エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「戦争法廃止の国民連合政府」は大賛成。ただし、民主・維新は自党用マニフェストの経済政策を現状より再分配重視にしたほうが票が伸びる

広島ブログ


日本共産党は、「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現を呼びかけました。

・他の国政課題に対する立場の違いを脇に置いて、まずは、戦争法廃止。
・戦争法廃止が実現したら、解散・総選挙で今後の日本の針路を問う。
・戦争法に反対する勢力による選挙協力を行う。

極めて、正しい提案だと思います。そのとおりです。
ただ、それでも申し上げておきたいことがある。







そうはいっても、経済政策も「自民党のアベノミクスよりはまし」、と思わせる「方向性」を野党連合に加わる各党は打ち出してほしいとも思うのです。

打ち出さないから協力しない、という考えはとりません。しかし、打ち出したほうが、有権者も支持しやすいのではないか、とも思うのです。

やはり、各党が、それぞれの党の『個別マニフェスト』でいいので、できる限り、「庶民増税より再分配強化」「格差是正」といった方向性を打ち出してほしいとも思うのです。

安倍総理がここまで台頭した背景には、とくに2011年から2012年ころの「経済政策の空白」があったと思います。

民主党政治が官僚や財界、アメリカに敗北して腰砕けになったなか、まず「みんなの党」「大阪維新」に代表される「既得権打倒」のスローガンを掲げる勢力がウケました。

また、いわゆる、左派勢力が、2008年から2009年ごろの「反貧困」よりも、「反原発」に重点を置きだしたために、「置き去りにされた」と感じた低所得者層、非正規労働者層も多かったと思います。

こうした中で、2012年12月の衆院選で、安倍総裁(当時)が、積極財政、金融緩和、成長戦略を訴えたため、自民党が相対的に期待感を集めることになりました。一方で、反自民票は「脱原発重視派」(未来の党など)「既得権打倒重視派」(維新、みんななど)に割れてしまい、ますます自民党を利する結果になりました。

その後、2013年参院選、2015年衆院選と、自民党と断固たる姿勢で対抗するイメージがある共産党が自民党以外ではウケる結果になったのです。

振り返れば、自民党は、1960年の安保闘争でヒヤリとした。そこで、経済政策に力を入れ、いわば「マイホームやマイカー」の夢で国民を取り込み、事態の鎮静化を図った。そして、徐々に労働組合を切り崩すなどした。結果、1980年代から1990年代に新自由主義や海外派兵への反対を弱めることに成功した。そして、小泉以降、アメリカ従属の海外派兵と、新自由主義がセットで本格化したのです。そして、安倍総理が登場し、安保法案が強行するという結果になったのです。

安倍総理は第一次内閣では、憲法改正ばかりを主張し、年金問題への対応が遅れや小泉政権下での貧困拡大などへの不満が逆風となり、2007参院選で大敗し、挫折した経過があります。

総理としては、再び経済に争点をそらしたいでしょう。我々としては「戦争をさせない」ことを正面から掲げる一方で、経済政策についても、「総理よりはましだ」と国民に思わせるような戦略は取るべきだと思います。

統一政策は、「戦争法廃止、民主主義を取り戻す」でいいと思いますが、個別政策では各党ともなるべく、安倍総理とは正反対の「格差是正」「再分配強化」寄りに政策をシフトしてほしいと思います。

無理に、各党の政策を一致させる必要はありません。無理にすり合わせようとするとまた分裂を引き起こしかねません。

ただ、特に民主党と維新に申し上げたいのは、
「もうちょっと、再分配を重視したほうが、両党の票は伸びるのではないか?」
ということです。

また、総理の経済政策については批判の対象を総理の「積極財政」に置くのではなく「庶民から絞ってお金持ちや大手にばらまく」総理の「お金の集め方と使い道」に置くべきです。
総理の「社会保障などの雇用形態間での格差を維持したまま、非正規拡大に突き進む」労働政策を批判すべきです。
そして、しっかりと非正規差別撤廃に取り組んでいただきたいと思います。

もっといえば、欧州などでウケている「反緊縮」寄りに各党とも舵を切れればよいのですが。



電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

「イデオロギーの時代は終わった」のか?: 「安倍暴走」と貧困を招いた勘違い [Kindle版]

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]


安保=戦争=海外派兵法案廃案!本社社主の街頭演説など
7月28日西区新井口駅前街頭演説
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
7月11日 佐伯区五日市駅前街頭演説
https://www.youtube.com/watch?v=mCPMvT4xM-w&feature=youtu.be
7月3日広島市役所前街頭演説 「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月29日広島市中区県庁前「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月23日広島市中区新白島駅「爆心地・広島1区で戦争法案・原発輸出の責任者・岸田外相を打倒!」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月17日 広島市西区西広島駅前街頭演説
6月15日 広島市安佐南区祇園イオンモール広島祇園街頭演説
6月15日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
6月14日 広島県安芸郡府中町街頭演説
6月2日 広島市西区横川駅前街頭演説「アメリカの戦争もイランの原発もやめさせる日本」
5月26日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月16日 NHK広島前街頭演説「家や球場でカープのプレイボールみられる日本」「安倍総理、イランにケンカを売っていいのですか?」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 
統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一








トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23692164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-09-19 22:39 | ヒロシマの心活かす市民発・政界再編 | Trackback