エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

大平喜信衆院議員、震災20年の神戸へ

広島ブログ

今日1月17日は、阪神・淡路大震災が起こった日。
あれからちょうど20年が経過しました。

私は、あの日起きたことを決して忘れてはならないし、今も苦しんでおられる被災者のみなさんの思いを、直接その姿にふれることで自分の体にも刻みこみたいと思い、神戸の街が一望できるビーナスブリッジでおこなわれた追悼集会に参加しました。

...

お話をさせていだたいた、あるご年配の女性は、地震によって家屋の下敷きとなったまだ小さなお孫さんを失われたそうです。
「もう20年もたったんだね、まだ昨日のことのようだわ」との言葉と細めた目に、胸がしめつけられる思いでした。

5時46分、鐘の音とともに黙とうし、被災者が安心して生活していけるためにも、政治はしっかりその責任をはたさなければならないと心に誓い、神戸の街を後にしました。

午後からは、島根県松江市へ。
県議選必勝のための党と後援会の新春のつどいに参加しました。
決意表明や出しもの、会場の後ろではバザーもあるなど、楽しく、かつアツく燃えるつどいでした。

次回4期目の当選をめざす尾村としなり県議からは、県政報告と決意表明が。
福祉切り捨て、米価暴落の放置、原発再稼働容認など、住民の命と暮らしそっちのけの国いいなり、国待ちの県政の実態がたいへんよくわかり、島根県議会での日本共産党の躍進がどうしても必要だとあらためて痛感しました。

そして、尾村県議の話のなかでもっとも印象に残ったのは、「政治には一人ひとりの命がかかっている」という言葉。
本当にその通りだと思いました。国政にかかわるものとして、しっかり心に刻みたいと思います。

今年最初の島根入りということもあり、参加されたみなさんからもたいへん喜んでいただきました。
生まれてはじめてサインを求められたりも(笑)

明日は山口県の下関市議選告示日ということで、終日、応援に入ります。

(写真はフェイスブック友達から拝借させていただきました。ご了承ください)







「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一












トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22736923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-01-18 09:27 | 大平よしのぶを勝手に励ます | Trackback