、先生の御指摘のとおり、できる限り正確に出していただいて、それに基づいてできる限りお話をする。それから、放射能についても、できるだけいろいろな学者から知見を集めて正確にお話しすることが大事だと思います。

〇河井委員 お二人から前向きな御答弁をいただきました。
最後に、私は、大臣、このようなことを平気で言ってのける人が委員会に入っている、その組織がかかわるような和解の案に福島の地元の皆さんが納得するでしょうか。私はまず、委員としての適格性を疑う。私は、こういう発言を平気でするような委員は解任をしていただきたい。そのように申し上げて、質問を終わらせていただきます。
ありがとうございました。



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/17170150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2012-01-05 06:51 | エネルギー政策 | Trackback