エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

1 / 27 都構想に反対する緊急学習集会のご案内

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
大阪はひとつ・バラバラにするな!大阪都構想にNO! 市民連合
   1 / 27 都構想に反対する緊急学習集会のご案内
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
  日時  2015年1月27日(火)午後6時30分
  会場  エルおおさか 5階 研修室2
  内容  「都構想は百害あって一利なし」
         講師  中山 徹 さん(大阪自治体問題研究所理事長)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
主催 おおさか社会フォーラム事務局
    連絡先  梅田    06-6942-7860
         喜多幡   06-6474-1167
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
大阪都構想は、公明党の寝返りで、事態が急変しています。この間、橋下氏の慰安婦発言に始まり、堺市長選挙での維新の敗北、地下鉄民営化の頓挫、思想アンケートや組合事務所問題などでの相次ぐ敗訴という状況のなかで、維新の勢力の衰退という状況がありましたが、公明党の寝返りで、都構想の住民投票がいっきょに現実性を帯びてきました。
 議会で否決されたものを維新・公明でゴリ押ししようというのは、大阪の民主主義にかかわる重大事態です。しかも、5月17日に住民投票をしようというのですから、まさに、短期決戦となります。
 投票所に足を運んで都構想NOの意思表示をしていただく市民を獲得できるかがおおきな鍵となります。
 大阪都構想の根拠法令は、「大都市地域特別区設置法」ですが、協定書を議会で採択した後60日以内に住民投票が行われます。投票の方式は賛成、反対を明記させる方式ですが、有効投票の総数の過半数で成立します。最低投票率のようなものはなく、10%や20%の投票率でも成立します。反対だと思っていても投票所へ行って?にしなければ賛成と同じことになります。また、詳細は、公選法に丸投げしており、非常にわかりにくくなっていますが、投票運動については、公務員・教員の運動は禁止され、個別訪問も禁止されるなど、不当な内容で、欠陥立法とも呼べるものとなっています。
 私たちは、昨年、「安倍政権・橋下維新はもうゴメン!10・8集会」を呼びかけ,エルシアターに800人以上の方に集まっていただきました。このような緊急の事態に臨んで、座して傍観することはできません。
 都構想NOの市民運動を展望しつつ、さしあたって、学習会を計画いたしました。10・8集会にご参加いただいた方をはじめ、多くの方にお集まりいただくようお願いします。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22739007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-01-18 23:39 | 大阪市政 | Trackback