エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

【安保法は無効!中国軍と一体化した南スーダン戦争参戦に反対!】

広島ブログ

【安保法は無効!中国軍と一体化した南スーダン戦争参戦に反対!】
安保法の適用第一号は、このままでは「南スーダンPKO」を足掛かりとした「対盗賊・対テロリスト戦争」になるでしょう。








中国がいきなり南シナ海でアメリカ艦船を攻撃することはまず考えられません。


尖閣諸島にしても個別的自衛権に属する問題です。漁船については海上保安庁で対応するのが適当です。

あとは、本命は中東戦争への参戦ですが、イランとアメリカやイギリスが和解してしまった以上、確率は下がった。となると、いま、まさに自衛隊が派兵され、なおかつ、文書も暴露された南スーダンPKOがやはり怪しい。


ネックは、南スーダンは、中国、インド、韓国というアメリカとは距離感がある国と自衛隊が駐屯していることです。中国、インドは南スーダンに石油利権を保有しています。南スーダンPKOは、人道危機への対処ではなく、中国とインドの石油利権防衛が本当の目的です。もちろん、PKO自体、特に帝国主義国が参加する場合は、利権のため、というのは常識で、アメリカは中国やインド以上に国連を利用しています。ただし、ブッシュ以降は国連の枠をはみ出して暴走するケースも多かったですが。

また、PKO自体、停戦合意が崩れたら、撤退するのが建前です。

それでも、何としても「戦争したい」安倍総理は「中国軍との共同作戦」であっても、戦争に踏み切る可能性は高い。

具体的には、南スーダンでイスラム系とキリスト教系の対立が激化し、PKOで中国軍やインド軍の陣地が襲われた場合、自衛隊=敵から見れば日本軍=が、中国軍やインド軍を助けに駆けつけ警護。そして、そのまま戦闘に入る、というシナリオです。

安倍晋三という男をなめてはいけない。

「アメリカに従属した戦争参加」がたしかに安保法案の主目的です。

しかし、「中国と組んででも石油利権をぶんどる」ことも、当然、安倍総理とお仲間は狙っているでしょう。安倍総理は「大日本帝国をトリモロス」という、およそ、現代世界では通用しない夢をもっておられることや、他方で異常なまでの対米従属であることが目立ちます。


それが故に、「PKOやテロリスト・盗賊退治の形をとって、資源をぶんどる」のが当たり前の「フツーの帝国主義」の指導者としての側面が見落とされがちです。


さて、南スーダンは、キリスト教とイスラム教の対立の最前線でもあります。中国もインドも国内にイスラム教徒を抱え、火種になっています。


両国は、アメリカほどはイスラム圏に恨まれていないにせよ、中国、インドとの共同作戦はイスラム世界を敵に回すことになります。


また、PKOは停戦合意が崩れたら撤退、というのは建前で、実際は「盗賊を撃退する警備」だと、安倍さんはこじつける可能性は高い。「やあやあ我こそは」で正々堂々、国民国家や一定の組織がぶつかり合う場合なら「停戦合意」云々も意味を持ちますが、盗賊やテロリスト相手なら意味がない。撃退しても撃退してもきりがない。

「駆けつけ警護」状態が恒久化し、戦闘は泥沼に。自衛隊に犠牲者が出れば、撤退論の一方で「報復論」も出てくるかもしれない。

「盗賊を一人残らず逮捕するまで、やるんだ!」とかなんとかで、気がつけば自衛隊をどんどん増派し、(国連決議が必要だが、アメリカも反対はしないでしょう)深みにはまる。


気がついたら、

「ニューデリー、北京、そして、日本の原発でイスラム過激派がテロ!」

になりかねない。


安保法案反対派は、安倍総理の「大日本帝国をトリモロス」や歴代自民党の「アメリカ従属」には批判を強くしてきました。

一定程度その問題については、多数派の国民が認識していると思います。だからこそ、安保法案反対派が世論調査でも過半数を占めています。


しかし、「中国やインドと一緒に盗賊退治」を名目に「石油のおこぼれに預かる」戦争を安倍総理と中谷防衛大臣がはじめようとしたら、「中止に追い込めるのか?」

そこまでが問われているのではないでしょうか?


やはり、日本は、非武装の国際貢献に徹したほうが良いのではないか?

そういう国が一個くらいあったほうが、良いのではないか?

このように思いますが、いかがでしょうか?


なんであれ、安保法案は無効!

そして、海外派兵反対!

この声を上げ続けることが大事だと思います!


電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

「イデオロギーの時代は終わった」のか?: 「安倍暴走」と貧困を招いた勘違い [Kindle版]

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]


安保=戦争=海外派兵法案廃案!本社社主の街頭演説など
7月28日西区新井口駅前街頭演説
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
7月11日 佐伯区五日市駅前街頭演説
https://www.youtube.com/watch?v=mCPMvT4xM-w&feature=youtu.be
7月3日広島市役所前街頭演説 「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月29日広島市中区県庁前「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月23日広島市中区新白島駅「爆心地・広島1区で戦争法案・原発輸出の責任者・岸田外相を打倒!」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月17日 広島市西区西広島駅前街頭演説
6月15日 広島市安佐南区祇園イオンモール広島祇園街頭演説
6月15日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
6月14日 広島県安芸郡府中町街頭演説
6月2日 広島市西区横川駅前街頭演説「アメリカの戦争もイランの原発もやめさせる日本」
5月26日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月16日 NHK広島前街頭演説「家や球場でカープのプレイボールみられる日本」「安倍総理、イランにケンカを売っていいのですか?」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 
統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一








トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23688881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-09-18 21:06 | 安保法案 | Trackback