エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

3年足らずで3回の知事選とういう異常事態

【3年足らずで3回の知事選とういう異常事態】
猪瀬直樹東京都知事がついに辞任するそうです。
今日、自民党都連会長が安倍総理に呼び出され「オリンピック準備に支障がないよう、早急に対応するように」指示されたというニュース、また、石原慎太郎維新共同代表も猪瀬知事に会ったというニュースを見て、自民党も維新も完全に猪瀬知事を見捨てた、と感じたので、やはり、という感じです。
しかし、2011年4月、2012年12月、そして2014年1月?と、わずか3年足らずで3回の知事選が行われる始末。
何でこんなことになってしまったのか?東京都は、わたくし・さとうしゅういちも、大学までの20数年間を過ごした事実上の故郷です。ちょっと情けないです。

 猪瀬さんは、自民、公明、維新、連合東京が事実上オール与党で支援したわけで、そのことについては、責任はまぬかれますまい。

 また、都民に皆様におかれては、今度は、こんなことにならないよう、お願いしたい。

 一方で、都知事の不祥事騒ぎで、自民党政府による暴走(特定秘密保護法、原発推進に転じたエネルギー政策、労働者派遣法改悪、社会保障切捨て・増税の一方でのばらまきという「経済対策」など)がうまい具合に報道の前面から引いた感がします。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/21467601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2013-12-18 23:50 | 地方自治 | Trackback