エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

松井広島市長による買収疑惑は究明されず、辞職勧告は否決【広島市議会12月議会】

広島ブログ
広島市議会12月議会は12月18日、閉会しました。

松井一実市長が2011年4月執行の広島市長選挙で初当選した際、松井派の自民党市議がお金を配ったり、市長が安佐市民病院の移転問題で利益誘導したとされる疑惑を、藤田博之議員(市長選松井市長と距離を置く自民党議員らでつくる会派「市政改革ネットワーク」)が12日の本会議質疑で告発。これに対して、松井市長を今でも支える会派「自民党」母谷龍典市議らが、藤田議員の発言を根も葉もないことだとして、懲罰動議を提出。藤田議員はこの懲罰動議に対して、「侮辱」だとして処分を要求。一方で、藤田議員は、誰がお金の授受にかかわったかについては「墓場まで持っていく」として、開示を拒否しています。
また、松井一実市長に対しては、もともとは市長を支えていたが、今はアンチ市長に回っている自民党議員らでつくる「保守クラブ」の議員らが「8月20日の豪雨災害時に、大被害が出て、広島県知事はすでに出動していた時間から大幅に遅れた午前7時過ぎに松井市長が登庁した。」危機意識のなさを指弾し、辞職勧告決議を提出しました。

結局、藤田議員は「懲罰なし」、母谷議員らは「戒告処分」。松井市長辞職勧告決議は否決されました。

辞職勧告決議については、市長を推していた議員が「市長が言うことを聞かないてむかつくから提案した」感が強い。
一方で、市長の疑惑追及についてはどの自民党議員も派閥を問わず及び腰である。
松井市長の危機管理意識のなさや、独善的な市政運営は大問題です。しかし、自民党市議の多くも、「わしの言うことを聞くかどうか」で態度を変えるのは、あまりにも、市民の代表としての在り方からかけ離れているのではないでしょうか?

(日本共産党広島市議団からの報告です)
【12月議会12/5~12/18】
12月議会が終わりましたので、広島市議会一連の騒動の経過をあらためてまとめました。
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/

① 12月12日(金)本会議一般質問で藤田博之議員(改革ネット)が、松井市長が安佐市民病院の移転問題で利益誘導したこと、2011年市長選で現金の授受にかかわったことなどを指摘しました。
https://www.youtube.com/watch?v=6aa_d9AJ3nc...
(安佐市民病院問題は10:18から、市長選問題は14:18から、再質問は27:57から)

② 母谷龍典議員ら自民党と地域デザイン会派の10人の議員が、この発言は根拠がなく市長の人格と名誉を傷つけるもの、議会の品位と権威を失墜させるものなどとして、懲罰動議を提出しました。
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12-teirei/20141212_chobatudougi.pdf
そのうち今田良治議員、宮崎誠克議員、大野耕平議員の3人が15日付けで発議を取り消しました。

③  16日、これに対し藤田議員は、発言に根拠がないとされたことは侮辱であるとして、発議した7人の議員の処分要求を提出しました。
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12teirei/20141216_syobunyoukyu.pdf

④  谷口修議員、児玉光禎議員(自民党保守クラブ)と藤田議員が連名で「松井一實広島市長の辞職勧告決議案」
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12-teirei/20141217_jisyokukankoku.pdf
を提出しました。のちに谷口議員、藤田議員は提出を取り下げました。

⑤  これを受け17日の本会議で会期延長と懲罰動議、処分要求について審議したのち、
https://www.youtube.com/watch?v=Znbb41ImXEI
懲罰特別委員会(http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1000000000002/1268886569165/index.html#議会運営委員会の構成員に同じ)が開催されました。
日本共産党を代表して中原ひろみ議員は、真相究明こそ重要との立場から質疑しました。
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12-teirei/nakahara-chobatusyobun_situgi.html
藤田議員は懲罰なし、母谷議員ら7人は戒告処分と決定しました。

⑥ 18日の本会議で審議し、村上あつ子議員は真相が明らかにならないのでは双方とも懲罰は科せないという立場で討論しました。
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12-teirei/murakami-chobatusyobun_touron.html
懲罰特別委員会の報告通りの処分を議決したのちに、通常の市長提出議案などと辞職勧告決議案を審議しました。
中原ひろみ議員は、市長の災害初動対応のみならず市民に冷たい市政運営に抗議する立場で辞職勧告に賛成の討論を行いましたが、
http://www.jcp-hiro-shigi.jp/2014-12-teirei/nakahara-jisyokukankoku_touron.html
賛成少数で否決されました。12月議会は終了しました。





「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一












トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22659708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-12-18 20:32 | 広島市政(広島市議会) | Trackback