エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

映画『Saving10,000-自殺者1万人を救う戦い』上映会&トークイベントチラシ完成

12/20映画上映会チラシ完成
http://ameblo.jp/mira1105/entry-11957547904.html
やっと、やっと12月20日の映画上映会のチラシが完成しました…





準備がかなり遅れてて、広報が全然出来てなくて焦っております泣

これから頑張ります。


やりたいこと、やらなくてはいけないことはたくさんあるけれど

身体は大きいけど、一つしかなくて、時間もお金もなく

情けないけど、貧乏暇なし状態。

言い訳している場合ではありませんね。


過去に何度かイベントしているから何とかなるさ、

という甘えもあるかもしれませんが。それは禁物。


映画ももちろんですが、その後のトークイベントは、

ありがたいことに豪華で素敵なゲストの方にお越し頂くことになっております!


12月の年末に忙しい時ですが、

みなさま是非ともどうぞお越し下さい!


以下転送転載大歓迎♪♪




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



映画『Saving10,000-自殺者1万人を救う戦い』上映会&トークイベント




2012年、日本の自死者数は15年ぶりに年間3万人を下回りしましたが、

依然として自死率ではアメリカの2倍、ギリシャの7倍です。



自死の影響を受けるのは家族だけではなく、その周辺にいるひとたち、友人や恋人、職場、近所の人たちも心理的な影響をかなり受けると言われています。




映画『Saving10,000自殺者1万人を救う戦い』はアイルランド出身のレネ・ダイグナンさんが働きながら休日の時間を使って、3年かけて撮影されたものです。

マスコミ取材や、各所で行われた上映会には多くの人が詰めかけるなど、自死問題に対する関心の高さが伺えます。




映画上映後、多彩なゲストとパネルディスカッションも行います。

みなさま、どうぞお越し下さい。




日時:2014年12月20日(土)16時~19時(開場15時30分)



場所:早稲田奉仕園リバティホール 新宿区西早稲田2-3-1 http://www.hoshien.or.jp/map/map.html

    (地下鉄東西線早稲田駅徒歩5分)




定員:80人



参加費:1,000




申込要:info@serenity-n.com



トークイベントゲスト


・人材育成コンサルタント 辛淑玉さん

・国際人権NGO ヒューマンライツ・ナウ http://hrn.or.jp/ 事務局長 伊藤和子さん


・自死遺族支援弁護団 和泉貴士さん




お問い合わせ:NPO法人Serenity (e-mail info@serenity-n.com )




主催:NPO法人Serenity(セレニティ)(自死遺族への差別偏見の問題を考えるNPOです)
  東京都新宿区本塩町7番地新井ビル一階 コミュニティ・オフィスフロー 



HP http://serenity-n.com/   Blog http://ameblo.jp/mira1105/


トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22634299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-12-08 21:07 | ジェンダー・人権 | Trackback