エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

外交迷走の挙げ句、言うべきことを言えなくなるのが最悪だ

安倍政府の閣僚が靖国参拝をしたり、ヘイトスピーチ団体と関係が深い→日本は戦後体制否定と思われ、居心地が悪くなる→言うべきことがある時も萎縮・・→国内の不満高まる→そらすために意固地になって靖国参拝など(一方で相変わらず外交で言うべきことを言えない)

日本はこんな無限ループに陥っていませんか?

アメリカによるTPPを仕上げとする構造改革要求。

中国漁船による珊瑚密漁。
前者は、民主主義にグローバル企業を優先させる暴挙です。
後者は、持続可能な世界への資源管理を台無しにする暴挙です。

日本は、これ以上、「第二次世界大戦後のルール」を破壊するのではないか、という印象を振り撒いてはいけない。
なぜならば、その結果として、民主主義や環境を守るため、大国にももの申すという、「まともな行動」もとりずらくなっている感があるからです。
アメリカは、民主主義にグローバル企業の利益を優先させる行動をやめるべきだし、中国は資源管理を台無しにする自国民を取り締まるべきである。
しかし、日本も、戦前復帰イメージを振り撒いて、自らの首を絞め、言うべきを言えなくなる事態は避けなければならない。残念ながら、安倍政府は、日本の首を自ら絞めつつ、言うべきことを言えなくなる方向に突き進みつつあります。
トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22542824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-11-05 07:10 | 新しい政治をめざして | Trackback