エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

巨大都市・原発で巨大災害がなかった時代の感覚のまま、海外派兵で国内を手薄にする安保法案

広島ブログ

安倍総理が進める安保法案を含む「海外派兵」路線というのは、どういう路線か。
ズバリ申し上げれば、太平洋ベルト地帯(東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸のいわゆる六大都市、そして、広島、福岡)で震度6以上の大震災が1945年の敗戦以降、1995年の阪神大震災までなかったこと。
1959年の伊勢湾台風を最後に、太平洋ベルト地帯の大都市を襲った巨大自然災害が、やはり1995年の阪神大震災までなかったこと。
そして、日本で原発創設以来、2011年の東日本大震災まで原発で大震災がなかったこと。
これらの「奇跡」ともいえる「幸運」=僥倖(ぎょうこう)をこれからも前提とする路線ではないでしょうか?
安倍総理が、安保法案ばかりを意識し、関東大洪水対策など上の空の状況がその何よりの傍証ではないでしょうか?







安保法案による集団的自衛権行使は、日本の自衛にも直接的には役立ちません。

もちろん、地震を筆頭とする大災害。すなわち、大型台風や集中豪雨、竜巻、あるいは人災でいえば原発事故などの対策に役立つものでもありません。被災者を支援するものでもありません。

安倍総理の「安全保障」とは、災害対策も、原発事故対策も含まない。純粋な日本防衛のための「個別的自衛権」の話でもない。「とにかく海外派兵」なのです。きわめて狭い話です。

そして、海外派兵は、危機管理にたけた人材を大量に流出させることになります。
国内は手薄になります。その結果、自然災害、人災双方への対応がおろそかになります。

その結果何が起きるか?

アメリカのように、2005年のハリケーン・カトリーナへの対応がイラク戦争への派兵の影響で手薄になる。
1944年12月の東南海大地震、45年1月の三河地震のように、軍部が被害を隠ぺいし、被災者が見捨てられる。
そういうことになるでしょう。

ある意味、東南海地震、三河地震が、大日本帝国に「とどめ」を刺す形になってしまいました。

日本は、安保闘争(1960)を契機に、米軍基地は国内におきつつも、自衛隊は海外に出さなかった。
そして、他の先進国や隣国・韓国と比べても、軍事よりは経済を優先した。その結果、経済発展をしたのです。
また、名古屋を襲った伊勢湾台風を最後に、巨大災害が東名阪広福などの大都市を襲うこともなかったのです。

しかし、日本が調子に乗ってはじめて、海外派兵をしたのが1991年の湾岸戦争停戦後の掃海艇派遣。
そして、1992年には自然災害死者は19人と、史上最少を記録しました。
この、1992年~1993年にカンボジアにPKOを派遣。
ところが、そのころから「災害の時代」が始まります。
1993年1月に釧路沖でM7.5の大地震が発生。十勝沖地震(1968年M7.9)以来25年ぶりの大地震となりました。
さらに、1993年7月12日。北海道南西沖でM7.8の大震災が発生し、奥尻島が壊滅。さらに、この年は鹿児島県を中心に大型台風や豪雨被害が相次ぎました。
さらに、社会党の村山政権下でモザンビークに自衛隊を派兵した直後の1995年1月17日、阪神淡路大震災が発生、6000人以上が犠牲になりました。

2003年から2004年に相次ぎ、イラク派兵が行われると、2004年は、巨大台風がコンボのように日本を襲いました。そして、2004年10月、長岡市が大震災に襲われました。

また、2010年に民主党が武器輸出三原則緩和を検討すると、直後に、2011年の東日本大震災・フクシマ第一原発事故が発生しました。

2014年の集団的自衛権「閣議決定」後は、広島土砂災害、御嶽山大噴火、そして、最近では、関東大洪水、全国各地で相次ぐ大噴火など、災害の激化はすさまじいものがあります。

「災害が少なかった時代」という「僥倖」(奇跡的な幸運)を、当たり前のものと思い込み、国内の危機管理を手薄にして海外派兵に興じる安倍総理。

その罪は誠に重いと言わざるを得ません。

梅林、八木、可部、山本、そしてフクシマを忘れない。
そして、ニューオリンズ(2005年のハリケーン被災地)を忘れない。
東南海・三河地震を忘れない。

海外派兵より被災者支援。安保法案は撤回を。


電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

「イデオロギーの時代は終わった」のか?: 「安倍暴走」と貧困を招いた勘違い [Kindle版]

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]


安保=戦争=海外派兵法案廃案!本社社主の街頭演説など
7月28日西区新井口駅前街頭演説
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
7月11日 佐伯区五日市駅前街頭演説
https://www.youtube.com/watch?v=mCPMvT4xM-w&feature=youtu.be
7月3日広島市役所前街頭演説 「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月29日広島市中区県庁前「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月23日広島市中区新白島駅「爆心地・広島1区で戦争法案・原発輸出の責任者・岸田外相を打倒!」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月17日 広島市西区西広島駅前街頭演説
6月15日 広島市安佐南区祇園イオンモール広島祇園街頭演説
6月15日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
6月14日 広島県安芸郡府中町街頭演説
6月2日 広島市西区横川駅前街頭演説「アメリカの戦争もイランの原発もやめさせる日本」
5月26日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月16日 NHK広島前街頭演説「家や球場でカープのプレイボールみられる日本」「安倍総理、イランにケンカを売っていいのですか?」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 
統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一








トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23686313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-09-18 00:16 | 新しい政治をめざして | Trackback