エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

40年で廃炉義務付け・・再稼動も輸出もさせてはいけない


結果として脱原発依存にはなります。

ただし、期間が長い。

やはり、2012年4月でいったん全て停止。

そして、原発輸出もしない。

これが責任ある対応ではあると思います。

国内でさえも事故原因もわかっていないのにそれをヨルダンやベトナムに売りつけるのは言い方は悪いが悪徳商法ですよ、野田総理。


<細野担当相>「原発、40年で廃炉」改正案通常国会提出へ
2012年1月6日 21時39分 (2012年1月6日 23時21分 更新)

細野豪志・原発事故担当相=国会内で2011年9月29日、藤井太郎撮影

 細野豪志・原発事故担当相は6日記者会見し、原発を運転開始から40年で原則廃炉とし、東京電力福島第1原発事故のような過酷事故(シビアアクシデント)対策を事業者に義務付けることなどを盛り込んだ原子炉等規制法改正案の骨子を発表した。

 原発の寿命を法律で明記するのは初めて。細野担当相は「規制のあり方の発想を思い切って転換する」と述べ、原発の安全規制を強化する姿勢を強調した。ただし、条件を満たせば一定期間の延長は認める例外を設けており、具体的な判断基準の策定や運用が今後の課題となる。改正案は通常国会に提出する。

 骨子によると、運転開始から40年を超えた原発は運転できないとする「40年運転制限制」を導入する。例外的に事業者から申請があった場合には(1)施設自体の老朽化の評価(2)施設を保全できる技術的能力−−を審査し、問題がない限り延長を承認する。

 40年で区切った理由について、細野担当相は「原発の老朽化についてさまざまな専門家の議論もあり、一つの線を引いた」と述べたが、具体的な根拠は明らかにしなかった。例外的な延長については「相当厳しいというのが大前提」と説明したが、延長を認めるかどうかの審査基準については「今後、検討する」とした。

 国内の商業原発54基のうち、40年を超えて運転しているのは関西電力美浜原発1号機、日本原子力発電敦賀原発1号機がある。

 このほか、福島第1原発事故のような「想定外」への対応として、原子炉ごとのリスク評価と公表を義務づける。さらに、従来は事業者の自主的取り組みとされた過酷事故対策も法令の規制対象とする。

 また、これまでは、運転の継続を前提に原発の耐震性の安全評価(バックチェック)を実施していたが、既存原発にも地震や津波に関する最新の知見を取り入れた基準への適合を義務づける「バックフィット制度」を導入する。【関東晋慈】



記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/17181426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from shimarnyのブログ at 2012-01-08 00:00
タイトル : 細野大臣が「原発の運転期間が法律で40年に」、脱原発はど..
この国のエネルギー政策の長期的展望が見えないまま、目先の対策に囚われ「木を見て森を見ず」とはまさにこのことである。 [6日 NHK]原発の運転期間 法律で40年に 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて見直しが検討されている国の原子力の安全規制について... more
by hiroseto2004 | 2012-01-07 13:01 | エネルギー政策 | Trackback(1)