エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

広島駅新幹線口で大田智弘さんを応援

e0094315_14085966.jpg
2015年3月16日朝、広島市東区広島駅新幹線口で、本紙社主・さとうしゅういちは、市議会議員予定候補の大田智弘さん(維新の党新人、東区)の応援演説を行いました。
最初に緑の党・ひろしまとさとうしゅういちは、4月12日執行の広島市議選、県議選で野党を応援し、安倍総理の暴走に対して、広島から対抗するスタンスを説明。
大田智弘さんを応援する第一の理由として、
「中央政府が庶民増税の一方で、社会保障カットなどをしている。中小企業の経営者にもアルバイトをして従業員給料を払ったり、納税したりしている人も多い。」
「こうした中で、スーパーで夜中にアルバイトをしながら、頑張っておられる大田智弘さんを市議会におくり、中央に対抗したい。」
と表明しました。




第二に、
「大田さんは中区のご出身で東区の出身ではないが、だからこそ、広島市全体の視野に立てる」と指摘。
「市議も県議も自分の選挙区以外のことには冷淡な傾向があり、例えば8月20日の大災害の後の広島市議会の緊急の会議でも安佐南区、安佐北区以外の議員には爆睡しておられた人もいた」と暴露しました。
「災害は安佐北区、安佐南区だけで起きるものではないのだから、全市の議員が真面目に取り組むべきであり、爆睡議員の背景である、自分の選挙区しか考えない議員から広島市全体を考える議員へ」
などと訴えました。
第三に、
「県議の公費による海外旅行が山梨県で違法と確定した」
と報告し、
「しがらみのない立場で、改革できるのは、共産党と一部無所属、大田さんら維新だ。」
と指摘しました。
最後に、介護職員の立場から、
「消費税増税で充実されるはずの介護現場が現実には消費税増税により苦しんでいる。それも庶民向けの施設ほど苦しんでいる」と報告。
「さらに、介護報酬カットで苦闘を強いられる」
と告発しました。
大田さんらが介護現場改善を地方独自で取り組むことに期待を示しました。
そして、
「議員や市長の雇い主は皆様一人一人だ、皆様がより考え方の近い政治家を雇い、当選後はしっかりチェックし育てればいい、大田智弘さんも皆様で育ててほしい」
と訴えました。

トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/22882484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-03-16 14:28 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback