エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【血を流して獲得した民主主義を守ろうという気概にはひと安心・・韓国野党も産経記者起訴を批判】

【血を流して獲得した民主主義を守ろうという気概にはひと安心・・韓国野党も産経記者起訴を批判】
産経記者が朴槿恵大統領の名誉を毀損したとして起訴されました。これについて、韓国の最大野党が批判したことには安心しました。韓国の民主主義は、特に1980年代末、何十年の紆余曲折を経て、それこそ、血を流して、韓国の皆さんが獲得された貴重な財産です。わたくし・さとうしゅういちも、2009年7月に韓国の男女共同参画を視察し、そのことは実感しました。韓国の女性運動は、血を流した民主化の延長上なので、極めて気合いが入っています。日本の女性も頑張ってはいますが、特に政治面では韓国の女性運動はすごいと感じました。

産経記者への弾圧を容認すれば、次は、これが先例になり、我が身だ。そんな危機感も感じられます。

わたしは、原発問題をはじめ、産経新聞と見解を異にすることが多いです。

しかし、だからといって、韓国検察による言論弾圧は許してはいけないと思います。

朴槿恵大統領も、くれぐれもお父様がされたような人権侵害を復活させないよう、お願いいたします。
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22461649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-10-10 17:51 | 憲法 | Trackback