エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

被爆作家の作品記憶遺産への登録を目指す文学展が14日まで

広島ブログ

 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=632968246839812&set=a.476918662444772.1073741826.100003799285366&type=1

日本共産党員詩人の峠三吉ら被爆作家3人の直筆資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産への登録を目指す文学展が14日まで、広島市中区袋町の市民交流プラザ1階ロビーで開かれています。広島文学資料保全の会(土屋時子代表)の主催で、入場無料。
 登録を目指す資料は、峠の「原爆詩集」の最終草稿、栗原貞子の「生ましめんかな」の創作ノート、原民喜が「夏の花」の下敷きとした被爆時の手帳―の3点。2017年度の登録へユネスコの国内委員会が1国2件の枠内に絞り込む公募の締め切りの今月19日までに、広島市と共同して登録を申請します。
 同会が1987年以来、行政に求めてきた被爆作家の被災資料を保存する「平和文学館」は実現に至らず、「やむにやまれぬ思いでの登録申請」という土屋代表。今回の文学展について「3人は自ら被爆しながらも、いち早くその惨状を書き留めた作家精神という点で、傑出している。世界からも高く評価されている資料を、ぜひ多くの方に見てほしい」と意気込みます。




統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

さとうしゅういち3月20日の街頭活動
イオンモール広島祇園前演説前半
https://www.youtube.com/watch?v=88BBNAKqq24
イオンモール広島祇園前演説後半
https://www.youtube.com/watch?v=Wffu16vS3KU
河辺たかふみ市長・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない社会を・イラク戦争12周年・災害7ヶ月「海外派兵より災害対策を」 3月20日古市橋駅前演説前半
https://www.youtube.com/watch?v=cbQfoQcLTNQ
河辺たかふみ市長・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない社会を・イラク戦争12周年・災害7ヶ月「海外派兵より災害対策を」 3月20日古市橋駅前演説後半
https://www.youtube.com/watch?v=rGqlxEnptjo
3月6日のさとうしゅういち街頭活動
広島市役所前演説
広島駅前福屋前演説

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一












トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23209421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-06-04 06:59 | 反核・平和 | Trackback