エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【打倒すべき悪しき政治文化1】

【打倒すべき悪しき政治文化1】
日本の政治を良くするために、有権者の皆さんにも改めていただきたいことがあります。

ズバリ、「国会議員に県議の仕事を、県議に市議の仕事を、市議には町内会長の仕事を期待してしまう」政治文化です。これは止めていただきたい。

その結果、本来議員が国会議員なら法律、県議なら県の条例、市議なら市の条例の制定や改廃の立法作業や、予算とそのチェックなどに手が回りにくくなる。

有権者の代わりに議論するという「議員」本来の役目ができなくなる。

議員側ももちろん問題があります。

支持組織のしがらみにとらわれ、極論すれば何もできなくなる傾向があります。

「議員」なのだから、議論するのが仕事でしょうに、それをしない議員が多い。

下手に何か言えば、票が減ると恐れている。

ただ、有権者の皆さんもなおさら、「自分と違う意見を言う議員を打倒するのではなく、理念も政策もない、何も議論しない議員こそ打倒する」という心構えが必要です。
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/21462552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2013-12-17 18:52 | 選挙制度・政治改革 | Trackback