エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

若者が無知なのは大人の責任  河野美代子先生ブログより


http://miyoko-diary.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-826e.html

中学生の妊娠⑨
 二日お休みしましたが、中学生の妊娠のシリーズを再開します。

 現場では、妊娠した中学生の状況はそれぞれ進行しています。それぞれの少女と保護者の方たちは、しんどい中で、懸命に方向を見出そうとしています。その姿に接し、いくらかのアドバイスをしながらも、やっぱりこうなる前に伝えておかなければ、と思います。

 社会では、「そんなことをする本人が悪い。そもそも中学生がセックスをすること自体が問題なのだ」と冷たく言ってしまっていますが、それなら、なぜ悪いのか、なぜしないほうがいいのか、それをちゃんと伝えなければ、と思います。それをどう伝えるか、それに悪戦苦闘しているのが、私の姿でもあります。

 でも、今の社会は、本人が悪いといいいながらも、それを伝えることすらしていません。伝えることが悪とされているからです。「伝えるとそそのかす」と。もう、いい加減、大人たちがめを覚ましなさいと思います。民主党になって、文科省が少しは変わるかと思えば、さっぱりです。(と、また、私の愚痴です。まったく、愚痴のひとつも言いたくなります)。

 さて、中学生に話すとき、まず大学病院時代に接したがん患者さんの話、「生きたい、生き続けたい、でも、病のためにその命を奪われていく、その患者さんたちと家族の方たちの話から入ります。性教育とは、命の教育です。命を考えるには、私は「生と死」だと思っています。その「死」から入ります。

 婦人科ですから、患者さんはみんな女性です。そのほとんどの方は家庭の主婦であり、母親です。一家の中で、どなたが病に倒れても、大変だけれど。それでも特に一家のお母さんが病気になって、そして亡くなってしまうかも知れないということになったとき、そのご本人と家族の方たちの話しをします。どれだけご本人が残していく子どもたちのことを考えて、闘ってきたかということを。

 そして、がん患者さんと家族の方たちの姿から多くのことを学んだ後、土谷病院に移ってからは、今度は多くの若者たちに出会いました。その若者たちに接して思うこと。

 私は、はっきりと「君たちは無知だ」と言います。特に三年生にもなると、もうすでにいろいろな情報に接して、沢山のことを知っているように思っているでしょう。何もこの寒いのに(暑いのに)、それに受験前の忙しいときに、こんな所に集められて、二時間も話しを聞かされなくったって、「もう知ってるよ」と思っているだろうと、それは私もわかっています。それでも、私は君たちは無知だと言うね。そして、性というのは、「知識はなくっても、間違った知識を持っていても行動は取れる」やっかいなものでもあります。むしろ、知らないからこそ、行動は取れる、知れば知るほど慎重になるものなのだけれど。どこがどう無知なのかは、後で言いますね。

 では、なぜ無知なのか、それは簡単なことで、私たち大人が真正面から伝えていないから。知らないということは、知らない君たちの責任ではなく、伝えなかった、我々大人の責任ではないかと考えました。それなら、なぜ私たちは、こんな大切なこと、性や体について伝えようとしないのでしょうか。それは、私たち大人が「性」をどうとらえ、どう実行して来たか、まさにそれが問われることなのですね。

 もしかして、私たちは性というものを「いやらしいこと、恥ずかしいこと、隠さなければならないこと」と捉えていたのではないか。もしそうだとすると、これは絶対に子どもたちに伝えることは出来ません。いやらしいことと捉えていたらわが子に向かって「いやらしいことを教えてあげよう」なんて、言えるわけがない。「恥ずかしいこと」と捉えていたら、言葉を口に出すことすら恥ずかしい、だから伝えられない。

 でも私は、今はそう考えていません。私たちにとって、「性」は、決していやらしいこと、恥ずかしいこととは捉えていません。これまで長い間、患者さんから学び、ご家族から学び、そして私自身勉強する中で、今、私は性というのは、「とても大切なこと」だ捉えています。そして、さらにあえていいますね。とても大切で、そして実は「いいものだ」と「素敵なものだ」と思っています。そして、私は君たちに「素敵なものを素敵なものとして実行していける」そんな大人になってほしいと思っているのです。(まだまだ続きます。)

 今日、私は日帰りで、宝塚の中学生に話しに行きます。

  その後のソニー。もう何枚も写真を撮っていますが、しつこいかなあと思ってカメラの中のみに収めています。でも、あえてこれは一昨日。この車が横断歩道にとめて、横断歩道上で荷物を降ろし、ソニーのビルの中に荷物を運んで行った、そのときにスーツ姿の社員さんが横を通ってビルの中に入っていきました。中の受付からも、ここに車が止まっていることは丸見えに見えます。私は、運送会社の運転手さんの責任にしたくはないのです。それを平然として見過ごしているソニーの問題だと思っています。この横断歩道上にタクシーを止めて、荷物をトランクにいれ、社員さんが乗り込もうとしているときに「ここは横断歩道ではありませんか」と私が言ったとき、あわてたのは、タクシーの運転手さんです。社員の方たちは無言で平然としています。その体質が私はとてもいやなのです。



みどり広島(仮称) 2012年第2回会議 
2月19日(日) 16時半から18時半 市民交流プラザ会議室A
みどり広島(仮称) 第二回会議
これまでに賛同者をさらに集めましょう!
連絡先 事務局長 さとう 090-3171-4437 
参加費:無料

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195



e0094315_1904461.gif
中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
湯崎 英彦 (yuzakihide) on Twitter
http://twitter.com/yuzakihide

とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/17244591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2012-01-20 06:54 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback