エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

「介護離職ゼロ」を目指すなら「介護職離職防止」から

広島ブログ
安倍晋三自民党総裁(総理)は9月24日、正式に自民党総裁に再選されたのを受けて記者会見を実施しました。
その中で「強い経済」「子育て支援」「社会保障」を新三本の矢と位置づけました。そして、社会保障分野では、「介護離職ゼロ」を大きな柱としました。





安倍総理も指摘する通り、団塊の世代がこれから後期高齢者となり、いわゆる2020年問題とも言われます。
そして、その結果として、その子どもの団塊ジュニア世代に対してこのままでは家族介護の負担がかかる恐れが強くあります。これまで、特に小泉政権以降の新自由主義政治のもとで、「施設から在宅へ」が叫ばれてきました。

しかし、現実には、家族で働きながら介護することは、「無理ゲー」といわれる状況があります。現に、介護を理由とした離職は増えています。

昔は、介護は女性(娘や嫁)の仕事と位置づけられていました。その結果、介護労働への社会的評価が低いという状況が今でも続いています。しかし、これからの高齢者の子ども世代は少子化世代です。そうした中で、男性にも介護の負担がかかっています。こうした中で、高齢者虐待の多くが、男性(息子等)によって起きており、男性でも介護を理由とした離職者が増え、その結果として貧困に陥る人も増えています。

これまで、こうした「介護離職」に対して、抜本的な対策を立てらなかったことは、政治の怠慢です。

安倍さんは、対策として介護施設の増加を上げておられます。当然、必要なことですが、それには、今でさえ不足する介護職員という壁が立ちはだかります。

いま、多くの介護施設が人員不足に悩まされています。そもそも、介護職員の月給は全産業平均より10万円近く低くなっています。これは、かつて、介護職員の給料そのものが、正社員の夫を持ち、家計を補助するために働く女性の給料を前提としていたことの残滓でもあります。

 しかし、人員が不足すれば、給料は上がるというのが市場原理のはずです。ところが、そうした市場原理も働いていません。2015年度からの介護保険改悪で実施された介護報酬の切り下げがその原因です。介護施設の中には閉鎖を余儀なくされるところも出ています。こうした状況があるのに、どうして、介護施設を増やせるのでしょうか?

 たしかに、一部の社会福祉法人の不祥事が問題となっているのは事実です。地方議員の金儲けの手段ではないか、という批判もあり、当たっている面もあります。しかし、そうしたことは、指導・監査の徹底で対応すべき問題です。特に労働者に給料がいきわたるようにするよう指導していくことで済む問題です。介護報酬の引き下げは筋違いです。

 欧州では、介護職員の給料は、普通の役人(行政職公務員)並のところもあります。
わたくし、さとうしゅういちは、かつて、役人として介護事業所を指導させていただく立場にありました。今は、介護職員として働いています。基本給ベースの給料は、3分の2程度に減りました。

 介護職と行政職、どちらの労働がきついかというのは、一概には言えません。
 正直に申し上げて、行政職の時のほうが「俺はいったい、何の役に立っているのか」わかりにくくなりました。それが故に、精神的に厳しかったといえます。

 とはいえ、少なくとも、「介護職員の仕事が、役人の仕事より価値が低い。」とは、思えないのです。両方を経験したものとして、そのことについては自信を持って断言できます。

 今の介護職の給料は、「現場の使命感・責任感にタダ乗りしている」といわざるをえない、低水準です。

 役人(行政事務職)の給料は民間平均を考慮して決められます。やはり、介護職員についても、公務員並みの給料を保障すべきではないでしょうか。

 一方で、官僚など役人の天下りは思い切って、これを全廃すべきです。そして、そのかわり、人員が不足する介護士や保育士、同じ行政でも労基署などに転身していただくべきと考えます。退職後は年収何千万円もの天下りではなく、「普通の公務員並み」の給料で引き続き、介護や保育、労基署で仕事。それがいやなら自己責任で仕事を探していただく。
 
 こうした公務員改革とセットで介護職の待遇改善を行えば、財源問題も緩和されるでしょう。橋下徹・大阪市長や一部の政治家のように、感情的に公務員を攻撃してウケを取るのは本当の公務員改革とは言えないのです。

 ただ、介護職の待遇改善や社会的評価を向上させようとしても、当事者が長時間労働などで疲弊しきっている実態もあります。政治的に声を上げて待遇改善を勝ち取るより、疲れ切って倒れ、現場から退出していくという道を取る仲間が多いのが実情です。

 また、既成政党や労働組合、市民団体などのイベントは、土日の昼間など開催が多いのです。その結果、勤務が不規則な介護労働者が参加しづらく、社会運動にも声が届きにくいことになります。社会運動や野党も本気になりづらいことに、自民党が本気になるわけもない、という実態もあります。こうした課題はあるにせよ、介護職の現場の声をしっかりと政治へ届ける回路が必要です。さとうしゅういちは、そうした回路を作る先頭に立ってまいります。



電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

「イデオロギーの時代は終わった」のか?: 「安倍暴走」と貧困を招いた勘違い [Kindle版]

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]

ヒロシマ発経世済民 安倍総理 これがホントの「積極的平和」です [Kindle版]¥ 120

安保=戦争=海外派兵法案廃案!本社社主の街頭演説など
9月21日「諦めたら本当に安保法案が成立したことになる」さとうしゅういち、牛田で法案無効、自民政権打倒の呼びかけ
7月28日西区新井口駅前街頭演説
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
7月11日 佐伯区五日市駅前街頭演説
https://www.youtube.com/watch?v=mCPMvT4xM-w&feature=youtu.be
7月3日広島市役所前街頭演説 「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月29日広島市中区県庁前「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月23日広島市中区新白島駅「爆心地・広島1区で戦争法案・原発輸出の責任者・岸田外相を打倒!」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月17日 広島市西区西広島駅前街頭演説
6月15日 広島市安佐南区祇園イオンモール広島祇園街頭演説
6月15日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
6月14日 広島県安芸郡府中町街頭演説
6月2日 広島市西区横川駅前街頭演説「アメリカの戦争もイランの原発もやめさせる日本」
5月26日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月16日 NHK広島前街頭演説「家や球場でカープのプレイボールみられる日本」「安倍総理、イランにケンカを売っていいのですか?」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 
統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一








トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23721435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-09-28 21:10 | 役人からヘルパーへ | Trackback