エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

緑の党大阪府本部、服部良一さん(社民元職)と政策協定【大阪8区】

広島ブログ
緑の党大阪府本部は大阪8区(豊中市)で服部良一さん(社民党・元職)と政策協定を結び、推薦することになりました。

これにより、幅広い市民運動にかかわる人も含めて、服部さんを超党派で押し上げていくことが期待されます。

一つでも二つでも多くの選挙区で、こうした動きが広がることを期待します。

服部さんは、現在も、沖縄の基地問題や秘密保護法廃止の市民運動の要として活動されています。


◆協 定 書

緑の党グリーンズジャパンと、服部良一 (社会民主党所属)は、第47回衆議院議員選挙(2014年12月14日執行)大阪第8選挙区の小選挙区選挙において、以下の通り協定を結ぶ。

1-1)服部良一は当選後、衆議院議員として、緑の党グリーンズジャパンの諸理念を尊重し、特に以下にあげる項目についてはその実現を目指して国会議員活動を行うものとする。

1-2)上記の合意に達したため、緑の党グリーンズジャパンは服部良一候補の選挙支援を行う。


○ 脱原発  原子力発電に関しては、国内の原発の再稼働および原発輸出に反対し、可及的速やかな原子炉の廃炉と可能な限り安全な放射性廃棄物の処理方法の確保、化石燃料使用量の漸進的な低減と再生可能エネルギー/省エネ技術の促進にむけたあらゆる政策を実施する。また原子力技術の海外供与、放射性廃棄物の国外移送は行わない。

○ 消費税  法人税減税や、所得税、金融所得課税等での高所得層優遇を行なう一方、社会保障の充実や格差拡大への対応がないままの消費増税はやめること。

○ 非暴力・平和  憲法9条の堅持の立場を明確にし、その理念を実現するために平和外交政策を展開すること。集団的自衛権に反対すること。日本における米軍基地の新設に反対する。また同時に危険性の高い既存基地の早期撤廃と、沖縄県民の意思を尊重した形での沖縄における米軍基地の負担低減につとめる。

○ 秘密保護法  秘密保護法の施行に反対すること。







「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一












トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22604679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-11-27 21:40 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback