エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【危険だが諦めてもいけない・・民主主義を取り戻す作業へ】

【秘密法・・危険だが諦めてもいけない・・民主主義を取り戻す作業へ】

現下の特定秘密保護法案は、危険ですから阻止しなければならない。
だが、一方で諦めてもいけない、ということです。
政府は特定秘密保護法案だけでなく、原発推進路線回帰や生活保護カット、社会保障充実さえ反故にした消費税増税を進めています。TPPも衆院選マニフェストに違反して進めている。
「選挙に勝てば何でもあり」といわんばかりの与党暴走を許していること。そのこと事態が、まともな民主主義が実はすでに失われている証拠です。特定秘密保護法はある意味、「先行実施」されているとも言えます。言い換えれば、与党は主権者をなめきっている。
もちろん、法案阻止闘争自体が「この法案に限らず、あまり暴走したらまずい」と与党に思わせることになります。

とにかく、「民主主義を取り戻す」作業こそ、これから必要なことです。今までは「眠れる獅子」だった有権者=主権者が起き上がる。
そのことが常に腐敗する権力への一番の牽制です。
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/21418471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2013-12-06 12:52 | 憲法 | Trackback