エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【無党貴也世代がシールズ世代を「お説教」なんてとんでもない】

広島ブログ

【無党貴也世代がシールズ世代を「お説教」なんてとんでもない】

 武藤貴也衆院議員(滋賀四区・1979年生まれ)が2015年7月末、ツイッターでSEALDs(シールズ)は極端に利己的と批判しました。さらに、ブログでは、基本的人権の尊重、国民主権、戦争放棄の「日本国憲法の三大原則」を否定していたことが明らかになりました。

 その後、武藤議員は、未公開株に絡む金銭疑惑などが発覚し、自民党を離党しました。武藤ならぬ「無党」議員になってしまったのです。

 わたくし(1975年生まれ)は、「無党貴也世代」の自分たちの世代に、果たしてシールズ世代の皆様に対して説教する資格があるのか、自問自答せざるを得ません。世代論でひとくくりにする乱暴さは承知しますが、「自分らの世代の総括こそ先だ」という思いがします。









 新人類から団塊ジュニアくらいまでの世代とは、ある意味政治思想的には巨大な空白だったと思います。


 団塊世代以上だと学生運動または、労働運動で活発に活動していた印象があります。

 今の若者だとフツーの若者が実名でマイクで演説するシールズ世代といえるのではないでしょうか?


 しかし、その中間はどうでしょうか?

 冷戦崩壊後、「イデオロギーの時代は終わった」などとしたり顔をして、格差を拡大する新自由主義イデオロギーを免罪しまくってきたのです。


 男女共同参画などで、上の世代より先進的な面はあったが、一方で、上の世代の運動を否定することの勢い余って政治的な行動をあまりしてこなかったのです。


 政治的活動をしている人でも無党貴也こと武藤貴也議員のように議員になるために、政策を平気で180度変える人間を輩出=排出してきました。


あるいは既成政党をいっしょくたくに叩いてスカッとしてもらう安易なビジネスモデルにハマった人も多かった。


そんな「我々」世代が安倍晋三を生み出したのかもしれないのです。

そんな我々世代がシールズ世代に説教しても見苦しい。


まずは自分たちの反省と総括からです。

 なお、シールズ世代は「戦後民主主義という伝統への反逆者」としての安倍晋三総理を糾弾する感があります。すなわち、自分たち自身を主権者として位置づけ、「大日本帝国をトリモロス」という安倍総理を「征伐する」という感があります。


 一方、上の世代の活動家は「被支配者」である自分たちが、帝国主義者である「安倍晋三」を打倒する「反権力」運動として、安保法制反対を位置づけてきたといえます。そして、安倍総理の特殊性だけでなく、「戦後日本政治における安倍総理の普遍性、すなわち「戦後民主主義と共存してきた対米従属と帝国主義」に着目し、安倍総理を糾弾する傾向があります。

そこに意識の差が出てきます。


安倍晋三政権自体は、「大日本帝国をトリモロス」という戦後の国連を中心とした秩序では通用しない異常性と、特に小泉以降進んだアメリカ従属の海外派兵や、経済政策面での対米従属、そして、そもそも日本自身も中国などと協調して南スーダンに海外派兵するという帝国主義では当たり前の行動という普遍性の二面性を持っています。


従ってシールズ世代の言い分も上の世代の活動家の言い分も正しいというのがわたしの考え方です。


「無党貴也世代」がシールズ世代にお説教なんてとんでもない。


ただ、こういうことはあった、ということを伝える責任もあるというのがわたしの考え方です。


電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]


安保=戦争=海外派兵法案廃案!本社社主の街頭演説など
7月28日西区新井口駅前街頭演説
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
7月11日 佐伯区五日市駅前街頭演説
https://www.youtube.com/watch?v=mCPMvT4xM-w&feature=youtu.be
7月3日広島市役所前街頭演説 「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月29日広島市中区県庁前「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月23日広島市中区新白島駅「爆心地・広島1区で戦争法案・原発輸出の責任者・岸田外相を打倒!」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月17日 広島市西区西広島駅前街頭演説
6月15日 広島市安佐南区祇園イオンモール広島祇園街頭演説
6月15日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
6月14日 広島県安芸郡府中町街頭演説
6月2日 広島市西区横川駅前街頭演説「アメリカの戦争もイランの原発もやめさせる日本」
5月26日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月16日 NHK広島前街頭演説「家や球場でカープのプレイボールみられる日本」「安倍総理、イランにケンカを売っていいのですか?」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 
統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一








トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23647317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-09-06 21:52 | 新しい政治をめざして | Trackback