エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

正義感から目的のために手段選ばぬ暴走?・・・平成の「青年将校」、我ら団塊ジュニア世代の政治家・言論人

広島ブログ
【正義感から目的のために手段選ばぬ暴走?・・・平成の「青年将校」、我ら団塊ジュニア世代の政治家・言論人】

東大阪市で、既成政党(与党)系議員の政務活動費の不正が発覚。

これに対して、団塊ジュニア世代を主力とする「大阪維新」の会が9月27日執行の市議選で8人の新人を擁立し、全員当選となりました。






ところが、いま、当選者8人のうち3人に「立候補前3か月の居住実態がない」疑惑が浮上しています。

もし、疑惑が事実と認定されれば、3人は当選無効となります。

今回に限らず、不祥事を起こされた大阪維新の方々には、「悪い」という意識はあまりないように思います。

 わたしたちより年配世代のみなさまや、逆に10代、20代くらいのみなさまからすると、「この若造ら(10代、20代からすれば「おじさん」「おばさん」)も結局は、私利私欲だったのだろう」と思われる方も多いと思います。しかし、私利私欲ではないとわたしは見ています。

案外、「独りよがりな正義感」から、行動されているケースが多いのです。わたしは、大阪維新なりみんなの党なり市民派なりで、「不祥事」を起こされた団塊ジュニアくらいの同世代の政治家を何人か存じています。純粋な目を輝かせておられたのが印象的でした。

 年配の既成政党や、大会社などの幹部にありがちな目のくもりはないのです。不祥事が発覚した年配の既成政党や、大会社などの幹部には「悪いことをしている」という意識がどこかにまだある分、良心があるともいえるのです。

  むしろ、以下のような我々世代を軸とする「自称・維新」「自称・市民派」政治家・知識人の思考こそ怖いのです。

 「腐敗しまくっている「既成政党」や「自治労」、そして「シルバー民主主義」なりに「天誅!」を加えるためには、自分たちは手段を選ばない。」
 
 こうした思考の背景には、この世代が就職氷河期世代だったこと、そして、また、戦後の日本のシステムが限界に達したことを身を以て知らされた世代であることです。

 しかし、2012年の衆院選挙では、維新は民主党政権への「刺客」となりました。すなわち、反自民票が割れ、結果として自民党が政権に復帰することになったのです。それも、単なる自民党政権復活ではなく、安倍政権復活です。

 さらに、市民派の一部も「既成政党を十把一からげに否定する」論調に走り、野党分裂に拍車をかけてしまったのです。「青年将校」とまではいいませんが「視野の狭い正義感」という意味では共通するものはあります。

 歴史を紐解くと、1930年代に、大暴れしたのが「皇道派」と言われる「青年将校」たちです。

 彼らもまた、当時の格差社会に怒りを感じていたのです。そして、独りよがりな正義感から、5.15事件、2.26事件などを起こした。

 それは鎮圧された。しかし、東條英機ら、鎮圧した軍部のいわゆる「統制派」は事件を利用して、独裁を強めていったのです。

 団塊ジュニア世代政治家を主力とする大阪維新は2011年ころに比べると影響力は実は低下し、みんなの党も消失しています。いわゆる市民派も最近の地方議員選挙では苦戦しています。

 そのかわり、安倍自民党が復活し、暴走を強めているのです。安保法案成立、そしてISからの宣戦布告を見れば、戦争に突入したといっても過言ではありません。

 われら団塊ジュニア世代の「独りよがりな正義感」で暴走した政治家や知識人たちは、平成の近衛文麿であり、平成の東條英機でもある、安倍総理に利用された形になりつつあります。

 
(注:地方議員選挙は、その自治体に3か月以上住んでいないと立候補できません。(政令市や都道府県議会で選挙区が分かれている場合は、別の選挙区在住でも立候補できる。)あくまで議員は住民の声を反映させる代表、という趣旨がある。知事と市長村長の場合は、他の自治体に住んでいてもOKです。首長はあくまで行政官のトップで、優秀な人をあまねくスカウトしてよいという趣旨があるのでしょう。大阪市長の橋下徹さんは豊中市民、都知事だった石原慎太郎さんは神奈川県民、神奈川県知事だった松沢成文さんは東京都民(大田区田園調布在住)など枚挙にいとまはありません。)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0165Q4RLA


電子書籍「広島瀬戸内新聞: エコでフェアな世界をヒロシマから」出版!

「イデオロギーの時代は終わった」のか?: 「安倍暴走」と貧困を招いた勘違い [Kindle版]

電子書籍「いま、ヒロシマからSEALDsへ伝えたいこと。」

もはや日本共産党しか残されていないのか?: 「安倍自民」暴走と「市民派」低迷の中で[Kindle版]

ヒロシマ発経世済民 安倍総理 これがホントの「積極的平和」です [Kindle版]¥ 120

安保=戦争=海外派兵法案廃案!本社社主の街頭演説など
9月21日「諦めたら本当に安保法案が成立したことになる」さとうしゅういち、牛田で法案無効、自民政権打倒の呼びかけ
7月28日西区新井口駅前街頭演説
7月27日南区出汐町交差点街頭演説
7月24日安佐南区梅林駅近く街頭演説
7月20日西区横川駅前街頭演説 安保法案廃案、海外派兵より被災者支援を
7月17日古市橋駅前で安保法案衆院強行突破に抗議・安倍・自民党打倒呼びかけ
7月15日安保法案強行可決に抗議 さとうしゅういち緊急演説 広島駅新幹線口
7月11日 佐伯区五日市駅前街頭演説
https://www.youtube.com/watch?v=mCPMvT4xM-w&feature=youtu.be
7月3日広島市役所前街頭演説 「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月29日広島市安佐南区古市橋駅前「海外派兵するなら総理から前線へ」「海外派兵より被災者支援」
6月29日広島市中区県庁前「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月23日広島市中区新白島駅「爆心地・広島1区で戦争法案・原発輸出の責任者・岸田外相を打倒!」
6月22日広島市東区広島駅新幹線口「海外派兵するなら総理から前線へ」
6月17日 広島市西区西広島駅前街頭演説
6月15日 広島市安佐南区祇園イオンモール広島祇園街頭演説
6月15日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
6月14日 広島県安芸郡府中町街頭演説
6月2日 広島市西区横川駅前街頭演説「アメリカの戦争もイランの原発もやめさせる日本」
5月26日 広島市安佐南区古市橋駅前街頭演説
5月20日 広島市東区広島駅新幹線口 「爆心地出身・岸田外相はイランとの戦争後押しではなく仲立ち外交を」
5月16日 NHK広島前街頭演説「家や球場でカープのプレイボールみられる日本」「安倍総理、イランにケンカを売っていいのですか?」
5月7日 東区広島駅新幹線口街頭演説「家や球場でカープのプレイボールを見られる日本」「お年寄りに長生きを嘆かせない」
5月1日 中区県庁前メーデー街頭演説 
統一地方選挙2015関連


2015年4月2日安芸郡府中町・さとうしゅういち街頭演説 「若者が希望を持てる世界こそテロ撲滅の道」
2015年4月2日 さとうしゅういち街頭演説 府中町庶民増税より格差是正・残業代ゼロではなくカープを家で楽しめる社会を
https://www.youtube.com/watch?v=xu1DCKuRDPc
2015年4月2日さとうしゅういち街頭演説安芸郡府中町 河辺たかふみ広島市長・中原ひろみ市議・つくだ守生県議で誰もが置きざりにされない広島を

「さとうしゅういち」と一緒に「エコでフェアな世界をヒロシマから国政」に発信しませんか?
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
ネット送金の時は 01330-049219
広島銀行 本店 3783741
さとうしゅういちネット 代表者 佐藤周一








トラックバックURL : http://hiroseto.exblog.jp/tb/23774258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2015-10-15 08:33 | 新しい政治をめざして | Trackback