エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

稼働しなくても危険だが、稼働していればさらに危険な原発

広島ブログ

時々、街頭などでも、ご質問いただくことがあります。

それは「原発は稼働していなくても危ないのではないか?だとしたら再稼働反対に意味はないのではないか?」ということです。

これに対して、ご回答したいと思います。

確かに今回の福島原発事故の4号機建屋の爆発は、使用済み核燃料プールの冷却水がきかなくなったことによるものであり、
稼働していない原発の危険性を証明しました。






一方、福島原発事故による放射能放出のもっとも大きな要因は、稼働中の2号機が空焚き状態になって、原子炉に直結した圧力抑制室が破壊されたことによるものです。
過去2度の深刻な原発事故(スリーマイル、チェルノブイリ)でも、やはり稼働中の原発の制御に失敗したものでした。

これらの事実は、稼働している原発の制御の困難さと、それに失敗した場合のリスクの大きさと事故の深刻さを証明するものです。

稼働し続けることは、「稼働していなくても危ない」要因の一つである使用済み核燃料を増やし続けることを意味し、リスクを2重3重に拡大することになります。

今回の4号機事故の要因となった使用済み核燃料プール問題については、使用済み燃料の「乾式貯蔵」方式を主流とすることも模索されています。
これも容器の健全性など課題がありますが、少なくとも4号機の事故のようなリスクの低減にはつながります(ただし、乾式の場合もその前に一定期間プールでの冷却が必要とされています)。

また、単に原発本体の危険性だけでなく、原発推進政策と「核燃料サイクル」には、ウランの採掘場での環境破壊や健康被害、再処理・最終処分などの危険性と困難など、現段階でそれらから撤退してもなお解決しなければならない課題が山積しています。
見通しの立たない構想にしがみつき、「稼働していなくても危険」だからと言ってこれ以上解決を先延ばしにして問題を深刻化させるのではなく、ただちに一連の政策を停止させ、その問題解決のための科学的・技術的・政策的研究や検討にこそ、十分な予算や社会的・政策的資源を充てる必要があります。

稼働していない原発も危険だからと言って、「脱原発に意味がない」ことにはならないと思います。

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一












トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22592619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-11-23 17:45 | エネルギー政策 | Trackback