エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【「えらい人」の命も守る民主主義・立憲主義】

【「えらい人」の命も守る民主主義・立憲主義】
北朝鮮では、金正恩が叔父でNo.2の張成沢を粛清する恐ろしい事件がありました。
歴史的には、逆に明の建文帝が、叔父の燕王(永楽帝)に打倒され、在位した痕跡すら徹底的に消されるという事件もありました。
民主主義や立憲主義とは、一般国民だけでなく、「えらい人」に取ってもありがたいことだということを、北朝鮮の現在も、専制王朝だった明での事件も示していると思います。
弾圧とそれへのリアクションとしての恨み、そしてさらなる不信の連鎖から、「えらい人」もヒヤヒヤする。いつ自分が討ち取られるか、わからないから。
打倒されても、たかが選挙で落選するだけで、また復活の目もあるから。

いま日本で「えらい人」たちも、忘れてはいけないことがあります。

民主主義や立憲主義を破壊する立法行為、行政行為へ暴走することは、自分の首を絞めるだけだということを。
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/21457225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2013-12-16 12:18 | 憲法 | Trackback