エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

思ったより深刻かもしれない、総理参拝の悪影響

社会、芸能、スポーツ、海外などニュース速報に加え、エキサイト独自の明日使えるコネタ、びっくりニュースも配信中。
アメリカにさえも、何度も思いとどまるよう、メッセージを出されていた安倍総理。

それを振り切ってでも靖国へ参拝しました。

一国の総理としてどうだったのか?

悪影響が、ますます広がっています。

防衛相同士の電話会談も中止で、しかも「靖国参拝が影響」していると防衛相関係者も認めているという。

民主党政権は、外交でもつまずいた。だから、自民党に戻った。

だけど、自民党になったら民主党以上に、中国、韓国はもちろん、米欧からも反発を買う行動に走っている。

自民党と言うのは、経済・外交の手堅いイメージで政権に復帰した面もある。

だが、実際には、内政では、衆院選マニフェストさえ破って原発推進へ回帰。派遣労働の拡大や社会保障切捨てと増税をセットで進める。そして外交では、靖国参拝で無用の波紋を起こす。

特定秘密保護法にしても、アメリカのマスコミやNGOなどからはかなり懸念が表明されています。
特定秘密保護法と靖国がセットになれば、アメリカなど民主主義国家に対して挑戦することになるのではないか?
アメリカの意図さえ乗り越えて、安倍総理は暴走する。
確かに、これまでの日本は過剰なまでにアメリカの言うことを聞きすぎた。というより、自主性がなかった。
だからといって、今度は勢い余って、どの国も的に回し溜飲を下げるようでは「羹に懲りてなますを吹く」の典型です。
普段は押し黙って言うことを聞いておいて、ある日突然爆発。孤立する中で、いよいよ、世界の悪者に日本がなってしまうのか?

それとも、アメリカに怒られて、大慌てで、今まで以上に、アメリカに金を献上するなど「忠勤」に励むのか? 

どちらにせよ、国民にとって良いことは全くありません。
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/21501524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2013-12-27 23:51 | 国際情勢 | Trackback