エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「原子力損害の補完的補償に関する条約」(CSC)のあまりに拙速な国会承認に抗議

広島ブログ
(以下転載、拡散希望)
みなさま(重複失礼します)

FoE Japanの満田です。連投失礼します。

過日、日本の加盟が国会で承認された「原子力損害の補完的補償に関する条約」
(CSC)に関する抗議声明を、グリーン・アクションのアイリーン・スミスさんのご尽力
で英訳しました。

本条約の問題点を国際的に伝えていくためにも、また、日本の市民社会の反対を
示していくためにも、国際発信していくことが重要だと考えています。

つきましては、この声明に賛同していただける団体を募集いたします。
12月1日(月)までに、下記のフォームより、団体の英語名などをご連絡いただ
ければ幸いです。
https://pro.form-mailer.jp/fm/admin/do/CodeManage/code/68745

呼びかけ:グリーン・アクション、FoE Japan

以下に抗議声明の和文および英文を貼り付けます。

声明
Declaration / Statement

原発輸出を促進し、原子力ビジネスを手厚く保護する
「原子力損害の補完的補償に関する条約」(CSC)の
あまりに拙速な国会承認に抗議

In protest of the hastily rushed Diet approval of the “Convention on Supplementary Compensation for Nuclear Damage” (CSC), which heavily protects the nuclear power industry and encourages nuclear exports.

11月13日、「原子力損害の補完的補償に関する条約」(CSC)への加盟が参議
院で承認されました。安倍政権による衆議院解散の日程に合わせて、多くの問題
を議論せぬまま、日程を前倒しにして進められた本日の採決に、強く抗議します。

November 13 2014, the “Convention on Supplementary Compensation for
Nuclear Damage” (CSC) was ratified by the House of Councilors. We
strongly object to today’s vote to approve this treaty, without any
discussion of its numerous problems, rushed through to accommodate the
schedule for dissolving the Lower House of the Diet by the Abe
administration.

本条約は、福島原発事故の教訓を踏まえないまま、原発輸出を促進するものです。

The treaty promotes the export of nuclear power technology without taking in the lessons of the Fukushima accident.

具体的には、以下の問題点が挙げられます。

Specifically, we raise the following issues:

1. 原発メーカーの賠償責任を免責されること。結果として、原発輸出が促進されること。

1) The exemption of nuclear power technology vendors from liability/responsibility for reparations. This will result in increased export of nuclear power technology.

2. 一定額以上の原子力損害賠償を国際的に支援する枠組みであること。これによって、事故を起こした原子力事業者に利すること.

2) The use of international funds for nuclear accident damage compensation above a fixed amount. This serves to benefit the nuclear technology vendors who caused the accident.

3. 「1.」「2.」の結果として、原子力ビジネスに携わる主体が、利益のみを得てリスクをとらずにすみ、モラルハザードが引き起こされ、原発輸出が加速されること

3) As a result of items 1 and 2, parties involved in the nuclear energy business only profit, without taking on any risk ? leading to moral hazard and the acceleration of nuclear exports.

4. 原子力損害賠償の項目に一定の制限がかけられ、多岐にわたる原子力損害賠償が支払われない可能性があること

4) By placing fixed restrictions on items eligible for nuclear accident compensation, it becomes likely that divergent claims for reparations will go unpaid.

5. 日本の原子力損害賠償法で採用されている「無限責任」(いかなる額になろうとも原子力事業者は賠償を支払わねばならない)原則が採用されておらず、損害賠償額に一定の上限が設けられる可能性があること

5) By failing to adopt the principle of “unlimited liability” in Japan’s Civil Liability for Nuclear Damage Act governing nuclear power damages compensation (i.e. nuclear power technology vendors must pay an unrestricted amount of compensation), it opens the way for the establishment of a cap (maximum limit) for payment of damages.

6. 原発事故が国境を越えて広がるのにもかかわらず、裁判管轄権が事故発生国に集中されるため、原発事故を起こした当該国でしか裁判を行えないこと

6) Despite nuclear accident damages extending far beyond national borders, legal jurisdiction is focused in the nation where the accident originated, meaning a case can only be brought to court in that particular country.

7. 「4~6」の結果として、原子力事故の被害者が保護されないこと

7) As a result of items 4 ? 6, the victims of nuclear power accidents are left unprotected.

東京電力福島第一原発事故においては、原賠法(原子力損害の賠償に関する法律)による責任集中原則により、東電が一義的な賠償義務を負っていたのですが、実際は、「原子力損害賠償支援機構」という仕組みにより、そのツケは、消費者や納税者が負うことになってしまいました。

According to the Civil Liability for Nuclear Damage Act based on the principle of concentrating primary liability for damages, Tokyo Electric Power Company (TEPCO) is the principle party responsible for compensating damages resulting from the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident. However, in actuality, due to the system set up under the Nuclear Damage Compensation Facilitation Corporation Act, the burden is having to be borne by the consumer and taxpayer.


このような「無責任」体制を国際的に広めるのがこの条約です。

This treaty extends internationally this type of irresponsible system.

原発はそれだけ危険で、非効率な発電システムであり、公的な手厚い保護なしには成り立たないのです。

Nuclear power is in and of itself a dangerous and non-efficient system for supplying electricity. It cannot exist without lavish public protection.

この国会での拙速な審議も、国会が国際的な「原子力村」の便宜を図っているとしか見えません。

Rushing through this treaty’s approval during this Diet session can only be seen as accommodating the “nuclear village”.

いまだに収束のめどがたたない福島第一原発事故。多くの人たちが故郷を失いました。

The Fukushima Daiichi accident is ongoing with no end in sight. So many people have lost their homeland.

日本が輸出するべきなのは、この反省に学び、持続可能なエネルギー構造を実現させるための知恵や仕組みや哲学ではないのでしょうか。

What Japan should be exporting instead, based on this experience, is the wisdom, system, and philosophy for realizing a renewable energy system.

私たちは、福島原発事故の教訓を踏まえ、原発輸出に反対していきます。

We will, with many others, the opposition of nuclear technlology export,based on the lessons learned from the Fukushima accident.

問い合わせ先:国際環境NGO FoE Japan
担当:満田(090-6142-1807)
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9 Tel:03-6909-5983 Fax:03-6909-5986




「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一












トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22602175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-11-26 22:24 | エネルギー政策 | Trackback