エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【片目失明者に障害認定を!~誰もが置きざりにされない社会へ~クオータ制の実現をめざす会・ひろしま総会記念講演】

【片目失明者に障害認定を!~誰もが置きざりにされない社会へ~
クオータ制の実現をめざす会・ひろしま総会記念講演】

日時・2014年6月28日(土)14時
場所・広島市男女共同参画推進センターゆいぽーと四階研修室1(広電鷹野橋徒歩3分)
http://www.yui-port.city.hiroshima.jp/
〒730-0051
広島市中区大手町5丁目6番9号
[TEL]082-248-3320
[FAX]082-248-4476
講師・久山公明さん(片目失明者友の会代表)
https://www.katame.org/
内容・片目失明者を障害認定へ!厚労省要請行動報告
片目失明者は、片方の視力が0.7以上だと、障がい者として認定されません。
しかし、現実にはさまざまな不便に直面しており、就職などにおいても制約があります。
一方で障がい者としての支援はなく、義眼などの費用負担は重くのしかかります。
こうした制度の谷間に置かれた不条理に対して、広島から久山公明さんが立ち上がり、片目失明者友の会を結成しました。
そして、署名活動を全国各地で行い、厚生労働省に署名を提出します。
「クオータ制の実現をめざす会」は、片方の性が四割を意志決定過程で下回らないクオータ制度の実現を目指しています。
しかし、その本来の趣旨は、「困っている人の声が切り捨てられない世の中にする」ということにほかなりません。
今回は、今まで置きざりにされてきた片目失明者の先頭にたっておられる久山さんをお迎えし、会の活動について詳しくお話をうかがいます。
そして、誰もが置きざりにされない社会にするにはどうしたらいいか?共に考えましょう!
連絡先:さとう 090-3171-4437 facebook :satoh.shuichi

久山公明さんプロフィール
1950年3月1日生まれ 64歳
1968年3月年柳井学園高等学校普通科卒業
1972年3月亜細亜大学法学部法律学科卒業
会社員として営業一筋に渡り歩き現在に至る。
現在任意団体NPO片目失明者友の会代表 全国の会員数北は北海道から南は沖縄迄360名
公明写真.jpg

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/21978946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-05-10 14:22 | 片目失明者友の会 | Trackback