エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

ヒロシマ平和映画祭2013のご案内

ヒロシマ平和映画祭2013のご案内です。

お時間を見つけて是非、足をお運びいただければと思います。

以下のサイトを参照してください。

http://hpff2013.chobi.net/program.html

 

1212()1000

カフェ・テアトロ・アビエルト 19:00開場/19:30開始『近代を問う』

水俣病その20

1976年/43分/製作:青林舎/監督:土本典昭/製作:高木隆太郎 /撮影:大津幸四郎/高岩仁 他 /ナレーター:伊藤惣一)

原発切抜帖

1982年/45分/製作:青林舎/監督:土本典昭/製作:山上徹二郎 /企画:土本典昭 /ナレーター:小沢昭一 /音楽:高橋悠治と水牛楽団 /撮影:渡辺重治)

樋口健二写真展(原発労働者を撮り続けてきた写真家

トーク:「近代を問う」中山幸雄(アビエルト)+東琢磨(批評家、ヒロシマ平和映画祭)

 

1213()1000

横川シネマ 1)18:30 2)20:25『異郷・原発列島』

(1)『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』

(監督:森崎東/1985年/105分/キノシタ映画作品)

(2)『A2-B-C

    (監督&撮影:イアン・トーマス・アッシュ/2013年/71分)

 

1214()1000

横川シネマ 10:30上映X年後』のもたらしたもの』

(1)放射を浴びたX年後』 2012年/83分 監督:伊東英朗/プロデューサー:大西康司/製作著作:南海放送

 

1650~参加自由、無料

(2)広島県立大学サテライトキャンパス

トークセッション

X年後』のもたらしたもの

伊東英朗監督、平尾直政(テレビドキュメンタリスト)、高橋博子(広島市立広島平和研究所)ほか

未公開映像などの参考上映もあり。

 

1215()1230~(1)(2)(3)各1000円、通し券2500

浄土真宗本願寺派 応時山 眞光寺 12:00開場/12:30開演

ファイナルプログラム 『異郷・東日本大震災 光と闇』

(1)1230断章/大槌の風景 自然とともに 』(201355分/監督:大久保愉伊

(2)1345東日本大震災 東北朝鮮学校の記録2011.3.15-3.202011/67/制作:朴思柔&朴敦史~コマプレス

    After School 東北朝鮮学校の記録 part.220112013/70/制作:朴思柔&朴敦史~コマプレス

(3)1700土徳流離~相双地方復興への悲願撮影経過報告(20122013/60/監督:青原さとし

 

(4)18:30〜 総合トークセッション
大久保愉伊×朴思柔&朴敦史×青原さとし×田代一倫×笹岡啓子 他多数、観客参加OK

(5)
フェアウェル・パーティ

田代一倫写真展『はまゆりの頃に 三陸、福島 20112013
12/15
、眞光寺本堂にて開催(無料)
写真家、田代一倫さんが、2011年の震災後から、2013年春までの2年間、三陸、福島に通い続け、およそ1000人を超える人々を撮影し続けた。新人写真家にはあまりにも高い山を昇ろうとした、史上類のない写真群の一部を展示。

各回監督トークあり。
(1)
(3)各回1000円、通し券2500円/(4)無料/(5)実費程度


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/21439538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2013-12-11 20:36 | イベント情報 | Trackback