エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

消費税引き上げが医療を滅ぼすというパラドックス

医療・福祉制度を維持するために消費税を上げるという野田総理、岡田副総理、橋本博明議員ら。

しかし、何の手当てもしないまま、消費税率を引き上げると、逆に医療崩壊を加速しかねないのです。

http://diamond.jp/articles/-/17025
1.消費税率を引き上げると、医療機関の経営が打撃を受けるというパラドックスが生じる。それは、現行の消費税制において、医療機関に仕入税額控除が認められていないためである。

2.仮に、消費税率が追加的に5%引き上げられれば、医療機関に約8000億円の消費税負担が追加的に発生すると試算され、何ら手当てがなされなければ、医療機関の持ち出しとなる

「医療も課税取引とするのが最もシンプル
 解決方法はいくつか考えられる。最もシンプルなのは、他の財・サービス同様、医療サービスを課税取引に切り替え、併せて医療機関に仕入税額控除を認めることであろう。医療サービスを非課税取引から課税取引に変更するというと、福祉の後退のようにも聞こえるが、現行の診療報酬による手当てという不透明な国民負担を、課税という透明な国民負担に変えるのだと考えれば、むしろ好ましい変更である。

 そのように消費税法を改正した上で、必要に応じ低所得者に関しては、医療機関の窓口負担軽減などを実施する。透明な国民負担となれば、対応策も練りやすい。現在でも、70歳以上の高齢者(高所得者を除く)の窓口負担は、70歳未満に適用される3割負担より軽減されており、実務的にも可能である。こちらは、健康保険法や国民健康保険法などの改正となる。まさに、社会保障と税の一体改革である。
「大綱」は「検討する」といっており、こうした案を含め、根本的かつ真摯な議論の展開が求められている。」

ということです。

■1■ 【賛同募集】「緑の党」をつくり、国会へ! 賛同者からのメッセージ公開中!
==================================

■「みどりの未来」では、2012年に「緑の党」を結成し、2013年夏の参議院選挙に
挑戦します。この大事業を多くのみなさんとともに進めるため、「呼びかけ」への
賛同者を募っています。ぜひご賛同ください!

オンライン賛同申込フォーム
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://greens.gr.jp/sandou/postmail.html
■第2次賛同者リストを発表しました(438名)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/48198076.html
■賛同者からのメッセージを公開しています
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://site.greens.gr.jp/article/52188315.html
記事へのご意見・ご感想はこちら(hiroseto(AT)f2.dion.ne.jp、(AT)を@に変えてください)へどうぞ!
下をクリックお願いします!皆様の1クリックが励みになります!




e0094315_1711491.gif
人気blogランキングへ
mixiコミュニティ さとうしゅういちを励ます
http://mixi.jp/view_community.pl?__from=mixi&id=5528364

‐‐さとうしゅういちを応援してくださっているみなさんが立ち上げてくださいました!ありがとうございます。

さとうしゅういちのツイッター

e0094315_20492750.jpg


井上さちこがんばれ!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2614195




乳がん患者友の会きらら


中川圭を励ます(MIXIコミュニティー)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5023058

みんなであたらしい広島県をつくる会
みんなであたらしい広島県をつくる会(MIXI)
とくらたかこのブログ

とくらたかこ応援団
e0094315_21534643.jpg


京野公子がんばれ!

NPO法人 リボン運動 がんの薬を普及する会

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/17747301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2012-04-11 18:44 | 介護・福祉・医療 | Trackback