エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

安倍総理、若者不足の超高齢社会でどのように戦争をしようとお考えなのでしょうか?

広島ブログ

 「集団的自衛権」とは、難しい言葉に見えますが、要は、いま、アフリカや中東で起きているような戦争に自衛隊が、「新たに法律を作らないでも」参加できるようにするためのものです。2015年の通常国会に安倍総理が提出しようとする派兵恒久法はまさにそのためのものです。

 さて、そのように、外国での戦争に日本の若者を派遣するとなると、問題が起きます。
ご承知の通り、すさまじい高齢化社会が待っています。これからは地方だけでなく、東京など大都市に高齢社会の波が押し寄せます。そのとき、大量に若者の労働力が必要になります。

 しかるに、戦争に人手を取られていて、大丈夫なのでしょうか?
そのあたりの整合性をどう総理は考えておられるのか?

 ひょっとすると、外国人労働者を大量に入れてしのげばいいとお考えなのかもしれません。
そうなると、日本人の若者を戦争にやって、それによって国内で不足した労働力を外国人に入れ替えるという形にもなります。そのあたりのことをどうお考えなのか?

 その場合(日本人が戦争に行くことで不足した労働力を外国人で賄う場合)は、「安倍総理は、ひょっとして、実は、日本人が嫌いなのでそうされるのではないか?」という疑いさえ抱かざるを得ないのですが、いかがでしょうか?
その場合、国民のためではなく、戦争で利益を得ると思われる多国籍企業のためとも思われますがいかがでしょうか?

 しっかりと説明していただきたいものです。






「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一












トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22684676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2014-12-28 22:29 | 新しい政治をめざして | Trackback