エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【原発、増税、派遣拡大法案・・国の暴走から県民を守るヒロシマ庶民革命を!

【原発、増税、派遣拡大法案・・国の暴走から県民を守るヒロシマ庶民革命を地方選で】
わたくし・さとうしゅういちは、12月13日(金)夕方、広島市安佐南区古市橋駅前で政治フェスを実施しました。
経済産業省前や官邸前の反原発デモ、日比谷での弁護士会呼びかけの格差是正の集会に連帯しました。

主な主張は以下です。
1、どさくさ紛れの原発推進素案に未来なし。

経済産業省は、特定秘密保護法案のどさくさに紛れ、原発をベース電源にするというエネルギー計画素案を発表した。
自民党は一年前、曖昧な表現ながらも「脱原発依存」は掲げたはずなのに、それさえ無視し原発依存へ突き進もうとしている。福島の収束のメドさえ立たないのに、核のゴミもどうにもならないのに、無責任だ。むしろ、しっかり原発廃止を打ち出し、民間サイドも廃炉や省エネルギー、環境負荷が低いエネルギーなどの分野でビジネスするよう、戦略がたつようにした方が未来が開ける。

2、消費税増税で殴り倒して助け起こすふりをするなら、最初から殴り倒すな

政府は、消費税増税のダメージを和らげるかのように補正予算5.5兆円を発表した。しかし、これはいわば、増税で殴り倒しておいて、経済対策で助け起こすふりをするような話だ。経済対策の中身も大手企業中心の減税や、東京や外国の大手企業ばかりが儲かるような大型事業中心。庶民は、臨時国会で決まった社会保障プログラム法案で、社会保障は削られ、踏んだり蹴ったりだ。消費税増税が社会保障のためなんて大嘘。さらに、消費税増税で経済が冷え込み、税収は却って長期には減ったのが、前回の消費税増税の教訓だ。私たち緑の党は、金融取引税などをまずやるべきだと考えている。グローバルグリーンズの、ネットワークを活かし、世界経済安定化と税収の一石二鳥を実現する。

3、派遣拡大法案ではなく、均等待遇を
厚生労働省の審議会では、正社員を全部派遣に置き換えてもOKになり得る派遣法改悪の骨子がまとまった。派遣が、助っ人ではなく、普通の働き方になってしまう。派遣社員の待遇改善もなく、正社員も派遣社員も踏んだり蹴ったりの内容だ。今、必要なのは、欧州では当たり前の均等待遇だ。欧州では国によっては派遣は不安定なぶん、時給は高めにする国もある。

4、2015統一地方選で国の暴政にストップ!
政府の暴政にストップをかけるすべは国政選挙が当分ないから、ないとあきらめている人もおられるが、あきらめてはならない。
県民、市民を代表して、国の暴政に待ったをかけるのも地方自治体の役目。統一地方選、特に県議選では、仁徳天皇を見習い、自分の報酬カット、海外旅行中止で、襟を正した上で、国に、原発をつくるな、庶民をいじめるな、と意見する県議を送り出すヒロシマ庶民革命を断行しよう。ナゴヤでできた庶民革命、野球やサッカーはナゴヤより強いヒロシマができなかったら恥ずかしいし、悔しいではないか?

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/21447286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2013-12-13 20:11 | 政治フェス | Trackback