エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

安倍暴走を招いた「イデオロギーの時代は終わった!」論

広島ブログ
冷戦が崩壊したあと、「イデオロギーの時代は終わった」という言説が溢れかえりました。
今思えば、こうした言説こそが安倍暴走の背景にあるのではないでしょうか?




 確かに冷戦崩壊以降、戦争被害者に目が向けられたり男女共同参画が進んだりという点はありました。

 そういう前進はあったのは否定できない。

 一方で「イデオロギーの時代は終わった」という名の下、格差の拡大などは、しばらく見過ごされていきました。
いわゆる就職氷河期の若者の苦しみも2005年頃、ようやく注目され出しました。

 そもそも自民党など(民主党の一部や維新などの新党も含む)は、バリバリの新自由主義を進めていったのです。労働分野の規制緩和が最たるものです。1999年の労働者派遣法改悪には社民党でさえも賛成してしまっていたのです。景気対策をやるときはお金持ち優先。税金を取るときは、庶民から。そんな税制改革が橋本政権から小泉政権へ、繰り返されていました。

 しかし、その新自由主義イデオロギーやそれによるワーキングプアの拡大などがマスコミなどで幅広く問題とされるのは2005、6年頃でした。このころ、いわゆる「独立系メーデー」が団塊ジュニア世代=就職氷河期世代を中心に起こり、一定程度のインパクトを与えたのです。だが、それ以前も多くの若者が苦しんでいたのですが、2000年代初頭ころまでは注目されていませんでした。

 また、こうした風潮の中で、例えばイラク戦争(2003年)やフクシマ(2011年)を契機とした原発に反対するデモは盛り上がりました。しかし、その直後の統一地方選挙や衆議院選挙などで戦争参加(海外派兵)や原発を進めたことに責任が一番ある自民党が後退することにはなりませんでした。

 「イデオロギーの時代は終わった」という洗脳が選挙から人々を遠ざけたのは間違いありません。

 いわゆる「市民派」政治勢力の中でも、新自由主義への批判は少なかったのです。むしろ、新自由主義者と一緒に既成政党叩きに走った面は否めません。

「イデオロギーの時代は終わった」、という言説の罪は重い。

ここから脱却せねば、何度でも安倍晋三のような総理は出てきます。


電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]


安保=戦争=海外派兵法案廃案!本社社主の街頭演説など
7月28日西区新井口駅前街頭演説
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
7月11日 佐伯区五日市駅前街頭演説
https://www.youtube.com/watch?v=mCPMvT4xM-w&feature=youtu.be
7月3日広島市役所前街頭演説 「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月29日広島市中区県庁前「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月23日広島市中区新白島駅「爆心地・広島1区で戦争法案・原発輸出の責任者・岸田外相を打倒!」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月17日 広島市西区西広島駅前街頭演説
6月15日 広島市安佐南区祇園イオンモール広島祇園街頭演説
6月15日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
6月14日 広島県安芸郡府中町街頭演説
6月2日 広島市西区横川駅前街頭演説「アメリカの戦争もイランの原発もやめさせる日本」
5月26日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月16日 NHK広島前街頭演説「家や球場でカープのプレイボールみられる日本」「安倍総理、イランにケンカを売っていいのですか?」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 
統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一








トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23632696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 広島瀬戸内新聞ニュース(.. at 2015-09-07 12:14
タイトル : 「イデオロギーの時代は終わった!」という勘違い 介護にも..
安倍暴走を招いた「イデオロギーの時代は終わった!」論 イデオロギーの時代は終わった!という勘違いが、実は日本の政治を混迷させている問題を提起させていただきました。 はっきり申し上げます。 例えば、介護でもイデオロギーは出ます。 例えば、以下の例を考えます。 97歳のご利用者様がおられます。 キムチがお好きです。 しかし、辛いものをとると、体によくないと診断されています。 そこで、我々介護職はキムチをご利用者様に食べさせませんでした。 一ヶ月後、ご利用者様は、亡くなられました。...... more
by hiroseto2004 | 2015-09-04 12:12 | 新しい政治をめざして | Trackback(1)