エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

長時間労働是正なき「女性活躍」も「イクメン」も無理ゲーだ

【長時間労働是正なき「女性活躍」も「イクメン」も無理ゲーだ】
「女性活躍」も「イクメン」も大変結構です。
しかし、それと同時に「長時間労働是正」こそ今の日本では必要ではないでしょうか?
もっといってしまえば長時間がんばりさえすれば何とかなるという一昔前までの成功体験に基づいた気風をなんとかしないといけないのではないでしょうか?

長時間労働是正なくして、「女性活躍」も「イクメン」といわれても、多くの女性や男性にとっては、スーパーウーマンやスーパーマンを強いる無理ゲー(クリアするのが無理なゲーム)を強いられるように見えるのではないでしょうか?

長時間労働者比率は、日本は韓国以外ではOECDでトップ。

こういう状況を放置しておけば、男性は疲弊します。家事・育児をしたくてもできないということになりかねない。
女性だって、正社員でなおかつ出世をするということにしり込みするでしょう。女性管理職比率を引き上げるのも難しくなります。
女性管理職を増やすなと言っているのではありません。女性管理職が増えることで職場の雰囲気が変わる可能性もありますが、一方で、特に残業代が出ない管理職について、長時間労働を率先してする雰囲気があると、女性が出世にしり込みをしてしまう、ということです。

e0094315_21451828.gif
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3080.html

そして、これからは、介護を必要とする親を持つ労働者も増えてきます。そうなると、長時間労働を放置していたら、職場は持たないでしょう。

「長時間労働が日本をダメにする」小室淑恵氏が提案する、育児と介護の解決策
http://logmi.jp/2824/

「今、韓国、中国、シンガポールやタイは、人口のボーナス期といって、若者が非常に多くて高齢者が少ない。つまり社会保障費が少なくて済むので、経済的に発展しやすい時期にあるんですね。

しかしこの後必ず、少子化になり、人件費が高騰し、成熟期に入ります。そうすると、日本が今そうであるように、時間をかけて成果を出すタイプの仕事では、国際競争力を失ってしまいますから、この高い人件費の中で短い時間で高い付加価値を出すというビジネスに転換しないと、成熟期の国は生き残れないんですね。

今、日本がはたしてこの転換を図れるのかどうかということは、アジアの国々に次の働き方を示していけるのかどうかという、とても大切な役割を担っていると私は思っています。だからこそ、皆さんの力をぜひ貸していただきたいんです。皆さんの身の周りの方に、少しずつでいいんで、啓発していただきたいんです。」

上記の小室淑恵さんが提案される方向へ、日本を転換しなければならない。


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22473648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-10-14 22:00 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback