エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

役人からヘルパーへ 3日目

広島ブログ

わたくし・さとうしゅういちは、12月25日から広島市佐伯区内のサービス付き高齢者向け住宅で介護士として働かせていただいております。

わたくし・さとうしゅういちは、2011年まで、広島県庁において介護事業所の許認可・指導などの行政に携わらせていただいていました。

多くの介護の職場を拝見させていただき、現場の皆様の熱意に心を打たれました。皆様に、尊敬とあこがれの念を抱いておりました。

一方で、待遇があまりにも低すぎることを拝見して驚愕しました。そして憤りを覚えました。
また、「現場で汗を流している人たちより、俺がこんなに多く給料をもらっていていいのか?」という思いを抱いてきました。

調べていくうちに、自分たち役人とヘルパーの待遇格差が先進国では日本ほどひどい国はないことを知りました。

なんとかこの状況を変えないといけない。皆様の熱意にただ乗りをつづけていてよいのか?

このままでは燃え尽きて離職者が増え、介護現場は成り立たなくなる。そして、高齢者、ご家族にしわ寄せがいく。
このことが心配でなりませんでした。

いつかは変えないといけない。

一方で、自分もいつかは介護現場を経験したいという思いが日に日に強まりました。政治を通じてかえないといけないのではないか、という思いが日に日に強まりました。

2011年1月、県庁を辞職したわたくし・さとうしゅういちは、2011年6月から3年間は、介護施設の管理・運営に関する仕事に携わりました。その傍ら、政治活動をスタート。介護職の処遇改善は、大きな主張の柱の一つでした。

2014年6月、いったん東京に帰郷。そこで就職活動をし、デイサービスへの就職も内定し、あこがれの介護職に就けるかと思っていました。

その矢先の8月20日、未曽有の災害が広島市安佐南区を襲います。わたくしは、23日に広島市入りし、24日には被災地の安佐南区入りしました。そして、そのまま現地での救援活動や被害状況の調査、議会やマスコミなどへの要望活動などに従事しました。

9月25日からは、東広島市内の職業訓練センターに通い、介護職員初任者研修を受講し、資格を取得しました。
毎日、朝6時に家を出て、片道二時間をかけて通うという学生生活でした。

山あり谷ありでしたが、12月24日に無事に卒業、卒業前に内定をすでにいただいていた高齢者向け住宅で働いております。

今後は、現場でしっかり仕事をさせていただきます。役人からヘルパーへ転身したことについて、「もったいない」などと心配を多くの方からいただきました。しかし、わたしとしては、何の悔いもありません。

本当の「あこがれの職業」につけてよかったと心の底から思っています。

しかし、より、お年寄りとご家族のためになる介護・福祉にするために、もっともっと努力をしないといけないと身が引き締まります。

これまでの行政での経験もあわせ、情報発信や政策提言も折に触れてしてまいります。
そして、政治により、状況を改善していかねばならない。その志には今でも一ミリのぶれもありません。

今後ともよろしくご指導お願い申し上げます。

e0094315_16320979.jpg
e0094315_17374432.jpg
e0094315_17114067.jpg





「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一












トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22682625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-12-28 00:11 | 役人からヘルパーへ | Trackback