エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

行政は居住可否を早期判断を!宙ぶらりんの八木・緑井地区の被災地 つくだ守生さんからの報告

広島土砂災害で、自らも安佐南区緑井8丁目で被災した広島県議選(2015年4月12日執行予定)予定候補のつくだ守生(突田守生)さん。

八木や緑井の被災地の被害は相当のものがありました。「この場所に住み続けていいのかどうか?」という不安を多くの方がもっています。
しかし、行政の判断が出ないために、中途半端な状態で民家が放置されています。

10月22日に、政府との交渉を行いました。しかし、この点については政府は明言を避けました。

https://www.facebook.com/morio.tsukuda/posts/526955620774409
今朝の八木や緑井地区です。この場所に今後も住み続けてよいのかどうか行政が判断しないため、民家など放置された状態は深刻。私つくだは10月22日に上京した際に、この問題をどうするのか政府にただしたら、のらりくらりで何も答になっていませんでした。
e0094315_18130186.jpg

e0094315_18122490.jpg










トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22515881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-10-26 18:16 | 広島土砂災害(広島豪雨災害) | Trackback