エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

2016年参院選を前に訴えます 「戦争や原発でお年寄りに長生きを嘆かせない日本」「カープのプレイボールを家や球場でみられる社会を」「海と山の幸を楽しみ続けられる瀬戸内を」

広島ブログ

2016年参院選を前に本紙社主・さとうしゅういちは訴えます
 
「戦争や原発でお年寄りに長生きを嘆かせない日本」
「カープのプレイボールを家や球場でみられる社会を」
「海と山の幸を楽しみ続けられる瀬戸内を」
「ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。」
本紙社主・さとうしゅういちは、2016年夏執行の参議院議員通常選挙を前に、上記のことを広島県内各地で訴え続けます。
「戦争や原発でお年寄りに長生きを嘆かせない日本」
 さとうしゅういちは、東京で過ごした小学校時代、広島県安芸郡府中町出身の被爆者の先生に担任をしていただきました。先生はちょうど、小学校時代に被爆されたので、その体験談は、小学生だったわたくしの心もぐっとつかみました。二度とこのようなことが起きないよう、将来は政治家に、と志しました。
 また、先生が原爆の話と並行してしてくださったカープの話も同様で含め、のちにわたくしがヒロシマから国政をめざそうと決意するきっかけとなりました。
 あれから30年。その間、チェルノブイリ原発事故、そして福島での原発事故が発生。また、ビキニやセミパラチンスク、ウイグル自治区など、世界各地の核の被害の実態も明らかになりました。通常戦争でも湾岸戦争、イラク戦争、対イスラム国戦争で劣化ウラン弾が使用されています。こうした中でも、日本の安倍総理は、原発事故の収束もできないうちに、川内原発を筆頭に再稼働に乗り出し、原発輸出も進めています。さらに、集団的自衛権の名のもとに、いつでもどこでも、後方支援とはいえ自衛隊を今まで以上に戦争に参加させる法律をつくろうとしています。後方支援とはいえ、前線と区別はつきません。劣化ウラン弾を使用し、ヒバクシャを出す戦争に加担し、自衛官も被ばくをさせかねません。
 さとうしゅういちは、介護ヘルパーでもあります。多くの被爆者の方も含む、戦時中、戦後の厳しい時期を生き延びてこられた方と毎日接しております。「戦時中は学校で野球をすると敵のスポーツをするとはけしからんと怒られた」というお年寄りのお話もうかがっています。
「長生きをしたばかりに、野球も楽しめない、原発事故や戦争参加でヒバクシャを大量に出す日本を見てしまった。」
こんな風にお年寄りを嘆かせてはいけないと心から思います。
 そもそも、テロ対策というが、戦争でテロがなくなったでしょうか?イラクを見れば戦争はテロをなくすどころか泥沼化させることは明らかです。
 原発事故であろうが、戦争であろうが、ヒバクシャを出す。そして、それを見たお年寄りが長生きを嘆く。そんな日本にしないことを強く訴えます。
 「カープのプレイボールを家や球場でみられる社会を」
さて、安倍総理は、残業代ゼロ法=定額働かせ放題法と派遣法改悪(正社員ゼロ法)を強行しようとしています。効果的な労働時間規制を保証する枠組みも、同一労働同一賃金も保障されていない中での法改悪は、正社員、非正社員を問わず、いわゆるブラック企業的な働かせ方を激化させることは間違いありません。
 また、中小企業主も、消費税増税で打撃を受けています。夜にアルバイトをして税金や従業員の給料を払っている企業主もおられます。
その割には、政府が税金を集める前より集めて使った後のほうが格差はむしを大きいという状況になっています。
 このような状況を改め、すべての広島市民・県民がなるべくは、カープのプレイボールを家かマツダスタジアムで観ることができる社会をつくりたいと、一人のカープファンとして考えます。
 教育や医療、住宅を含む生活の安心を確立するためにも、一層の再分配強化が必要です。そのことを強く訴えてまいります。
 さて、瀬戸内地方は海の幸に恵まれていることは有名ですが、陸・山間部でも少量多品種生産で、多様な食べ物が楽しめます。
こうした海・山双方の幸が永遠に楽しめる瀬戸内であってほしいとさとうしゅういちは願っています。そのためにも、上関原発の撤回、伊方原発の廃止を強く訴えてまいります。また、少量多品種生産の瀬戸内地方の実態にフィットする農業政策を訴えます。
 最後に、上記の3つのことを実現するため、ヒロシマの心活かす市民発・政界再編に不退転の決意で取り組むことを広島市民・県民の皆様にお誓い申し上げます。
 基本的人権や民主主義、平和を守るため、ひいては、戦争でも原発でもヒバクシャを出せないため、カープを家や球場で観られる社会を作るため、リベラル系野党の協同を呼び掛けます。さらに、上記課題に個別に取り組んでおられる皆様におかれましても、少々の課題への優先順位の違いはわきにおいて、立憲主義、反格差、反原発の当選者を最大化を図る観点からのご検討をお願いします。
 国民の皆様におかれましても、「まずは、考えの近い人を応援し、選挙後はしっかり働きぶりをチェックする」を実践することを心から呼び掛けます。
 今後とも皆様のご支援、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
e0094315_20560309.jpg
e0094315_07493525.jpg


 2015年(核時代70年)5月7日
  広島瀬戸内新聞社主 さとうしゅういち 

 
 
 







統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

さとうしゅういち3月20日の街頭活動
イオンモール広島祇園前演説前半
https://www.youtube.com/watch?v=88BBNAKqq24
イオンモール広島祇園前演説後半
https://www.youtube.com/watch?v=Wffu16vS3KU
河辺たかふみ市長・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない社会を・イラク戦争12周年・災害7ヶ月「海外派兵より災害対策を」 3月20日古市橋駅前演説前半
https://www.youtube.com/watch?v=cbQfoQcLTNQ
河辺たかふみ市長・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない社会を・イラク戦争12周年・災害7ヶ月「海外派兵より災害対策を」 3月20日古市橋駅前演説後半
https://www.youtube.com/watch?v=rGqlxEnptjo
3月6日のさとうしゅういち街頭活動
広島市役所前演説
広島駅前福屋前演説

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一












トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23073074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-05-07 00:04 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback