エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【自民党が政権に復帰する前に企業団体献金を禁止しておけば良かった】

【自民党が政権に復帰する前に企業団体献金を禁止しておけば良かった】
民主党政権でわたしが一番、悔やまれるのは、「三年以内に企業団体献金を禁止」というマニフェストを実行しなかったことです。
自民党というのは、近代政党ではなく「冷戦と右肩上がり経済を前提とした反共利権分配集団」が本質です。冷戦終了、右肩上がりが終了した時点で歴史的にはお役ごめん、だった。

そして、「ガラガラポン」で、政策と理念で政界再編されないといけなかった。

そのためには、自民党が政権から転落した時点で、企業団体献金禁止で、兵糧を断つ。
そして、自民党の議員も、理念や政策で、再編されればいい。政策も理念もない古色蒼然たる利権分配しかできない議員は、自然に有権者に打倒されるでしょう。
企業団体献金が禁止されていたら、保守系が政権を取り戻しても、たとえば、派遣労働無制限拡大などのここまでひどい大手企業寄りの案はでてこないでしょう。
また、銀行に遠慮して東電を中途半端に温存することもないでしょう。もちろん、大企業幹部も個人献金はできるなど抜け穴はあるでしょうが、個人としてなら額もたかが知れています。
次にできる非自民政権は、企業団体献金禁止は実行すべきです。
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/21458647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2013-12-16 19:51 | 選挙制度・政治改革 | Trackback