エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

自民党の「無能な味方」ばかり状態をつくった小選挙区比例代表並立制

広島ブログ

自民党の「文化芸術懇話会」なる会合で、講師の百田尚樹さんが、「沖縄タイムズ・琉球新報」をつぶすべきという発言をし、また、自民党若手議員らが言論弾圧を肯定する発言をした事件。
まさに、「戦争法案をやりたい」という安倍自民党執行部にとっても「無能な味方」ばかりの状態です。
しかし、なぜ、自民党には「無能な味方ばかり」なのか?
その背景には、多くの議員が、自民党執行部の顔色をうかがうことでしか議員でいられない(と思い込んでいる)ということがあります。
現行の衆議院の選挙制度及び政党交付金の制度などによれば、自民党から公認を得られないで無所属で立候補の場合には以下の不利益があります。
1、政党交付金をもらえない。(公認候補は、事実上自分の後援会となっている政党支部に交付金を原資にしたお金を本部からもらえる。)
2、政見放送をさせてもらえない。
3、政党なら配れる法定ビラを配れない、政党カーを出せない。
このほかにもたくさんの不利益がありますが、上記三つでも相当な不利益です。
事実上、自民党の公認を得られなければ議員になれない。
この状況があるからこそ、自らの支持基盤が弱い若手議員ほど、執行部の顔色ばかりうかがう「若年寄」ばかりになるのです。
そして、その「顔色伺い」が行き過ぎて、今回のように、安倍総理に批判的なマスコミを弾圧すべきかのごとき発言が飛び出すのではないでしょうか?
そして、小選挙区制度で、3割台の得票率でも7割以上の議席を得られてしまうため、勝ったほうの政党が思い上がりやすいということになります。


実を言えばこれは、民主党にもあてはまります。、民主党の場合も、風で当選してしまったような議員が大量に生まれた。しかし、それは、必ずしも良い結果をもたらさなかった。菅直人副総理(当時)も「民主主義とは期限を切った独裁」などという発言をしてしまった。

そして、人々の大きな失望を招いて、自民党への期待を復活させてしまいました。っそして、ひいてはいまの安倍暴走を後押しする結果になったといえます。

現行選挙制度をより多様な民意を尊重するものに変える。
大政党の幹部による独裁政治に陥りがちな現行制度を変える。
こうしたことが、中長期的には必要ではないでしょうか?





統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

さとうしゅういち3月20日の街頭活動
イオンモール広島祇園前演説前半
https://www.youtube.com/watch?v=88BBNAKqq24
イオンモール広島祇園前演説後半
https://www.youtube.com/watch?v=Wffu16vS3KU
河辺たかふみ市長・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない社会を・イラク戦争12周年・災害7ヶ月「海外派兵より災害対策を」 3月20日古市橋駅前演説前半
https://www.youtube.com/watch?v=cbQfoQcLTNQ
河辺たかふみ市長・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない社会を・イラク戦争12周年・災害7ヶ月「海外派兵より災害対策を」 3月20日古市橋駅前演説後半
https://www.youtube.com/watch?v=rGqlxEnptjo
3月6日のさとうしゅういち街頭活動
広島市役所前演説
広島駅前福屋前演説

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから」国政に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219 広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一












トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23337923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-06-28 22:30 | 選挙制度・政治改革 | Trackback