エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「施設から在宅へ」に限界(2)

【介護・医療改定】 「施設から在宅へ」に限界
http://www.janjanblog.com/archives/63847

国は医療・福祉についてことあるごとに、「施設から在宅へ」を叫んできました。
小泉時代は単純に 予算カットのために叫ばれた感があります。

ただ、その後介護難民、医療難民、現場労働者の 惨状が重なりました。麻生政権のもと、状況は改善されました。そして、さらなる改善を掲げた民主党政権誕生の背景となりました。

 しかし、民主党も「施設から在宅へ」スローガン自体は維持している。そこから、矛盾が出るのです。

 重度者を在宅で、となると現実には莫大な人的資源、エネルギーがかかります。特に24時間体制などです。ハードなことを職員に要求するなら、給料も上げないといけない。

 ところが、民主党政権も、介護職員給料は2012年度報酬改定でも、事実上、引き上げなかったのdです。これでは、話になりません。在宅重度者の介護を担う人、在宅医療を提供する医師や看護師の不足は今後も続くでしょう。上記のことについては、繰り返し指摘してまいりました。

 実は、自立や要支援、要介護度が軽度の方も、教条的に「在宅」でいいのか、という問題があるのです。

 実は在宅(ここでは自宅)の方が地域から切り離されてしまう場合もあります。地域の中にいても、地域で孤立してしまう危険だってあるのです。その結果、認知症が進んだりしてしまう可能性もある。

 むしろ、サービス付き高齢者住宅や住宅型有料老人ホーム(法的には「在宅」ですが)に入ってもらう。

 そして、地域の若者や子どもたちとの交流ができる。もっと進めて国際交流もできる。こういうモデルももっと提示されていいでしょう。

 さらに進めて、老人ホームと、子ども向けの塾や託児所を併設し、入所高齢者で元気な人には子どもの世話をしてもらう。あるいは、農園付きの老人ホームとか、いろいろ考えられます。

 とにかく、申し上げたいのは、小泉時代以来、教条的に「施設から在宅へ」と言い募る厚生労働省の路線はちょっとおかしい、ということです。

皆さんはいかがお考えですか?国民的な議論をお願いします。

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195




乳がん患者友の会きらら


中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

NPO法人 リボン運動 がんの薬を普及する会

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/17720586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2012-04-08 19:15 | 介護・福祉・医療 | Trackback