エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

公務非常勤の画期的な判決!福岡高裁

公務非常勤の画期的な判決がありました。
大分で闘っていた人がいたのですね。
均等待遇が認められた初勝利ではないでしょうか!!!
これまでは、公務非常勤が勝訴したパターンは「人格権侵害」などにかぎられていました。(昭和町事件など)
...
@読売新聞 12/12

非常勤でも「勤務条件から一般職」…逆転判決
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131212-OYT1T01048.htm?from=tw

大分県中津市の市立中学校図書館で非常勤の司書として33年間勤めた男性(60歳代)が、勤務時間や日数など一般職と同様に働いたのに退職手当を支給されないのは違法として、市に約1090万円の支払いを求めた訴訟の控訴審判決が12日、福岡高裁であった

 古賀寛裁判長は「勤務条件などから一般職に当たる」とし、請求を棄却した1審・大分地裁中津支部判決を取り消し、市に全額の支払いを命じた。

 判決によると、男性は1979年4月から週5日、午前8時から午後5時まで勤務。1年ごとに雇用契約を更新し、2012年3月に退職した。だが、市の退職手当は条例で一般職を支給対象としており、男性には支払われなかった。高裁は「地方公務員法は、勤務条件などから一般職か否かを判断するよう規定しており、市は法解釈を誤った」と指摘した。

 中津市の広畑功教育長は「判決文を見ておらず、コメントできない」としている。

(2013年12月12日22時10分 読売新聞)

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/21451957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2013-12-15 01:56 | ジェンダー・人権(裁判) | Trackback