エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

女性の尊厳、ストロスカーン欧州議会招へいを中止させる

女性の尊厳、ストロスカーン欧州議会招へいを中させる


女性の尊厳、ストロスカーン欧州議会招へいを中止させる
EUオブザーバー3月21日のニュース。

ドミニク・ストロスカーンの欧州議会招へい、議員らの猛反対で、中止された。

ストロスカーン。FEM-NEWSの愛読者なら「ああ、あの強姦容疑で騒がれたフランス政治家」と思いだすだろう。

彼は、フランス社会党の重鎮中の重鎮。当時IMFのトップであり、しかもフランス社会党が推す次期大統領候補とされていた。カーンが強姦したとされるホテル・メイドの側の矛盾がつかれ、告訴は取り下げられた。しかし、メイドは民事訴訟をおこしている。さらにカーンから、過去にも性暴力をふるわれたという女性複数が出ている。

そのストロスカーン、欧州議会で国際金融情勢について演説することが決まった。その決定に対して、超党派の欧州議員が抗議をし、キャンセルとなった。

「女性への尊厳への闘いの名のもとに、ストロスカーンの招へいに反対します」とする、要請文が、数人の議員の連名で議長に出された。そうした経緯のなか、ストロスカーン自身が、欧州議会に出席することを中止すると言ってきたとされる。

中止運動を主導したのは、ハンガリーの社会党議員Zita Gurmai(女性)、ベルギーの社会党議員Véronique De Keyser(女性)。ちなみにストロスカーン招へいする企画を出したのは、EU40というグループで、若手の男性議員がメンバーだという。

女性議員の人権感覚とすばやい行動力、女性議員同士の連帯(女性は35%)、そうした女性議員らの動きに同調した男性議員たちの態度に、政治の光を見た。

■MEPs fire angry letters over Strauss-Kahn invitation
http://euobserver.com/18/115647
■http://www.vdekeyser.be/2012/03/20/veronique-de-keyser-deputee-europeenne-vous-invite-a-lire-le-courrier-quelle-a-adresse-ce-jour-a-martin-schultz-president-du-parlement-europeen-a-lannonce-de-la-visite-de-dominique-strauss-kahn/
■Percentage of men / women Members of the European Parliament
http://www.europarl.europa.eu/sides/getDoc.do?pubRef=-//EP//TEXT+IM-PRESS+20090629BRI57511+ITEM-003-EN+DOC+XML+V0//EN&language=EN

■ドミニク・カーンについての記事は以下にまとめられている
IMF元トップ告訴取り下げ
http://frihet.exblog.jp/16764738/




トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/17597502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2012-03-24 17:21 | ジェンダー・人権 | Trackback